麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

スリアロチャンネル
フェニックス・近藤が魚谷の思いを引き継ぐトップ!【Mリーグ 1/24 第1試合結果】

フェニックス・近藤が魚谷の思いを引き継ぐトップ!【Mリーグ 1/24 第1試合結果】

CABO求人全自動麻雀卓スリム

麻雀プロリーグ「大和証券Mリーグ2018」は1月24日に、赤坂ドリブンズ 対 KONAMI麻雀格闘倶楽部 対 チーム雷電 対 セガサミーフェニックス の対戦が行われた。

 

1/24 開始前の順位表 ©AbemaTV

第1試合は雷電から萩原、フェニックスから近藤、麻雀格闘倶楽部から前原、ドリブンズからたろうが登場。

1/24 第一試合のメンバー ©AbemaTV

序盤は本手がかわし手に捌かれる展開が続いたが、東4局に萩原がたろうから8000をアガり

東4局 萩原の8000  ©AbemaTV

しかし南2局に親番の近藤が4000オールをアガり萩原を逆転

南2局 近藤の4000オール ©AbemaTV

南3局は近藤にとって大きな1局となった。親の前原が役牌のをポン。

そしてドラののシャンポン待ち聴牌。高めのだと18000となる聴牌を果たす。

南3局 前原の聴牌 ©AbemaTV

近藤の手に余った。一旦待ちの聴牌となったが手替わりすると放銃となってしまいそうな場面。しかし近藤は最後のを引き当て1000・2000のアガリを決めた。

南3局 近藤の1000・2000   ©AbemaTV

オーラスも熾烈な一局に。跳満ツモでトップとなる萩原が渾身の手作りで役牌のを暗刻としたドラのペン待ちの三色リーチ。ツモれば3000・6000のこの待ちがなんと山に3枚。

南4局 萩原のリーチ   ©AbemaTV

しかしここに立ちはだかったのは前原。萩原から8000の直撃か跳満ツモで2着に浮上する状況でタンヤオ・平和の手をダマテンとしていたがツモ切りリーチに踏み切り、なんと一発ツモ裏1。3000・6000として2着に浮上した。

南4局 前原の3000・6000  ©AbemaTV

近藤は試合後のインタビューで「もちろん嬉しいですが、ホッとしているというのが第一印象。今の状況だと1回のラスの重みがちがうのでなんとかプラスしたいと思っていました。しかしここ数戦調子が悪く、不安でしたがもうやるしかないなと。(ドラの白をツモった場面は)もう、本当に神様に感謝ですね・・・」と語った。フェニックスのファイナルシリーズへの挑戦はまだまだ続く。

 

5勝目を挙げた近藤  ©AbemaTV

1位:近藤(フェニックス)+61.0
2位:前原(麻雀格闘俱楽部)+9.2
3位:萩原(雷電)▲13.5
4位:たろう(ドリブンズ)▲56.7

 

第一試合終了後の順位表  ©AbemaTV

関連記事

第二試合の結果はこちら

 

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top