麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

スリアロチャンネル
麻雀界を盛り上げるニューウェーブ!Vtuber「夜桜たま」に迫る!

麻雀界を盛り上げるニューウェーブ!Vtuber「夜桜たま」に迫る!

麻雀の頂全自動麻雀卓スリム

こんにちは、まろちょふです。

今日は麻雀配信を含めた様々な配信を行っているVtuber 「夜桜たま」 について触れていきたいと思います!
(C)アップランド

Vtuber(バーチャルYoutuber)とは!?

さて、昨今話題となり始めている「Vtuber」。皆様お聞きになったことはありますでしょうか?

基本的には「YouTuber」の派生語であり、2Dもしくは3DCGなどのアバターを持った配信者にこの呼称がよく用いられる。独自の企画やゲーム実況、雑談等多様なジャンルで動画を制作し配信しているため、同ジャンルとして纏められるものの内容は千差万別となっている。マルチなコンテンツ量を誇る者、明るいコミュニケーションが人気の者、声が特徴的な者など各々の個性や人気な点も大きく異なる。

撮影形式も多岐にわたるが、多くはアバターに後付けもしくはモーションキャプチャやリップシンクなどの技術を使用して演者の動きをある程度反映させ声を当てて配信しており、その担当する演者の詳細は非公開というケースがよく見られる。撮影が仮想空間上で行われる者は「仮想現実(VR)」や「拡張現実(AR)」と親和性が高く、外部のツールで応用している場合もある。またYouTuberを名乗るもののニコニコ動画等の別の動画配信サービスで活動している者も多く存在する。

余談だがキズナアイがAIを自称する影響で他のキャラクターも人工知能設定だと誤解されることがあるが、これも各々のキャラクターにより設定が異なる。ーニコニコ大百科より引用

VTuberとして圧倒的な知名度を誇るのが上記でも出現している「キズナアイ」YouTubeチャンネル登録者数はなんと190万人(2018/06/22現在)を超えております。

.Liveについて

株式会社アップランド(https://www.appland.co.jp/)が運営するバーチャルYouTuberプロダクション。YouTubeチャンネル登録者数48万を超える(2018/06/22現在)電脳少女YouTuberシロ所属。アイドル部と言われるメンバー12人と男性バーチャルYouTuberのばあちゃるも所属。

夜桜たまとは?

バーチャルYouTuberプロダクション.LIVE【どっとライブ】のアイドル部メンバーの1人。2018/04/26 にチャンネルが作成され、2018/05/04に最初の配信が行われた。雑談配信、麻雀配信、ゲーム配信など配信内容は多岐に渡る。好きな麻雀プロは土田浩翔プロ(最高位戦日本プロ麻雀協会)。

動画を見てみると、とても可憐ですっきりとした心地よい高い声が印象的な夜桜たまさん。現在の(2018/06/22)チャンネル登録者数はおよそ25,000人。いつも配信は大盛況で、コメントが滝のように流れています。

私まろちょふは昔ニコニコ生放送で天鳳配信をしていたこともありました。その時に個室配信をしたりすることもありましたが、4人いなくては打つことができません。4人集めるのも大変でしたが、なんと夜桜たまさんが個室配信をすると・・・!?

なんと400人以上の方々が個室で対局するという驚きの状況が。個室配信でこの数字は本当に初めて見ました。
どのような配信が行われているかは是非動画をご覧ください!

また、麻雀動画をいくつか公開していて、麻雀講座の動画や麻雀ゲームの4面打ちの動画など面白動画も満載!是非ご覧ください!

また、6/25日に公開された最新動画は麻雀講座!これを見れば知識がないところからでも少しずつ麻雀が打てるようになるかもしれません!

なんとAbemaTVに出演!

麻雀番組ではありませんが、AbemaTVのウルトラゲームスチャンネルにて、夜桜たまさんをはじめとする.liveアイドル部所属のメンバーが出演!その番組の名前は「実況王2」
この番組はゲーム実況者たちが己の”実況力”を競い対決するという番組。果たしてどのようなバトルを見ることができるのでしょうか!


7/22(日) 00:00~03:00配信予定!

次ページ  いよいよ夜桜たまさんに一問一答インタビュー!

この記事のライター

まろちょふ
全国津々浦々に蔓延る魑魅魍魎として存在する。
アマチュアも参加可能の競技麻雀大会にふらふらと参加している。
ラーメンと肉が大好きなダイエッター。
本名は珍しい苗字なので比較的覚えられやすい。
Twitter(@maroonzoltic1)

新着記事

Return Top