麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

CABOクィーンカップ
石橋がトップでPiratesが4位浮上!麻雀格闘倶楽部は厳しい1日に【Mリーグ 12/11結果】

石橋がトップでPiratesが4位浮上!麻雀格闘倶楽部は厳しい1日に【Mリーグ 12/11結果】

CABO求人全自動麻雀卓スリムプラススコア

麻雀プロリーグ「大和証券Mリーグ2018」は12月11日に、セガサミーフェニックス 対 渋谷ABEMAS 対 U-NEXTパイレーツ 対 KONAMI麻雀格闘倶楽部の対戦が行われた。

第1試合は、フェニックスから魚谷、ABEMASから松本、Piratesから小林、麻雀格闘俱楽部から高宮が出場した。

東1局に小林が7700のアガリを決めて先制。その後も小林がリードし松本と魚谷が追う展開となったが、南1局1本場に小林の親リーチを掻い潜って松本がホンイツ・ドラ1・赤1の2000・4000のアガリを決め小林に迫る。

南1局1本場の松本の2000・4000のアガリ ©AbemaTV

南2局でもあがりを決め、微差のトップ目で迎えたオーラスの自身の親番でも4000オールのアガリを決め、最終局の2着目の小林のトップ条件は跳満ツモ条件。

平和・ドラ1・赤1の手をフリテンながらも聴牌し、リーチをかけた。松本が小林の海底をずらすチーをするも小林がツモあがり。しかし裏ドラは乗らずトップは松本となった。

勝利者インタビューにて松本は「昨日の敗戦が心に残っていて、自ら連闘を志願したのでチームの為にも、応援してくださる方々の為にも情けない麻雀、成績は残せないと思っていたので本当に嬉しいトップでした。チームのみんなが信頼して任せてくれたので、積極的に攻めていくことができたと思います。最後の海底はずらすべきだとおもうので、たとえあれでツモられて裏が乗ったとしても、すべきことをした上のことなので、仕方がないと。しかしヒヤッとしましたが。次の試合もチームのためにしっかりと打っていきます。応援よろしくお願いいたします!」と力強く語った。

インタビューを受ける松本 ©AbemaTV

1位 松本(ABEMAS) +66.9 
2位 小林(Pirates)  +22.6
3位 魚谷(フェニックス) ▲22.6
4位 高宮(麻雀格闘俱楽部) ▲66.9

第2試合は、フェニックスから魚谷、ABEMASから松本、Piratesから石橋、麻雀格闘俱楽部から前原が登場。魚谷、松本が連闘となった。

序盤は流局が続き、本場、供託が溜まる展開に。東2局3本場に全員聴牌の状況で親の前原が4000オールのアガリで大きなトップ目に立つ。

しかし、東3局1本場、東4局と連続で魚谷が前原から満貫をアガリトップ目に浮上。南1局ではホンイツ・ドラ3の仕掛けの松本からリーチ・平和・赤2をアガリ大きなトップ目となった。

南1局の魚谷の12000のアガリ ©AbemaTV

しかし、その後の1本場でラス目の石橋が2000・4000のアガリを決め2着目に。オーラスは魚谷と20000点差で迎えたが、松本から12000、魚谷から7700とアガリを決めて逆転トップを達成した。

南4局1本場の石橋の7700のアガリ ©AbemaTV

インタビューで石橋は「終盤までアガリがものにできていなかったため、ラス回避争いになるかなと思っていましたが、後半は手が入ってくれました。チームは厳しい状況ですが、まだまだ先は長いのでそこまで焦ってはいないです。チームの中では多分僕が一番マイペースなのですが。強力なサポートをしてくれるチーム関係者に感謝です。最後のアガリは魚谷さんも聴牌してのことだと思うので、ギリギリの一局でした。チームはあまりにもトップがとれていないので、残りの対局はトップがとっていけるように、焦らずじっくり頑張ります。」と語った。

インタビューを受ける石橋 ©AbemaTV

1位 石橋(Pirates)+67.1
2位 魚谷(フェニックス)+13.5
3位 前原(麻雀格闘倶楽部)▲23.0
4位 松本(ABEMAS)▲57.6

次回12月13日(木)はEX風林火山、赤坂ドリブンズ、チーム雷電、セガサミーフェニックスが対戦。

実況は小林未沙、解説は渋谷ABEMAS・松本吉弘が務める。

チームランキング
順位 チーム名 TOTAL 試合数
1 風林火山 293.1 46/80
2 ドリブンズ 133.3 48/80
3 雷電 51.7 48/80
4 Pirates ▲50.7 50/80
5 フェニックス ▲66.3 44/80
6 ABEMAS ▲86.0 48/80
7 麻雀格闘倶楽部 ▲275.1 52/80

Piratesが4位浮上!

個人ランキング
順位 選手名 TOTAL 試合数
1 黒沢(雷電) 246.5 15
2 園田(ドリブンズ) 212.0 14
3 滝沢(風林火山) 143.9 16
4 多井(ABEMAS) 116.5 13
5 近藤(フェニックス) 97.9 12
6 亜樹(風林火山) 86.2 15
7 勝又(風林火山) 63.0 15
8 瀬戸熊(雷電) 41.0 17
9 茅森(フェニックス) 40.1 15
10 寿人(麻雀格闘倶楽部) 32.7 24
11 たろう(ドリブンズ) 30.1 19
12 朝倉(Pirates) 1.4 16
13 松本(ABEMAS) ▲9.2 17
14 小林(Pirates) ▲25.5 17
15 石橋(Pirates) ▲26.6 17
16 前原(麻雀格闘倶楽部) ▲106.8 14
17 村上(ドリブンズ) ▲108.8 15
18 白鳥(ABEMAS) ▲193.3 18
19 高宮(麻雀格闘倶楽部) ▲201.0 13
20 魚谷(フェニックス) ▲204.3 17
21 萩原(雷電) ▲235.8 16

 

 

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top