麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

CABOクィーンカップ
クレディセゾンが「麻雀企業対抗リーグ2022」第3節、優勝!(運営:企業対抗麻雀協会)

クレディセゾンが「麻雀企業対抗リーグ2022」第3節、優勝!(運営:企業対抗麻雀協会)

BULL2021求人ニルウッドカバー

7月23日(土) 「麻雀企業対抗戦リーグ2022」第3節が行われた。今年度は新たに電通、博報堂DYメディアパートナーズの2社を加え、12社でのリーグ戦となっている。

麻雀企業対抗リーグ2022

※コロナ禍の為、今回もマスク着用。飛沫防止対策がされた麻雀卓での対局となった。

大会運営は、クレディセゾン林野宏理事長・サイバーエージェント藤田晋理事などにより設立された「一般社団法人 企業対抗麻雀協会」が行っている。

特別対談「麻雀と仕事力」 藤田理事×水野理事>> 「麻雀と仕事力」 藤田理事×水野理事(企業対抗麻雀協会)

「麻雀に求められている5つの能力とは?」企業対抗麻雀協会の公式サイトでは、藤田理事・水野理事の特別対談も掲載されている。

第3節チーム成績

各社4名出場し、半荘5回戦。1日で各社20半荘を行った結果は以下の通り。

順位 企業名 第3節
1位 クレディセゾン +202.4
2位 ローソン +153.6
3位 サイバーエージェント +152.2
4位 富士通 +149.5
5位 凸版印刷 +41.7
6位 電通 +10.6
7位 日刊スポーツ新聞社 -10.5
8位 アンファー -75.5
9位 講談社 -140.0
10位 博報堂DYメディアパートナーズ -161.7
11位 朝日新聞社 -167.7
12位 ビッグローブ -439.6

企業対抗麻雀 クレディセゾン

第3節は、クレディセゾンが節優勝。第1節は -45.0でマイナススタートだったが、第2節+99.5、第3節+202.4 と順調に成績を向上させている。

※第3節の詳細や、役満シーンなどの対局画像は、以下の「麻雀の雀龍.com」にも掲載あり。

第3節までの累計成績

各企業、累計60半荘。第3節までの成績は以下の通り。

累計順位 企業名 第3節まで
1位 富士通 +626.8
2位 サイバーエージェント +329.0
3位 ローソン +312.3
4位 クレディセゾン +256.9
5位 凸版印刷 +238.4
6位 朝日新聞社 -31.1
7位 博報堂DYメディアパートナーズ -109.0
8位 講談社 -206.0
9位 電通 -212.4
10位 日刊スポーツ新聞社 -262.2
11位 アンファー -284.4
12位 ビッグローブ -973.3

昨年度優勝の富士通が、トータル+626.8で首位を独走。節優勝はないものの、3節全てで抜群の安定的を見せている。

企業対抗リーグ 予選スケジュール

第1節:4月16日(土) 半荘5回戦 各社20半荘 [節優勝:朝日新聞社]
第2節:5月21日(土) 半荘5回戦 各社20半荘 [節優勝:講談社]
第3節:7月23日(土) 半荘5回戦 各社20半荘 [節優勝:クレディセゾン]
第4節:9月10日(土) 半荘5回戦 各社20半荘
第5節:10月15日(土) 半荘5回戦 各社20半荘

一般社団法人 企業対抗麻雀協会 スケジュール

5日間を通じて各社計100半荘の予選を行い、準決勝・決勝進出チームを決定する。大会結果は、ご覧の「麻雀ウォッチ」にて順次公開予定。

※企業対抗麻雀協会・奈良原敦子理事が代表を務める(株) ART NEXTから、人気Mリーガー小林剛プロの新刊が好評発売中。

この記事のライター

雀龍.com
累計3,500万PV突破【麻雀の雀龍.com(2008年開設)】管理人
最新のマージャン・Mリーグ 情報など発信。

麻雀歴25年以上。禁煙ノーレート雀荘応援!

麻雀の雀龍.comにて、ルール解説・ゲーム紹介なども行う。

新着記事

Return Top