麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

大洋技研株式会社
メンホンをどう料理する?四神降臨2017王座決定戦での角谷ヨウスケプロの一打!

メンホンをどう料理する?四神降臨2017王座決定戦での角谷ヨウスケプロの一打!

CABO求人全自動麻雀卓スリムプラススコア

 こんばんは、まろちょふです。

 今日は3/24(金)に麻雀スリアロchで放送された四神降臨2017王座決定戦での角谷ヨウスケプロの一打を紹介します。

 対局は近藤誠一プロ、忍田幸夫プロ、角谷ヨウスケプロ、多井隆晴プロという豪華な面々での対局でした。

 場面は1回戦南一局1本場。角谷プロは北家でオーラスに親がまわってきますが現状11500点持ちのラス目。なるべく大きな手を作りたい状況です。

 1-min

 配牌はマンズが多め。ここはホンイツに寄せます。

 2-min

 西家の近藤誠一プロがの暗槓。なんと新ドラは

 リスクは高まりましたが裏ドラへの期待も増し、よりメンゼンで決めたい状況となりました。

 3-min 

 順調なツモで4巡目にはこの形。

 4-min

 そしてこのイーシャンテン。無難にか?それともチンイツに行く打はあるのか?とぼんやりと考えながら見ていましたが・・・

 5-min

 ここで角谷プロはを選択。素直な順子手として見ると違和感があります。おや?と思ったので天鳳牌理機能で確認してみました。

 9-min

 何とチートイツも含めて計算すると受け入れ枚数は打も打も枚数が一緒という結果でした。

 三暗刻を見据えた順子系を重視するか、先切りによる待ちの良さ、七対子での手っ取り早い2翻を重視するか。

 三暗刻にはツモあがりが必要であることを考えると効率良い判断と言えるでしょう。  

 6-min 

 8-min

 91-min

 次順にを引き入れ、打でカン待ちの立直。これは変則手には見えますがとても読みづらい立直です。

 結果は流局となりましたが他家の手牌進行次第ではがあっさり出ていても不思議ではありません。

 目先の形だけでなく、最終形を見据えた鋭い一打でした!

 

 

この記事のライター

まろちょふ
全国津々浦々に蔓延る魑魅魍魎として存在する。
日本プロ麻雀協会19期前期で入会。ズムリーグという白マイティ東天紅の対局で2度の優勝。
ラーメンと肉が大好きなダイエッター。
本名は珍しい苗字なので比較的覚えられやすい。
Twitter(@maroonzoltic1)

新着記事

Return Top