麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

CABOクィーンカップ
【12/7 Mリーグ2021 第1試合結果】東1局の倍満ツモで大量リード!松本が個人2連勝で絶好調!滝沢は倍満ツモられ親被りスタートから道中這い上がるも2着!

【12/7 Mリーグ2021 第1試合結果】東1局の倍満ツモで大量リード!松本が個人2連勝で絶好調!滝沢は倍満ツモられ親被りスタートから道中這い上がるも2着!

BULL2021求人ニルウッドカバー

麻雀プロリーグ「大和証券Mリーグ2021」38日目が12月7日(火)に開催された。

12月7日の対戦カード ©ABEMA
解説:渋川難波 実況:小林未沙 ©ABEMA

第1試合出場選手

第1試合の出場選手 ©ABEMA

東:滝沢和典

南:黒沢咲

西:石橋伸洋

北:松本吉弘

第1試合

東1局、松本が[発]が暗刻でドラドラ赤の手をリーチすると一発ツモ。裏ドラが1枚のり、倍満スタート。

東1局 松本 リーチ・一発・ツモ・發・ドラ3・赤1 4000・8000 ©ABEMA

東2局は、東1局で倍満の親被りとなった滝沢が2巡目で三面張リーチ。萬子のホンイツに向かっていた石橋、2巡目リーチ故にまっすぐに向かい、[⑧]で放銃。滝沢の3900のアガリに。

東2局 石橋の手牌 ©ABEMA
東2局 滝沢 リーチ・タンヤオ・ピンフ 3900 ©ABEMA

東3局、黒沢がピンフをツモって早くも東4局。

東3局 黒沢 ツモ・ピンフ 700・1300 ©ABEMA

東4局、滝沢が[発]を仕掛けて、最終的には[三][六]テンパイも一人テンパイで流局。

東4局 流局 ©ABEMA

南1局1本場、滝沢がタンヤオ・ピンフ・ドラ1の[三][六]をヤミテンも純カラ。黒沢、松本もテンパイで流局。

南1局1本場 滝沢の手牌 ©ABEMA
南1局1本場 流局 ©ABEMA

南1局2本場、滝沢が[五]のポンから発進して萬子のホンイツへ。西家の石橋も[西]をポンして手を進めると、黒沢がカン[二]待ちの三色テンパイ。

萬子仕掛けの滝沢を見やり、逡巡するがリーチを宣言。

南1局2本場 黒沢の手牌 ©ABEMA
南1局2本場 滝沢の手牌 ©ABEMA

滝沢が牌の入り方によっては、[二]が出る形だったが[白]が暗刻になりカン[八]待ちのテンパイ。[八]が果敢にリーチを宣言した黒沢のもとへ。滝沢12000の加点でトップ目松本に迫る。

次局は松本の一人テンパイで流局し、ラス目の黒沢の親番。南2局4本場。赤赤になった手牌から黒沢がドラの[南]を打ちだすと滝沢がポン。

南2局4本場 黒沢の手牌 ©ABEMA

黒沢がリーチにたどり着いたが滝沢がテンパイ。ツモって2000・4000で滝沢が松本をかわしトップ目に。

南2局4本場 滝沢 南・ドラ3 2000・4000 ©ABEMA

南3局は石橋がカン[四]のリーチ。黒沢もテンパイし、おいかけるも流局。

南3局1本場、松本がカン[④]から仕掛け[中]バック。[中]が鳴け、ドラの[4][二]のシャンポン待ちのテンパイにとると、すぐに滝沢から放たれた。

南3局1本場 松本 中・ドラ3・赤1 8000 ©ABEMA

トップ目滝沢からおおきな8000の直撃で捲り返す。

オーラスは石橋が3着キープの1000・2000ツモでゲームセット。

南4局 石橋 リーチ・ツモ・ドラ1 1000・2000 ©ABEMA

松本は個人連勝となった。

第1試合トップの松本  ©ABEMA

第1試合結果
1位 松本(ABEMAS)+67.0
2位 滝沢(麻雀格闘倶楽部)+17.5
3位 石橋(Pirates)▲26.5
4位 黒沢(雷電)▲58.0

点数推移グラフ ©ABEMA
第1試合詳細結果 ©ABEMA
第1試合終了時点チームランキング ©ABEMA

関連ページ

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top