麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

スリアロチャンネル
【10/18 Mリーグ2021 2戦目結果】東城りおがセレブなアガリ連発で初勝利! 滝沢和典は国士無双聴牌も実らず!

【10/18 Mリーグ2021 2戦目結果】東城りおがセレブなアガリ連発で初勝利! 滝沢和典は国士無双聴牌も実らず!

BULL2021求人健康マージャン全国会

麻雀プロリーグ「大和証券Mリーグ2021」9日目が10月18日(月)に開催された。

10月18日の対戦カード ©ABEMA
実況解説は、日吉辰哉、多井隆晴 ©ABEMA

第1試合結果はこちら!

【10/18 Mリーグ2021 1戦目結果】たろうがオーラスに全員を突き放す12000のアガリで2勝目を決める!

第1試合終了時点のチームランキング ©ABEMA

第2試合

第2試合は東城りお朝倉康心村上淳滝沢和典の対戦。

第2試合の出場選手 ©ABEMA

ゲームが大きく動いたのは東3局。滝沢がメンホンのテンパイ。待ちが変化し[3][6][9][南]でヤミテン。すると、親の村上が赤2のリャンメンリーチ。

東3局滝沢の手牌 ©ABEMA
東3局村上リーチ ©ABEMA

これを受けて滝沢も追いかけリーチをかける。結果は滝沢が村上から12000の加点となった。

東3局滝沢リーチ・メンホン・一盃口・ドラ 12000 ©ABEMA

東4局からは東城が怒涛のアガリを決める。まずは平和ドラ3の聴牌。巡目が遅かったゆえにリーチはしなかったが、2000・4000ツモで滝沢との点差を縮める。

東4局 東城 ピンフ・ツモ・ドラ・赤2 2000・4000 ©ABEMA

南入した親番では1枚目を鳴かなかった[中]が暗刻になり、中・トイトイ・三暗刻・ドラドラの6000オール。

南1局 東城 中・トイトイ・三暗刻・ドラ2 6000オール ©ABEMA

その後の1本場では朝倉のリーチを受けるも出アガリ三倍満、ツモれば四暗刻の聴牌を追いかけリーチして流局。

南1局1本場 流局 ©ABEMA

その後の2本場で村上の12000、3本場で滝沢から5800とアガリ続ける。

南1局2本場 東城 リーチ・タンヤオ・ドラ3 12000 ©ABEMA
南1局3本場 東城 白・ドラ・赤 5800 ©ABEMA

東城の連荘が止まったのは南1局4本場。朝倉が村上の先制リーチに追いかけ、村上が一発で掴み12000。村上は箱下25000点に沈んだ。

南1局4本場 村上リーチ ©ABEMA
南1局4本場 朝倉 リーチ・一発・ピンフ・ドラ・赤・裏 12000 ©ABEMA

南2局は朝倉、村上、東城の鳴き合戦の中、滝沢が国士無双[⑨]待ちのテンパイ。[⑨]は山に2枚残っていたが、警戒しながらもテンパイを取った東城のアガリに。

南2局 滝沢の手牌 ©ABEMA

南3局は朝倉が手牌に萬子を次から次へと引き入れ、チンイツのテンパイ。赤赤の一向聴の滝沢が放銃。2着争いのライバルからの大きな8000のアガリとなった。

南3局 朝倉 チンイツ 8000 ©ABEMA

オーラスは、東城がリャンメンでリーチ。親の滝沢から追いかけられるも東城がツモり、ゲームセット。

南4局 滝沢 リーチ ©ABEMA
南4局 東城 リーチ・ツモ・ドラ1 ©ABEMA

東城は大トップをチームに持ち帰った。

第2試合トップの東城 ©ABEMA

第2試合結果
1位 東城(フェニックス)+97.2
2位 朝倉(Pirates)+14.7
3位 滝沢(麻雀格闘倶楽部)▲25.6
4位 村上(ドリブンズ)▲86.3

10月18日トータル結果

フェニックス(茅森2着・東城1着)+106.4
ドリブンズ(たろう1着・村上4着)▲26.6
Pirates(小林4着・朝倉2着)▲31.8
麻雀格闘倶楽部(伊達3着・滝沢3着)▲48.0

東城が怒涛のアガリで大トップを獲得してチームを2位に押し上げた。ドリブンズは村上、Piratesは小林が苦しみ、麻雀格闘倶楽部はあと一歩の展開に恵まれない状況が続く。まだ序盤戦とはいえ下位チームは苦しくなる前に早めに攻勢に出たいところだ。

10月18日終了時点のチームランキング ©ABEMA
10月18日の対局チーム ©ABEMA
10月18日終了時点の個人ランキング ©ABEMA

関連ページ

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top