麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

学生麻雀連盟
【10/29 Mリーグ2021 第2試合結果】多井隆晴が万全の立ち回りで完勝!朝倉康心も堅実な2着確保、ABEMAS、Piratesはプラス圏内に浮上!

【10/29 Mリーグ2021 第2試合結果】多井隆晴が万全の立ち回りで完勝!朝倉康心も堅実な2着確保、ABEMAS、Piratesはプラス圏内に浮上!

BULL2021求人健康マージャン全国会

麻雀プロリーグ「大和証券Mリーグ2021」16日目が10月29日(金)に開催された。

10月29日の対戦カード ©ABEMA
実況解説は、松嶋、土田 ©ABEMA

第1試合結果はこちら!

第1試合結果はこちら

第1試合は魚谷が高打点連発で個人2勝目!
第1試合終了時点のチームランキング ©ABEMA

第2試合

第2試合の出場選手 ©ABEMA

東:多井隆晴

南:伊達朱里紗

西:朝倉康心

北:茅森早香

東1局は朝倉、茅森、多井の3軒リーチ。多井が[5]なら三色だったが、結果は朝倉から[2]で2000のアガリ。3軒リーチを制した。

東1局 朝倉 リーチ ©ABEMA
東1局 茅森 リーチ ©ABEMA
東1局 多井 リーチ ©ABEMA

続く東1局1本場、朝倉の先制リーチにまたも茅森が追いかける。今回は軍配は朝倉。2600のアガリ。

東1局1本場 朝倉 リーチ ©ABEMA
東1局1本場 茅森 リーチ ©ABEMA
東1局1本場 朝倉 リーチ・發 2600 ©ABEMA

東2局、多井が一盃口が完成したペン[七]の即リーチ。多井捨て牌[4]のスジとはいえ、親の伊達が一発目でドラの[1]を切り飛ばし、ツモリ四暗刻にまで仕上げて追いかける。

東2局 多井 リーチ ©ABEMA
東2局 伊達の手牌 ©ABEMA
東2局 伊達 リーチ ©ABEMA
東2局 多井 リーチ・一盃口 2600 ©ABEMA

しかし多井のペン[七]はリーチ時山に4枚。伊達が[七]を掴んで多井のアガリで局が進む。

東3局、多井が自風の[西]をポンしてドラドラ赤の満貫テンパイ。終盤に茅森がこの半荘3回目のリーチ[③][⑥]待ち。

東3局 多井の手牌 ©ABEMA
東3局 茅森 リーチ ©ABEMA

親の朝倉、このリーチに[③]が出る形でテンパイも、[③]は相当危険とみたか、[9]を切る。[③][⑥]が出ない形でテンパイし返せるならよしという進行か、伊達が切った[6]をチーして再びテンパイを目指す。

東3局 朝倉の手牌 ©ABEMA

しかし、朝倉最終手番はテンパイしない牌。安全牌[四]を切って降りると、茅森の手に多井のアガリ牌[⑦]が。多井の8000のアガリ。

東3局 朝倉の手牌 ©ABEMA
東3局 多井 西・ドラ2・赤 8000 ©ABEMA

東4局も伊達からリーチを受けるも、多井が仕掛けて[4]の片アガリの聴牌をツモって南入。

東3局 多井 一気通貫・赤 500・1000 ©ABEMA

南1局は多井先制テンパイ。茅森も終盤に粘りテンパイ。二人テンパイで流局に。

南1局 流局 ©ABEMA

南1局1本場、伊達がダブ南の[南]をポンして、[赤5]を活かし、ドラの[4]をくっつけて[3][6]待ち満貫のテンパイ。茅森ももどかしい一向聴が続くが、朝倉から[六]をチーして[3][6]テンパイ。伊達、茅森同じ待ちとなったが流局に。

南1局1本場 伊達の手牌 ©ABEMA
南1局1本場 茅森の手牌 ©ABEMA
南1局1本場 流局 ©ABEMA

南1局2本場、伊達が門前では間に合わないと仕掛けるも、その後の手が進まない。終盤に茅森がピンフドラ1[五][八]テンパイ。しかしリーチ後すぐに茅森のアガリ牌が山からなくなると、朝倉がカン[6]を引き入れ[四]片アガリの満貫テンパイ。これを茅森が掴み朝倉が満貫のアガリでトップ目多井の背中が見えてきた。

南2局2本場 茅森 リーチ ©ABEMA
南2局2本場 朝倉の手牌 ©ABEMA
南2局2本場 朝倉 タンヤオ・ドラ2・赤 8000 ©ABEMA

南3局、朝倉の配牌に[9]が槓子。暗槓して新ドラが[三]

南3局 朝倉の手牌 ©ABEMA

多井の手には[発][白]が対子で新ドラの[三]も対子。すぐに[白]が鳴けて[発][三]のシャンポン待ちでテンパイ。伊達から[発]が打ちだされるかと思われた場面もあったが伊達はしっかりと手の内に収め撤退。

茅森もダブ南を鳴いて終盤にテンパイするも、新ドラの[三]で多井に満貫放銃。多井が盤石のリードを得てオーラスへ。

南3局 茅森の手牌 ©ABEMA
南3局 多井 白・ドラ3 8000 ©ABEMA

 南4局、ここまでアガリが遠い茅森の親番。ドラの[発]が対子だが、思うように手が進まない。その間、多井も七対子の[2]待ちでテンパイ。しばらくテンパイを継続していたが[赤⑤]を掴んで撤退。終盤に朝倉が役無のカン[六]待ちをツモって朝倉は2着確保でゲーム終了させた。

南4局 多井の手牌 ©ABEMA
南4局 朝倉 ツモ・赤 700・1300 ©ABEMA

多井は個人連勝を決めてABEMASはプラスに転じた。

第2試合トップの多井 ©ABEMA

第2試合結果
1位 多井(ABEMAS)+71.9
2位 朝倉(Pirates)+14.7
3位 伊達(麻雀格闘倶楽部)▲20.8
4位 茅森(フェニックス)▲65.8

点数推移グラフ ©ABEMA
第2試合詳細結果 ©ABEMA

10月29日トータル結果

Pirates(石橋2着・朝倉2着)+26.0
ABEMAS(日向4着・多井1着)+10.2
フェニックス(魚谷1着・茅森4着)▲1.0
麻雀格闘倶楽部(高宮3着・伊達3着)▲35.2

本日トップは無かったがPiratesが連続2着でトータルスコアをプラスに。ABEMASも多井のトップで再度プラス圏に浮上。本日対局した4チームは全チームプラスで10月を終えることとなった。

各チーム16戦が終了、風林火山とドリブンズがやや上下に抜けてしまった展開だが、全体的にはまだまだ大混戦。11月以降の戦いに引き続き注目が集まる。

10月29日終了時点のチームランキング ©ABEMA
11月1日の対局チーム ©ABEMA
10月29日終了時点の個人ランキング

関連ページ

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top