麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

CABOクィーンカップ
【12/2 Mリーグ2021 第2試合結果】朝倉康心が102400点の特大トップを獲得!効果的なアガリで東城りおが2着を確保!

【12/2 Mリーグ2021 第2試合結果】朝倉康心が102400点の特大トップを獲得!効果的なアガリで東城りおが2着を確保!

BULL2021求人ニルウッドカバー

麻雀プロリーグ「大和証券Mリーグ2021」35日目が12月2日(木)に開催された。

12月2日の対戦カード ©ABEMA
解説:土田浩翔 実況:日吉辰哉 ©ABEMA

第1試合結果はこちら!

第1試合結果はこちら

第1試合 寿人が三倍満ツモでトップ!©ABEMA
第1試合終了時点チームランキング ©ABEMA

第2試合出場選手

第2試合の出場選手 ©ABEMA

東:二階堂瑠美

南:高宮まり

西:東城りお

北:朝倉康心

第2試合

東1局、東城が高目一気通貫の先制リーチ。萬子のホンイツに向かっていた高宮、回りながらテンパイしなおすも、[⑥]で放銃。東城の8000のアガリに。

東1局 高宮の手牌 ©ABEMA
東1局 東城 リーチ・ピンフ・一気通貫・ドラ1 8000 ©ABEMA

東2局、放銃した高宮の親番。回復したいが朝倉が[白]のみのアガリでかわす。

東2局 朝倉 白 1000 ©ABEMA

 

東3局は、高宮が[一]単騎の七対子をリーチ。瑠美が[⑧]を暗槓して一向聴だが、高宮がツモって点数回復。

東3局 高宮 リーチ・ツモ・七対子 1600・3200 ©ABEMA

 

東4局、親番の朝倉がリーチ・ツモ・ドラ1の2000オールから始まり、18000、26000オールと連続でアガリを決め、大きく加点して5本場に。

東4局 朝倉 リーチ・ツモ・ドラ1 2000オール ©ABEMA
東4局1本場 朝倉 ダブ東・白・ドラ3 18000 ©ABEMA
東4局2本場 朝倉 リーチ・ツモ・ピンフ・ドラ1 2600オール ©ABEMA

この親を終わらせたのは東城。

東4局5本場 東城の手牌 ©ABEMA

[発]をポンして先にテンパイしていたのは瑠美だったが、東城が[⑤]を切って[④][⑦]待ちのリーチ。

[⑥]を切ってテンパイをとることもできたが、[⑥]は瑠美の当たり牌。放銃を回避し、東城のリーチに瑠美は即撤退。

東4局5本場 高宮の手牌 ©ABEMA

高宮もドラの[3]暗刻になりリーチ。朝倉も仕掛けて追いつくが、東城がツモって南入。

東4局5本場 東城 リーチ・ツモ・タンヤオ・赤1 2000・4000 ©ABEMA

南1局、親の瑠美が2枚目のカン[3]をチーしてタンヤオへ。

テンパイすると朝倉からロンの声がかかる。ピンフ・ドラ2・赤1の8000。

南1局 瑠美の手牌 ©ABEMA
南1局 朝倉 ピンフ・ドラ2・赤1 8000 ©ABEMA

南2局、箱下の高宮の親番。ここで加点したい所だったが、東城のアガリであっさりと次局へ。

南2局 東城 ピンフ・赤1 2000 ©ABEMA

南3局、朝倉が仕掛けてタンヤオの[四][七]待ちでテンパイ。親の東城も追いつくが、朝倉がツモ。持ち点は7万点をこえた。

南3局 朝倉 タンヤオ・ドラ1・赤1 1000・2000 ©ABEMA

南4局、親番の朝倉が4巡目リーチ。瑠美はピンフの[三][六]待ちテンパイをヤミテンとするが、朝倉が高目を一発ツモ。なんと8000オールで95000点持ちまで持ち点を増やした。

南4局 瑠美の手牌 ©ABEMA
南4局 朝倉 リーチ・一発・ツモ・タンヤオ・ピンフ・一盃口・ドラ1・赤1 8000オール©ABEMA

南4局1本場、朝倉が[北]のポンから発進し、筒子のホンイツへ。テンパイし高目の[東]をツモ。10万点をこえた。

南4局1本場 朝倉 東・ホンイツ 3200オール ©ABEMA

南4局2本場も朝倉が先制テンパイしリーチに出たが、ピンフ・ドラ1をヤミテンにしていた瑠美がツモってゲーム終了。

南4局2本場 朝倉の手牌 ©ABEMA
南4局1本場 瑠美 ツモ・ピンフ・ドラ1 700・1300 ©ABEMA

最高スコアにはわずかに届かなかったが、朝倉はプラス122.4ポイントの大トップ。苦しいPiratesに希望をもたらした。

第2試合トップの朝倉 ©ABEMA

第2試合結果
1位 朝倉(Pirates)+122.4
2位 東城(フェニックス)▲0.4
3位 瑠美(風林火山)▲41.6
4位 高宮(麻雀格闘倶楽部)▲80.4

点数推移グラフ ©ABEMA
第2試合詳細結果 ©ABEMA

12月2日トータル結果

Pirates(瑞原4着・朝倉1着)+62.8
麻雀格闘倶楽部(寿人1着・高宮4着)▲0.2
風林火山(亜樹2着・瑠美3着)▲26.1
フェニックス(茅森3着・東城2着)▲36.5

Piratesが朝倉の特大トップであと1トップでプラス圏内になる所までポイントを増やした。麻雀格闘倶楽部は寿人が大きなトップとなったが、高宮が苦戦しポイントはイーブンに。風林火山、フェニックスはどちらも大きなトップは取られたもののなんとかしのぎ切ることには成功した。

12月2日終了時点のチームランキング ©ABEMA
12月3日の対局チーム ©ABEMA
12月2日終了時点の個人ランキング

関連ページ

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top