麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

スリアロチャンネル
【12/7 Mリーグ2021 第2試合結果】際どい大接戦を制してPirates・朝倉康心が個人3連勝!伊達朱里紗は2着で暫定個人三冠継続!

【12/7 Mリーグ2021 第2試合結果】際どい大接戦を制してPirates・朝倉康心が個人3連勝!伊達朱里紗は2着で暫定個人三冠継続!

BULL2021求人健康マージャン全国会

麻雀プロリーグ「大和証券Mリーグ2021」38日目が12月7日(火)に開催された。

12月7日の対戦カード ©ABEMA
解説:渋川難波 実況:小林未沙 ©ABEMA

第1試合結果はこちら!

第1試合結果はこちら

第1試合  松本が個人2連勝! ©ABEMA
第1試合終了時点チームランキング ©ABEMA

第2試合出場選手

第2試合の出場選手 ©ABEMA

東:朝倉康心

南:多井隆晴

西:瀬戸熊直樹

北:伊達朱里紗

第2試合

東1局、親の朝倉がドラ[南]単騎の七対子リーチ。[南]は山に3枚残っており、一発でツモ。

東1局 朝倉 リーチ・一発・ツモ・七対子・ドラ4 8000オール ©ABEMA

裏ドラものり、8000オールで好スタートを切った。

東1局2本場は、瀬戸熊が役無しのカン[⑤]でテンパイ。多井が[中]を仕掛けて手を進めていくが、瀬戸熊が[赤⑤]をツモって1000・2000。局が進む。

東1局1本場 多井の手牌 ©ABEMA
東1局1本場 瀬戸熊 ツモ・赤2 1000・2000 ©ABEMA

東2局、朝倉が清老頭や[白]が暗刻になって四暗刻など、役満が考えられる手牌だったが、伊達が先制リーチ。朝倉は早々に撤退。

東2局 朝倉の手牌 ©ABEMA

親番の多井はドラの[東]を手に残し、まっすぐに進めていくが伊達がツモ。ラス牌の[四]で2000・4000のアガリを決めた。

東2局 伊達 リーチ・ツモ・タンヤオ・ピンフ・赤1 2000・4000 ©ABEMA
東3局 多井の手牌 ©ABEMA

東3局、伊達がカン[③]のタンヤオテンパイをヤミテン。瀬戸熊が[3][6]のリャンメンでリーチ。

多井も仕掛けて[1][4]のテンパイになるが、多井の手に瀬戸熊の当たり牌[3]が。

多井は[3][6]のシャンポン待ちテンパイに変化。同じ待ちの引き合いとなったが瀬戸熊がドラの[6]ツモで4000オール。

東3局 瀬戸熊 リーチ・ツモ・ドラ1・赤1 4000オール ©ABEMA

次局、朝倉のリーチに手が進んだ瀬戸熊が[②]のワンチャンス[①]でし放銃。裏が乗って5200のアガリで東4局へ。

東3局1本場 瀬戸熊の手牌 ©ABEMA
東3局1本場 朝倉 リーチ・ドラ1・裏1  5200 ©ABEMA

東4局は伊達が2000オールツモ。次局は朝倉が仕掛けて伊達から軽いアガりで南入。

東4局 伊達 ダブ東・ドラ1 2000オール ©ABEMA
東4局1本場 朝倉 中 1000 ©ABEMA

南1局は瀬戸熊が先制リーチをツモって500・1000。

南1局 瀬戸熊 リーチ・ツモ 500・1000 ©ABEMA

南2局、これまでアガリのない多井の親番。伊達が場風の[南]をポンして局を進めようとするも、その後手が進まずに多井がリーチ。

一発でツモって4000オールで反撃に出る。

南2局 多井 リーチ・一発・ツモ・ドラ 4000オール ©ABEMA

次局も多井が先制リーチも、伊達が勝負。

南2局1本場 多井の手牌 ©ABEMA

多井の待ち牌はすでに山になく、伊達がラス牌[四]をツモって2000.4000。

南2局1本場 伊達 リーチ・ツモ・タンヤオ・赤 2000・4000 ©ABEMA

南3局、朝倉が仕掛けてテンパイし、局を進めようとするも多井がリーチ。一発目、朝倉の手には多井の当たり牌[八]が。

南3局 多井 リーチ・一発・ピンフ・ドラ1 8000 ©ABEMA

安牌はなく、まっすぐに[八]を打ちだし朝倉が8000放銃。ほぼ横並びの持ち点でオーラスを迎えた。

南4局は多井が跳満ツモでトップになる状況でドラの[南]を雀頭としたリーチ。親の伊達も仕掛けてくらいつくが、道中から迂回。終盤には現物を切り続けテンパイできず。

南4局 多井の手牌 ©ABEMA
南4局 流局 ©ABEMA

アガリは出ずに流局となってゲーム終了。朝倉は個人3連勝となった。

第2試合トップの朝倉 ©ABEMA

第2試合結果
1位 朝倉(Pirates)+50.6
2位 伊達(麻雀格闘倶楽部)+8.4
3位 多井(ABEMAS)▲17.7
4位 瀬戸熊(雷電)▲41.3

点数推移グラフ ©ABEMA
第2試合詳細結果 ©ABEMA

12月7日トータル結果

ABEMAS(松本1着・多井3着)+49.3
麻雀格闘倶楽部(滝沢2着・伊達2着)+25.9
Pirates(石橋3着・朝倉1着)+24.1
雷電(黒沢4着・瀬戸熊4着)▲99.3

ABEMAS、麻雀格闘倶楽部、Piratesは加点に成功したが、8位の雷電は苦しい連続4着となり、いよいよ後がない状況となった。まだ中盤戦は始まったばかりだが、一刻も早く逆襲の手を打っていきたい所だ。

12月7日終了時点のチームランキング ©ABEMA
12月8日の対局チーム ©ABEMA
12月7日終了時点の個人ランキング

関連ページ

新着記事

Return Top