麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

CABOクィーンカップ
RTDリーグBLACKDIVISION13回戦での猿川真寿プロのオーラス待ち判断!

RTDリーグBLACKDIVISION13回戦での猿川真寿プロのオーラス待ち判断!

CABO求人全自動麻雀卓スリムプラススコア

 こんばんは、まろちょふです。

 今日は3/23(木)にAbemaTV麻雀chで放送されたRTDリーグBLACKDIVISION13回戦での猿川真寿プロのオーラス待ち判断を紹介します。

 

1-min

オーラス一本場供託1000
北家の猿川プロはトップの鈴木達也プロと13600点差。マンガン直撃かハネマンツモを狙いホンイツに寄せます。

2-min

ツモが順調に進みあっという間に形ができました。

3-min

4-min

6巡目にをポンして1シャンテン。孤立の字牌三種はいずれも一枚切れ。考えたい所ですが長考の方が傷になると考えたのでしょう、すばやく切りとしました。

5-min

次順なんとを暗刻とし、役役ホンイツトイトイ三暗刻の倍満聴牌。どこからのあがりでも足りる手となりました。

ここは一巡目に一枚切れているを手早く切り三巡目に一枚切れている単騎に受けました。

見た印象としては、右端の牌を手早く切ることで不要牌を切っているように見せ聴牌を悟られない為と感じました。

6-min

その2順後、鈴木達也プロが平和の聴牌。

7-min

鈴木プロの聴牌の順目で猿川プロがツモった牌はドラの

ここまで淀みないリズムで打っていた猿川プロの手がここで止まります。

8-min

猿川プロは長考の末を切り、待ちにとりました。

以外はトイトイと三暗刻が消えてしまう為マンガンとなりますが、鈴木達也プロからの直撃OKであることと白鳥プロや平賀プロからでも二着には浮上するため手広さを優先する構えとしました。

9-min

10-min

結果は鈴木プロがを掴みこれを勝負。倍満のあがりとなり逆転を決めました。

11-min

12-min

対局後、猿川プロは「最後の待ち選択では生きていると感じていたのでとは枚数の割にあがりやすさが大幅に違うとは言い切れない。正直自信がない判断だった」とのお話でした。

多井プロやその他参加プロと協議されていましたが、最後の待ちはよりの方が優秀だったのではないか?

むしろその前のオタ風のを残すべきだったのではないか?

鈴木達也プロの勝負に関してもドラだけはやめるべきだったのではないか?

としばらくの間議論が広がる面白い局面となりました。

この記事のライター

まろちょふ
全国津々浦々に蔓延る魑魅魍魎として存在する。
日本プロ麻雀協会19期前期で入会。ズムリーグという白マイティ東天紅の対局で2度の優勝。
ラーメンと肉が大好きなダイエッター。
本名は珍しい苗字なので比較的覚えられやすい。
Twitter(@maroonzoltic1)

新着記事

Return Top