麻雀ウォッチ

オススメ
検索
メニュー

村上淳が3度目の最高位/第42期最高位決定戦

村上淳が3度目の最高位/第42期最高位決定戦
対局結果
2017年11月24日 14:30

<第42期最高位決定戦最終節>◇23日

 最高位戦日本プロ麻雀協会の最高峰タイトル「最高位決定戦」最終節(全5日20回戦)が23日に行われ、村上淳がトータル250.1ポイントで第35期、第39期に続き三度目の優勝を果たし、第42期最高位に輝いた。

 16回戦を終えた段階で161.4ポイントとして2位の園田賢と123.5ポイント差の首位で最終日を迎えた村上は、17回戦園田を3着としたトップを取り、リードをさらに大きくし、18回戦でもトップとなった。19回戦は4着となったが、最終戦開始時の園田との得点差は158.7ポイント。20回戦目もトップとなり、最終的には206.9ポイントの大差をつけ、トータル257.3ポイントで優勝した。

 園田がトータル44.5ポイントで2位。金子正輝はトータル▲111.1ポイントの3位、前年度最高位の近藤誠一はトータル▲197.7ポイントの4位だった。

 優勝した村上は「今日に関しては自分の打ち方がしっかりハマりましたね。最初の二回で良い状況を作りあとは優勝の為に戦う事が出来ました。今回はお互いの手の内を知っているメンバーだったのでそれが読みに使えた部分が多かったです。これだけついてて負けたら恥ずかしいですね。ここ一年は麻雀を勉強する時間を再度増やして必死に麻雀に向き合った結果が出たと思います。これからも毎日勉強して良い麻雀を打ち続けて、飯田さんに並ぶ10回の最高位を目指して今後も精進します!」と万感の想いを語った。

 

aaab

優勝した村上

最終成績

 SnapCrab_NoName_2017-11-24_13-34-25_No-00

歴代最高位

第1期 灘 麻太郎(順位率部門)・川田 隆(得点部門)
第2期 田村 光昭
第3期 小島 武夫
第4期 小島 武夫(2)
第5期 田村 光昭
第6期 狩野 洋一
第7期 大隈 秀夫
第8期 青野  滋
第9期 金子 正輝
第10期 佐藤 孝平
第11期 金子 正輝(2)
第12期 金子 正輝(3)
第13期 西田 秀幾
第14期 飯田 正人
第15期 飯田 正人(2)
第16期 飯田 正人(3)
第17期 飯田 正人(4)
第18期 徳久 英人
第19期 井出 洋介
第20期 飯田 正人(5)
第21期 五十嵐 毅
第22期 岩川 聖基
第23期 飯田 正人(6)
第24期 金子 正輝(4)
第25期 飯田 正人(7)
第26期 古久根 英孝
第27期 古久根 英孝(2)
第28期 飯田 正人(8)
第29期 尾崎 公太
第30期 古久根 英孝(3)
第31期 張  敏賢
第32期 張  敏賢(2)
第33期 飯田 正人(9)
第34期 飯田 正人(10)
第35期 村上  淳
第36期 石橋 伸洋
第37期 近藤 誠一
第38期 新井 啓文
第39期 村上  淳(2)
第40期 近藤 誠一(2)
第41期 近藤 誠一(3)
第42期 村上  淳(3)

配信

 https://freshlive.tv/threearrows-ch/165858

 

この記事を書いた人

麻雀ウォッチ編集部
麻雀ウォッチ編集部Twitter:@mjnewsnet
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイト。
■この投稿者の記事一覧

関連記事

プロフィール

麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイト。

著者リスト

  • 青木 さや
  • 学生麻雀連盟
  • 学雀連代表 げっち
  • きゅ~
  • 一井 慎也
  • 研タロウ
  • 女子麻雀サークル MAGNET
  • まろちょふ
  • 麻雀王国営業部 しーちゃん
  • 麻雀ウォッチ編集部ライター
  • 小鶴
  • 麻雀ウォッチ編集部
  • 麻雀新聞
  • 麻雀界
  • nakamura
  • ネマタ
  • 斎藤 俊
  • スタジオ カドタ
  • 谷崎 舞華
  • 山崎 一夫
  • taroo 河下太郎
  • 鈴木 聡一郎
  • 渡辺 英行
  • 福山純生 (雀聖アワー)