麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

CABOクィーンカップ
櫻井邦俊さんが初優勝/RMUスプリントファイナル

櫻井邦俊さんが初優勝/RMUスプリントファイナル

麻雀の頂全自動麻雀卓スリム

<RMUスプリントファイナル>◇4日◇東京・麻雀スタジオ

 RMU(リアル・マージャン・ユニット)のタイトル戦「スプリントファイナル」の準決勝・決勝が4日、東京の麻雀スタジオで行われ、櫻井邦俊さんが優勝を果たした。

 スプリントファイナルは、1年間をかけて行われたワンデーのスプリント戦(全8戦)とスプリントエキシビジョンで獲得したポイントの上位選手のみが出場できる大会。

 準決勝1卓からは中井昌さんと中村亮太さんが決勝進出、準決勝2卓からは尾澤大河さんと桜井邦俊さんが決勝進出となった。

 決勝はRMU公式Aルール(一発、裏ドラあり、赤なし ウマ5-15 オカなし)の3回戦+新決勝方式で行われた。

 1回戦は尾澤さんが大きなトップとなったが、2回戦は1回戦でラスだった中井さんがトップ。しかし2戦とも浮きの2着を確保した櫻井さんがトータルトップで3回戦目を迎えた。

 3回戦は東1局に本手がぶつかる展開となり、櫻井さんの純チャンと尾澤さんの平和・一盃口・ドラ1の2軒立直。跳満のテンパイとなった中村さんが櫻井さんに12000点の放銃となり、櫻井さんの優位な展開となったが、東4局の櫻井さんの親番時までに尾澤さんが粘りを見せ1500点差に。この東4局で再び櫻井さんと尾澤さんの2軒立直に。勝負の山場となる場面だったがここで櫻井さんが高めを一発ツモ。立直・一発・ツモ・一盃口の4000オールのあがりとなり大きく引き離した。その後尾澤さんが満貫ツモ等で差を詰めるも櫻井さんがトップのまま3回戦を終えた。

 そして勝負は新決勝方式へ。櫻井さんと尾澤さんの沙は33.5ポイントであったが、1局目の6巡目に櫻井さんがあがりを決め、優勝となった。 

 優勝した櫻井さんは「私は大塚に住んでいて、もしかしたら地の利があったのかもしれません。皆さん本当に強くて、今回勝つことができたのは偶然だと思います。ですが、今できる精いっぱいのことをやってしっかり勝ち切ることができて嬉しいです。」と喜びを語った。 

DXcTcchVwAEbwDk_i-min
決勝進出の4名(左/中村亮太さん 中前/桜井邦俊さん 中後/尾澤大河さん 右/中井昌さん)

◇スプリントファイナル決勝成績
1 櫻井邦俊 70.3
2 尾澤大河 31.6
3 中井昌 ▲37.2
4 中村亮太 ▲64.7

◇準決勝3回戦 上位2名が勝ち上がり

準決勝1卓
中井昌 36.9
中村亮太 19.2
あさやん ▲1.6
白鳥元樹 ▲55.5

中井昌・中村亮太が決勝進出

準決勝2卓
尾澤大河 35.8
櫻井邦俊 23.1
中村浩三 ▲14.0
若林和明 ▲46.9

尾澤大河・櫻井邦俊が決勝進出

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top