麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

スリアロチャンネル
ネマタの天鳳日記 第146回

ネマタの天鳳日記 第146回

BULL2021求人ニルウッドカバー

01-min

 2巡目にして早くも1シャンテン。打ならテンパイする受け入れは3種12枚、打は2種8枚ということで受け入れ重視の打としましたが、今見ると大差ありませんが打の方がよかったように思います。
 理由として挙げられるのは次の2点。まずは、この手牌と巡目であれば、テンパイに取れる牌の多くはテンパイを外して手変わりを待つ方がよい(あるいは、手変わりを待ってもそれほど劣らない)形になるので、テンパイする受け入れ枚数を比較する意義があまりありません。手変わりを待つより即リーチした方がよいと言えるツモは、打とした場合はツモ。打とした場合はツモくらいでしょうか。
 一方、打とした場合は、ツモで打とすることで良形テンパイになりやすくなる変化があります。
 よって、即リーチを打つツモに限ればむしろ打より受け入れ枚数が多く、手変わりに関しても若干有利なので打がよいと考えました。
 このあたりの比較を実戦でこなすのは難しいので、「もっと勝つための現代麻雀技術論」第67回のように、受けがかぶっている悪形メンツ候補を優先して切ると考えると判断しやすいと思います。についてもメンツ候補としてはさほど強くないですが、打とするとツモでメンツを逃すので受けかぶりではありません。

02-min

 

 ツモ。こうなれば受けかぶりでリャンメンを作らない悪形メンツ候補よりは3〜7の浮き牌を残してシャンテン戻しの打。単純にそうする方がアガリやすいとみるので、既にドラ2枚あり打点を上げるメリットが小さいとしても2シャンテンに戻します。

03-min

 ツモでもイーペーコーテンパイに取れるということで受け入れ重視の打としましたが、打はツモはテンパイを逃すとはいえ、となり、高め456三色まである手広いヘッドレス1シャンテンになるので悪くありません。それならこの巡目ならツモ引きの良形変化を残す打でしょうか。打もありますが、打より優れた点はツモで完全1シャンテンに取れる程度なので、今回はシャンテン戻しをするほどではなさそうです。

04-min

 テンパイ。第76回のように切りリーチも考えられますが、今回はを切ってないのでに関してはさほど出やすくならないこと、リーチ4翻をリーチ40符3翻に下げるのは、リーチ5翻をリーチ4翻にするのに比べると効率がよくないことから今回は素直に打リーチとしました。

05-min

 をチーされた後で更に追いかけが入りましたが、すぐにツモって4000オール。大きなリードとなりました。

この記事のライター

ネマタ
浄土真宗本願寺派の僧侶。麻雀戦術サイト「現代麻雀技術論」の著者。
同サイトは日本麻雀ブログ大賞2009で1位に。
1984年佐賀県生まれ。
東京大学文学部中退。

著書:「勝つための現代麻雀技術論」「もっと勝つための現代麻雀技術論 実戦編

新着記事

Return Top