麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

学生麻雀連盟
近代麻雀が月刊化 岡田紗佳原作など新連載6本開始!

近代麻雀が月刊化 岡田紗佳原作など新連載6本開始!

CABO求人全自動麻雀卓スリム

 『アカギ 〜闇に降り立った天才〜』などで知られる、竹書房発行の麻雀漫画雑誌『近代麻雀』が、12月29日発売の2019年2月号より月刊誌になることが発表された。近代麻雀は長らく毎月1日、15日の月2回発行だったが、今後は毎月1日発行のみとなる。

 月刊化にあたり新連載が合計6本予定されており、うち3本が12月29日発売号から開始する。12月29日発売号から連載となるのは『ゴールデン桜』(原作:岡田紗佳 作画:前川かずお)『ラスベガスキング(原作:青山広美 作画:せきやてつじ)』『美少女雀士!スパローガール(田中ユタカ)』。

 『ゴールデン桜』の原作の岡田紗佳(@sayaka_okada219)はファッションモデルでありながら日本プロ麻雀連盟にも所属するプロ雀士。『ラスベガスキング』の2人組は、原作の青山広美は『トーキョーゲーム』『バード』などの麻雀漫画を手がけ、作画のせきやてつじは『バンビ〜ノ!』などで知られており、注目が集まる。

 さらに、2月1日発売号からは『JKオブザデッド~ミカとゾンビと麻雀と~(原作:西条真二 作画:森橋ビンゴ)』が、3月1日発売号からは『麻闘伝 ぬえ(志名坂高次)』『ジャンゴ 麻雀をする男(モンキー・チョップ)』が開始となる。

 12月29日発売号の価格は特別定価780円となっており、ここ最近の号と比べると値上がりとなる。月刊化にあたりページ数が増え、価格もそれに合わせて上昇することが予想される。

関連サイト

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top