麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

大洋技研株式会社
第186回 ネマタの麻雀徒然草

第186回 ネマタの麻雀徒然草

CABO求人ニルウッドカバー
ネマタの麻雀徒然草とは
  • 『ネマタの麻雀徒然草』は、麻雀戦術サイト「現代麻雀技術論」の著者・ネマタさんによる「麻雀に関する話題を徒然なるままに書き連ねていく」コラムです。
  • 第1回はコチラ

「錯和の失敗学」

私は不注意からしょうもない失敗をすることが多々ありますが、不思議とチョンボは未だに経験がありません。将棋の反則も、小学生の頃初めて参加した将棋大会にて二歩で負けたのが最初で最後でした。

しかし、やった後ですぐに気付くからチョンボにならないというだけで、南場なのに東を鳴いてしまったことや、ツモるのを忘れて少牌になってしまったことは数え切れないほどあります。麻雀は難しいことを上手くできるかよりも、簡単なことをいかにミスせずに継続できるかによって腕の差が現れるゲーム。ここでの簡単なことには、チョンボやアガリ放棄相当のミスをしないことも含まれます。何度も言っていることですが、麻雀は選択のステップ、「認知」「判断」「操作」のうち、「認知」の重要度が各種ボードゲームの中でも特に大きいゲーム。打牌判断はシンプルに行い、その分場の情報を把握することに集中できるようにしたいものです。

第184回で取り上げたばかりの「食い替え」のお話。食い替え禁止は元々存在しなかったルールということもあり、一発裏無しの競技ルールでは食い替えが認められることが多いのですが、連盟ルールは現物に関しては食い替え無し(スジ牌の食い替えは可)。一発裏有りルールでは食い替え禁止が一般的であることを踏まえると、食い替え禁止が普及したのは、折角の一発チャンスが簡単に消されてしまっては面白くないというのが理由として大きい気もします。

このあたりの細かいルールが大会毎に異なるのは何かと煩雑なので、個人的にもルールが統一されることが望ましいと考えます。しかし、「ルールを統一する」という話になると、それ以外のルールは認めないと受け止められがち。それもまた、統一が進まない理由であるように思います。

ですから、統一と言ってもあくまで規格を作るというだけであって、ルールを変えるなら細々したところではなく、それこそ「組み合わせを作って得点を競う」以外はもっと大胆にアレンジしてしまっても構わない、麻雀はもっと自由に遊べるのだという考え方こそ、もっと広まって欲しいと思うのであります。

この記事のライター

ネマタ
浄土真宗本願寺派の僧侶。麻雀戦術サイト「現代麻雀技術論」の著者。
同サイトは日本麻雀ブログ大賞2009で1位に。
1984年佐賀県生まれ。
東京大学文学部中退。

著書:「勝つための現代麻雀技術論」「もっと勝つための現代麻雀技術論 実戦編

新着記事

Return Top