麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

学生麻雀連盟
【11/23  Mリーグ2021 第2試合結果】滝沢和典が寿人の4着をカバーする勝利!首位風林火山を追い上げる!

【11/23 Mリーグ2021 第2試合結果】滝沢和典が寿人の4着をカバーする勝利!首位風林火山を追い上げる!

BULL2021求人ニルウッドカバー

麻雀プロリーグ「大和証券Mリーグ2021」30日目が11月23日(火)に開催された。

11月23日の対戦カード ©ABEMA
解説:藤崎智 実況:日吉辰哉 ©ABEMA

第1試合結果はこちら!

第1試合結果はこちら

第1試合は白鳥がトップ!©ABEMA
第1試合終了時点チームランキング ©ABEMA

第2試合出場選手

第2試合の出場選手 ©ABEMA

東:滝沢和典

南:丸山奏子

西:二階堂亜樹

北:日向藍子

第2試合

東1局、丸山がドラの[東]をポンして手を進めていくと、亜樹がリーチ。すると滝沢も最終手番でテンパイし、滝沢がツモ番なしリーチに出た。

東1局 亜樹 リーチ ©ABEMA
東1局日 向の手牌 ©ABEMA
東1局 滝沢 リーチ・一発・ハイテイ・一盃口 12000 ©ABEMA

3者の攻めを受けて海底巡目に切り番が訪れた日向。共通安全牌が無く、打ち出された中筋の[④]は滝沢の12000のアガリに。

2本場では丸山、亜樹、滝沢の3軒リーチに。亜樹はツモれば四暗刻のリーチ。丸山も満貫以上確定のリーチだったが滝沢が2000オールのアガリ。

東1局2本場 亜樹 リーチ  ©ABEMA
東1局2本場 滝沢 リーチ・ツモ・赤 2000オール ©ABEMA

3本場でも滝沢がホンイツの2000オールを決めてこの時点で持ち点は50000点を超えた。

東1局3本場 滝沢 發・ホンイツ 2000オール  ©ABEMA

親番を終わらせたのは亜樹、1300を日向から出アガリ。

東1局3本場 亜樹 リーチ 1300  ©ABEMA

東2局は日向がピンフドラ3のテンパイをヤミテンに。手牌の整った滝沢からドラの[二]が切られ日向が8000のアガリ。日向は点数を回復した。

東2局 滝沢の手牌  ©ABEMA
東2局 日向 ピンフ・ドラ3・赤1 8000  ©ABEMA

東3局、亜樹が親番だが、なかなか進まない手牌で三元牌を絞り、撤退気味。アガリはまたも滝沢。[発]を仕掛けて300・500のアガリ。

東3局 滝沢 發 300・500 ©ABEMA

東4局、丸山が萬子が多めの手牌で[一]のポンから発進。[東]で5200のテンパイ。滝沢が[②]をチーしてテンパイすると、親の日向がカン[⑥]のリーチ。

東4局 丸山の手牌 ©ABEMA
東4局 日向リーチ ©ABEMA
東4局 亜樹の手牌 ©ABEMA

滝沢はリーチの一発目に持ってきたドラの[6]を切ってテンパイキープ。亜樹も自風の[北]を暗刻にしてテンパイ。全員テンパイに。

しかし次巡滝沢が持ってきたのは[東]。丸山の5200のアガリで南入。

東4局 滝沢の手牌 ©ABEMA
東4局 丸山 東・ホンイツ 5200 ©ABEMA

南1局、これまで放銃に回っていた日向が先制リーチ。待ちのカン[②]はリーチ時全山。丸山が[②]を持ちつつ回るも、あと2回の手番でテンパイ。安全牌も1枚しかなく、[②]を勝負する形になり、5200放銃。

南1局 日向 リーチ ©ABEMA
南1局 丸山の手牌 ©ABEMA
南1局 日向 リーチ・ドラ・赤 5200 ©ABEMA

南2局も日向がリーチ。滝沢以外の3者は僅差の状況。親番の丸山が粘るも撤退。日向の一人テンパイで流局。

南2局 流局 ©ABEMA

南3局1本場。日向が[中]をポンしてテンパイ。親の亜樹がカン[7]待ちでリーチ。滝沢も[⑥]片アガリのテンパイするも、カン[7]はリーチ時山に残り3枚。親リーチに全員が撤退していく中、ツモって裏が乗り、4000オール。一気にトップ目の滝沢に近づく。

南3局1本場 亜樹 リーチ・ツモ・ドラ2 4000オール ©ABEMA

南3局2本場、親の亜樹が好配牌も、先制テンパイは日向。これに一発で捕まったのは亜樹。[2]を手に収めながらテンパイを目指すも、テンパイせず。丸山も強気にいくもテンパイできず流局し、オーラスへ。

南3局2本場 亜樹の手牌 ©ABEMA
南3局2本場 日向リーチ ©ABEMA
南3局2本場 流局 ©ABEMA

南4局3本場、供託1。滝沢が早々にピンフ・ドラ・赤のテンパイ。赤[赤五]をツモって、2000・4000。素点も大きく加点してゲーム終了。

南4局 滝沢 ツモ・ピンフ・ドラ1・赤1 2000・4000 ©ABEMA

寿人の不調をカバーした滝沢のトップ。丸山は今シーズン初の4着となった。

第2試合トップの滝沢 ©ABEMA

第2試合結果
1位 滝沢(麻雀格闘倶楽部)+66.7
2位 亜樹(風林火山)+8.0
3位 日向(ABEMAS)▲25.0
4位 丸山(ドリブンズ)▲49.7

点数推移グラフ ©ABEMA
第2試合詳細結果 ©ABEMA

11月23日トータル結果

ABEMAS(白鳥1着・日向3着)+33.7
風林火山(瑠美2着・亜樹2着)+19.2
麻雀格闘倶楽部(寿人4着・滝沢1着)+13.6
ドリブンズ(園田3着・丸山4着)▲66.5

ドリブンズ以外の3チームがポイントを加算し、上位チームは更に万全の様相に。麻雀格闘倶楽部は好調に見えるがエース寿人が3連続4着。首位風林火山とのポイントを逆転するには寿人の復調が鍵となるだろう。

ABEMASは白鳥のトップでポイントを加算、プラス圏まであと1トップで届く所まで戻ってきた。

11月23日終了時点のチームランキング ©ABEMA
11月25日の対局チーム ©ABEMA
11月23日終了時点の個人ランキング

関連ページ

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top