麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

スリアロチャンネル
【10/14 Mリーグ2021 1戦目結果】朝倉がオーラス跳満ツモ条件をクリアし、チーム・個人初トップ!

【10/14 Mリーグ2021 1戦目結果】朝倉がオーラス跳満ツモ条件をクリアし、チーム・個人初トップ!

BULL2021求人ニルウッドカバー

麻雀プロリーグ「大和証券Mリーグ2021」7日目が10月14日(木)に開催された。

10月14日の対戦カード ©ABEMA
実況解説は、日吉辰哉、土田浩翔 ©ABEMA

第1試合

第1試合は朝倉康心高宮まり二階堂亜樹白鳥翔の対戦。

第1試合の出場選手 ©ABEMA

第1試合は18局のロングゲームであった。

東1局は赤2の手牌にドラの[⑥]を引き入れ[6][9]リーチ。ツモって裏が1枚のり、6000オールでリードをとる。

東1局 朝倉 リーチ・ツモ・ドラ2・赤2 6000オール ©ABEMA

東1局1本場、朝倉が[中]を仕掛け、萬子のホンイツへ向かうと、高宮がリーチをかける。そんな中、白鳥がドラの[東]を重ね、一盃口を完成させてテンパイ。白鳥が[五]を打ちだしていくとホンイツでテンパイしていた朝倉のアガリに。朝倉の持ち点は5万点をこえる。

東1局1本場 朝倉 中・ホンイツ 5800 ©ABEMA

東1局2本場、朝倉の攻めはやまない。[七]をポンしてタンヤオ・ドラ1の一向聴になると、[赤⑤]を引き入れ打点アップしてテンパイ。亜樹も[発]を暗刻にしてテンパイするも、流局。

東1局3本場、白鳥が[中]を仕掛け、ドラが重なり、満貫のテンパイ。高宮からリーチが飛んでくるも、白鳥が押し切ってツモり失点を回復した。

東1局3本場 白鳥 中・ドラ3・赤 2000・4000 ©ABEMA

東2局、自風の[南]をポンした亜樹が切ったドラの[中]を白鳥がポン。亜樹も萬子のホンイツへ向かい、南・ホンイツ・赤1満貫のテンパイ。しかし終盤に白鳥の当たり牌[3]を引き撤退。白鳥の一人テンパイで流局となった。

東2局 流局 ©ABEMA

東3局1本場、ドラを切って目いっぱいに構えた親の亜樹がカン[8]でリーチも流局。朝倉が終盤にテンパイを入れ、2人テンパイ。

東3局2本場、亜樹がまたもや先制リーチ。安牌に窮した白鳥から高目の[白]が切られるかと思われたが、白鳥は2枚持っている[⑦]を切り放銃回避。流局した白鳥は開けられた亜樹の手を見てふっと一息、苦しそうながらも安堵の表情を浮かべた。

東3局2本場 流局 ©ABEMA

東3局3本場、白鳥のリーチに、先にテンパイしていた朝倉が放銃。白鳥がトップに近づいていく。

東4局、亜樹が4巡目にリーチも流局。南場へ。

南1局1本場、親の朝倉の先制リーチに白鳥が押し返していく。朝倉の待ちの方が1枚多かったが白鳥がツモって3000・6000。朝倉を捲ってトップ目に立つ。

南1局1本場 朝倉 リーチ ©ABEMA
南1局1本場 白鳥 リーチ・ツモ・タンヤオ・ピンフ・一盃口・ドラ・赤 3000・6000 ©ABEMA

南2局、ここまであと一歩のところで先制が取れず、なかなかアガリに結びつかなかった高宮が連荘。1500、2900、2600オールと3回連続でアガリを決め、3着目に。

南2局2本場 高宮 リーチ・ツモ・ピンフ・ドラ 2600オール ©ABEMA

高宮の連荘を終わらせたのは朝倉。[発]をしかけ、ドラの[白]を重ね、5200を亜樹から和了。トップ目白鳥との点差を縮める。

南2局3本場 朝倉 發・ドラ2 5200 ©ABEMA

南3局、4着目の亜樹の親番。門前でリーチしたいところだったが巡目も進んだことで仕掛けて2900のテンパイを入れるも、七対子をテンパイしていた白鳥に捕まる。

南3局 白鳥 七対子・赤 3200 ©ABEMA

オーラス、親の白鳥がピンフ赤ドラの[2][5]待ち5800点をテンパイし、ヤミテンに。跳満ツモで3着から2着へ着順がアップする高宮が、テンパイしている白鳥が切ったドラ[6]をポン。タンヤオ・トイトイ・ドラ3の跳満をテンパイ。結果は白鳥がツモり、2着目の朝倉は跳満ツモ条件となった。

南4局1本場は白鳥が中の後付けと一気通貫を見た仕掛けで、終盤には形式テンパイに。白鳥は手牌を伏せてゲームを終了する選択もできたが、朝倉がテンパイしてなければ、朝倉により厳しい条件を突き付けられるため、この後さらに点差を広げられると手牌を開けてテンパイを宣言し試合続行。しかし、白鳥の思いとは裏腹に朝倉はテンパイ。これで朝倉は跳満ツモでトップの条件が残った。

南4局1本場 流局 ©ABEMA

南4局2本場、朝倉が高目をツモって一発や裏があれば条件をクリアできる手でリーチ。見事一発で高目をツモってトップを勝ち取った。

南4局1本場 朝倉 リーチ・一発・ツモ・タンヤオ・ピンフ・一盃口 3000・6000 ©ABEMA

朝倉自身初トップ、チームに初勝利をもたらした。

第1試合トップの朝倉 ©ABEMA

第1試合結果
1位 朝倉(Pirates)+64.9
2位 白鳥(ABEMAS)+23.5
3位 高宮(麻雀格闘倶楽部)▲27.6
4位 亜樹(風林火山)▲60.8

点数推移グラフ ©ABEMA
第1試合詳細結果 ©ABEMA
第1試合終了時点のチームランキング ©ABEMA

第2試合結果記事

【10/14 Mリーグ2021 2戦目結果】松ヶ瀬隆弥が3連勝で個人首位を独走!石橋伸洋はトップ目前にして頭ハネでかわされる!

関連ページ

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top