麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

スリアロチャンネル
蔵美里が初優勝/第11回オータムチャンピオンシップ

蔵美里が初優勝/第11回オータムチャンピオンシップ

CABO求人ニルウッドカバー

 日本プロ麻雀協会の『第11回オータムチャンピオンシップ』の決勝が10日に行われ、蔵美里(日本プロ麻雀協会)が初タイトルを獲得した。オータムチャンピオンシップは一発裏ドラ無しのタイトル戦で、日本プロ麻雀協会のビッグタイトルを女性が制したのは初となる。

 4回戦を終えて、トップ2回、2着2回の菊地俊介(日本プロ麻雀協会)が92.5ポイントと独走。2位の蔵に71.4ポイントの大差を付けて迎えた5回戦。東3局に蔵が16000点(ツモ・北・ホンイツ・イッツー・ドラ1)をツモり、わずか3400点差まで追い上げる。

akura

 さらに次局、菊地が吉田基成(日本プロ麻雀協会)に6400点を放銃し、一気に逆転。

 その後菊地が再逆転して迎えたオーラス、3800点差で2着の蔵は終盤にテンパイを取ると、親の菊地がノーテンで、わずか200点かわして優勝となった。

 

 決め手となった倍満について蔵は「打点を作っていかなきゃと思い、アガった時はびっくりしました」と感想を語った。

 蔵は今季Aリーグに昇級。トッププロと1年間リーグ戦を戦い、惜しくも降級したものの、力を付けたことを結果で示した。

aCuaHkBnUkAAKZAK
優勝した蔵
第11回オータムチャンピオンシップ
順位氏名TOTAL1回戦2回戦3回戦4回戦5回戦
1 蔵美里 56.5 32.0 ▲12.6 5.9 ▲4.2 35.4
2 菊地俊介 56.3 10.5 13.7 30.2 38.1 ▲36.2
3 中山百合子 ▲37.6 ▲13.6 28.9 ▲27.2 ▲40.2 14.5
4 吉田基成 ▲75.2 ▲28.9 ▲30.0 ▲8.9 6.3 ▲13.7

【オータムチャンピオンシップ概要】
日本プロ麻雀協会の通常の公式戦と異なる一発裏無しルールで行われるタイトル戦。
より競技性の高い麻雀の技術を研鑽する場として第5期より作られた。

【歴代優勝者】
第1回 吉田 光太
第2回 サイコロ 太郎
第3回 吉田 基成
第4回 大浜 岳
第5回 大脇 貴久
第6回 下井 重貴
第7回 仲林 圭
第8回 菊地 俊介
第9回 綱川 隆晃
第10回 鈴木 たろう
第11回 蔵 美里

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top