麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

学生麻雀連盟
【12/27 Mリーグ2021 第1試合結果】高打点飛び交うジェットコースターゲーム!内川ツモリ四暗刻成就ならずも、高打点を決め続けトップ!サクラナイツは6位から3位に!

【12/27 Mリーグ2021 第1試合結果】高打点飛び交うジェットコースターゲーム!内川ツモリ四暗刻成就ならずも、高打点を決め続けトップ!サクラナイツは6位から3位に!

BULL2021求人健康マージャン全国会

麻雀プロリーグ「大和証券Mリーグ2021」49日目が12月27日(金)に開催された。

12月27日の対戦カード ©ABEMA
解説:土田浩翔 実況:日吉辰哉

第1試合出場選手

第1試合の出場選手 ©ABEMA

東:白鳥翔

南:滝沢和典

西:瀬戸熊直樹

北:内川幸太郎

第1試合

東1局、滝沢が国士無双へ向かう。

東1局 滝沢の手牌 ©ABEMA

親の白鳥がネックのカン[四]から仕掛けて、テンパイ。2000オールツモでスタート。

東1局 白鳥 タンヤオ・ドラ1・赤1 2000オール ©ABEMA

 

東1局1本場は滝沢が4巡目リーチ。1300・2600ツモ

東1局 1本場 滝沢 リーチ・ツモ・ピンフ・赤1 ©ABEMA

 

東2局は内川が123の三色を狙い、暗刻の[六]を1枚先に放ち、狙い通りのペン[三]待ちのリーチに。

東2局 瀬戸熊の手牌 ©ABEMA

瀬戸熊の手牌に内川のアガリ牌[三]が。自身の手牌には[四]が暗刻で、[六]はスジ。瀬戸熊からはかなり通りやすそうに見える。

瀬戸熊の放銃となり、内川5200のアガリとなった。

東2局 内川 リーチ・三色 5200 ©ABEMA

 

東3局、ラス目の瀬戸熊の親番。終盤に形式テンパイを入れ、流局。

東3局 流局 ©ABEMA

 

東3局1本場。白鳥が高目一盃口の先制リーチ。すると内川がツモり四暗刻をテンパイし、ヤミテン。

東3局1本場 白鳥の手牌 ©ABEMA
東3局1本場 内川の手牌 ©ABEMA

内川の手には白鳥の当たり牌[五]が暗刻で、白鳥高目の[二]が1枚山に残るのみ。

ツモリ四暗刻の[発]もまだ山にはあったが、白鳥がラス牌の[二]をツモ。2000・4000でリードを広げた。

東3局1本場 白鳥 リーチ・ツモ・一盃口・ドラ 2000・4000 ©ABEMA

 

 

 

 

東4局、親の内川が[中]をポン。

瀬戸熊ドラの[西]が対子で[白]が暗刻。カン[5]から仕掛けてペン[⑦]待ちのテンパイ。[白]も大明槓。

東4局 瀬戸熊の手牌 ©ABEMA

 

内川が[東]をポンして12000のテンパイ。

東4局 白鳥の手牌 ©ABEMA

白鳥は双方の仕掛けに撤退していたが、終盤に手詰まり。

瀬戸熊は索子、内川は筒子のホンイツ仕掛けにみえ、選ばれたのは対子の内川の当たり牌[五]

内川12000のアガリでトップ目に。

東4局 内川 ダブ東・中・赤1 12000 ©ABEMA

東4局1本場、白鳥が七対子ドラドラ赤の手牌を[南]単騎でリーチも、[南]がなかなか現れない。

東4局1本場 白鳥の手牌 ©ABEMA

すると内川、滝沢が追いつきテンパイ。内川が押し切って白鳥からアガリ、さらに加点。

東4局1本場 内川 タンヤオ・一盃口 3900 ©ABEMA

 

東4局2本場、白鳥が場風の[東]をポンしてテンパイすると、滝沢が[5][8]待ちのリーチ。

東4局2本場 白鳥の手牌 ©ABEMA

テンパイしている白鳥、一発目に持ってきたドラの[8]を打ちぬいた。

滝沢の12000のアガリとなり、内川をわずかにかわす。

東4局2本場 滝沢 リーチ・一発・ピンフ・ドラ1・赤2 12000 ©ABEMA

 

南1局、放銃が続いた白鳥の親番、手牌にドラの[5]が赤含みで対子。

南1局 滝沢の手牌 ©ABEMA

タンヤオで仕掛け、テンパイしていた滝沢から当たり牌が放たれる。

南1局 白鳥 タンヤオ・ドラ2・赤1 12000 ©ABEMA

 

南1局1本場、瀬戸熊がツモに翻弄されつつも、[6][9]待ちテンパイ。

一発でツモって2000・4000。3着目に浮上。

南1局1本場 瀬戸熊 リーチ・一発・ツモ・ピンフ・赤1 2000・4000 ©ABEMA

 

南2局、親の滝沢が先制リーチも、ヤミテンでテンパイしていた白鳥が[赤⑤]ツモで3000・6000。トップ目の内川を追いかける。

南2局 滝沢の手牌 ©ABEMA
南2局  白鳥 ツモ・一盃口・ドラ2・赤2 3000・6000 ©ABEMA

南3局は内川が先制リーチ。最後の親番の瀬戸熊、押していくが内川がツモ。オーラスへ。

南3局 内川 リーチ・ツモ・赤1 1300・2600 ©ABEMA

南4局、満貫ツモで2着に浮上するラス目の瀬戸熊。[①][④][⑦]待ちでリーチし、ツモ。惜しくも裏は乗らずに3着で終了。

東4局 瀬戸熊 リーチ・ツモ・ドラ1 1000・2000 ©ABEMA

このトップで内川は個人ポイントがプラス、チームを3位に押し上げた。

第1試合トップの黒沢 ©ABEMA

第1試合結果
1位 内川(サクラナイツ)+58.5
2位 白鳥(ABEMAS)+3.9
3位 瀬戸熊(雷電)▲19.5
4位 滝沢(麻雀格闘倶楽部)▲42.9

点数推移グラフ ©ABEMA
第1試合詳細結果 ©ABEMA
第1試合終了時点チームランキング ©ABEMA

第2試合結果記事

第2試合結果はコチラ

第2試合は堀が東1のリードを守りきってチーム連勝! ©ABEMA

関連ページ

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top