麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

大洋技研株式会社
【10/14 Mリーグ2021 2戦目結果】松ヶ瀬隆弥が3連勝で個人首位を独走!石橋伸洋はトップ目前にして頭ハネでかわされる!

【10/14 Mリーグ2021 2戦目結果】松ヶ瀬隆弥が3連勝で個人首位を独走!石橋伸洋はトップ目前にして頭ハネでかわされる!

BULL2021求人ニルウッドカバー

麻雀プロリーグ「大和証券Mリーグ2021」7日目が10月14日(木)に開催された。

10月14日の対戦カード ©ABEMA
実況解説は、日吉辰哉、土田浩翔 ©ABEMA

第1試合結果はこちら!

【10/14 Mリーグ2021 1戦目結果】朝倉がオーラス跳満ツモ条件をクリアし、チーム・個人初トップ!

第1試合終了時点のチームランキング ©ABEMA

第2試合

第2試合は多井隆晴松ヶ瀬隆弥石橋伸洋佐々木寿人の対戦。RMUの多井、松ヶ瀬はMリーグで初対戦。松ヶ瀬はインタビューで一番戦いたいのは多井と語っており、念願のMリーグ初対戦となった。

第2試合の出場選手 ©ABEMA

東1局は、松ヶ瀬ホンイツにわたっている間に大三元まであと一歩まで手は育ったが、石橋の一人テンパイで局が進んだ。

東1局 流局 ©ABEMA

東2局1本場は松ヶ瀬が4巡目にピンフ・赤1の[三][六]リーチ。自風の[南]をポンしている石橋が、テンパイしてリーチを蹴りにいくも、聴牌打牌の[三]で5800放銃に。

東2局1本場 松ヶ瀬 リーチ・ピンフ・赤 5800 ©ABEMA

東2局2本場、石橋が再び[南]をポンして、南・チャンタ・ドラ1の3900をテンパイ。1シャンテンとなっていた多井からのアガリを決めて失点を取り返す。

東2局2本場 多井の手牌 ©ABEMA
東2局2本場 石橋 南・チャンタ・ドラ 3900 ©ABEMA

東3局、松ヶ瀬が聴牌外しからの234三色か索子の一気通貫狙った1シャンテン。残した[三][四]がくっつき、三色狙いの[二][五]フリテンリーチ。石橋がダブ東バックの仕掛けで[東]を暗刻にして[2][5]テンパイ。道中[二][五]が8枚見えたが、松ヶ瀬と石橋の二人テンパイで流局となった。

東3局 松ヶ瀬リーチ ©ABEMA
東3局 流局 ©ABEMA

東3局1本場は石橋の一人テンパイで流局、東3局2本場、良形が残る[北]を暗刻にしてリーチ。一発ツモ。4000オールで一気にリードを得た。

東3局2本場 リーチ・一発・ツモ・赤 4000オール ©ABEMA

東3局3本場、松ヶ瀬が第一打に[六]を切っている[五][八]でリーチ。多井も[六]のスジ、[九]単騎のドラ3七対子テンパイをヤミテンに構えるも、[八]を掴む。ドラが[七]の為[五][八]固定が十分考えられるが、[九]の出やすさを考慮し[八]勝負に出るも松ヶ瀬の3900のアガリとなった。

東3局3本場 多井の手牌 ©ABEMA
東3局3本場 リーチ・ピンフ・ドラ 3900 ©ABEMA

東4局、松ヶ瀬が[1][4]待ちで先制リーチ、親の寿人の[1]が切られるかと思われたが使い切ってペン[3]でリーチ。しかし松ヶ瀬が[1]ツモって1300・2600。トップ目の石橋にじりじりと近づいていく。

東4局 寿人 リーチ ©ABEMA
東4局 松ヶ瀬 リーチ・ピンフ・ツモ・赤 1300・2600 ©ABEMA

南1局1本場、苦しい展開だった多井がドラドラの[六][九]待ちでやっと先制リーチ。しかし寿人が[5][8]のノベタンで追いかけリーチ。[5]は多井に暗刻で多井のアガリが濃厚かと思われたが、ラス牌の[8]を寿人がツモって1000・2000。5対1の枚数差をひっくり返すアガリとなった。

南1局1本場 多井 リーチ ©ABEMA
南1局1本場 寿人 リーチ・ツモ・赤 1000・2000 ©ABEMA

南3局1本場、多井[③]なら123の三色リーチ。安目だが[①]ツモで1000・2000。これで寿人との点差を満貫圏内に縮めた。

南3局1本場 多井 リーチ・ツモ・ドラ1000・2000 ©ABEMA

オーラス、1300・2600ツモでトップの松ヶ瀬。しかし先に石橋がピンフの[三][六]テンパイ。そうこうしてるうちに親の寿人からリーチが飛んでくる。ここで松ヶ瀬も[三][六]のノベタンテンパイで追いついた。寿人が[三]を掴み頭ハネで松ヶ瀬の8000のアガリで逆転、トップを勝ち取ったかと思われた石橋は目前で勝利を攫われる形となった。多井はこの局早い段階で石橋の聴牌気配を察知してオリに回り、[六]を止め切る守備力を発揮。土壇場で3着に浮上する結果となった。

南4局 石橋の手牌 ©ABEMA
南4局 寿人リーチ ©ABEMA
南4局 松ヶ瀬 タンヤオ・ドラ2・赤1 8000 ©ABEMA

松ヶ瀬は個人3連勝。このまま最多出場を続けていくのか。今後の風林火山の采配に注目だ。

第2試合トップの松ヶ瀬 ©ABEMA

第2試合結果
1位 松ヶ瀬(風林火山)+60.7
2位 石橋(Pirates)+17.5
3位 多井(ABEMAS)▲27.6
4位 寿人(麻雀格闘倶楽部)▲50.6

第2試合点数推移グラフ ©ABEMA
第2試合詳細データ ©ABEMA

10月14日トータル結果

Pirates(朝倉1着・石橋2着)+82.4
風林火山(亜樹4着・松ヶ瀬1着)▲0.1
ABEMAS(白鳥2着・多井3着)▲4.1
麻雀格闘倶楽部(高宮3着・寿人4着)▲78.2

Piratesは惜しくも連勝を逃す結果となったがトータルスコアがプラスとなり4位に浮上した。今後も着実にプラスを増やせるか。

松ヶ瀬が5戦で3トップとなり個人順位も首位。優勝と立役者となっていた勝又は開幕から2週間出番なしという驚きの采配。来週以降は果たしてどうなるのか!?

10月14日終了時点のチームランキング ©ABEMA
10月15日の対局チーム ©ABEMA
10月14日終了時点の個人ランキング ©ABEMA

関連ページ

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top