麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

CABOクィーンカップ
【12/28 Mリーグ2021 第1試合結果】超巨砲の倍満炸裂でトップ!松ヶ瀬が年内最終日に大仕事!茅森は6000オールで追いあげるもあと一歩届かず2着!

【12/28 Mリーグ2021 第1試合結果】超巨砲の倍満炸裂でトップ!松ヶ瀬が年内最終日に大仕事!茅森は6000オールで追いあげるもあと一歩届かず2着!

BULL2021求人ニルウッドカバー

麻雀プロリーグ「大和証券Mリーグ2021」50日目が12月28日(火)に開催された。

12月28日の対戦カード ©ABEMA
解説:渋川難波 実況:小林未沙

第1試合出場選手

第1試合の出場選手 ©ABEMA

東:鈴木たろう

南:茅森早香

西:松ヶ瀬隆弥

北:石橋伸洋

第1試合

東1局、たろうがドラの[8]暗刻のチャンス手。

東1局 たろうの手牌 ©ABEMA

 

[4]をチーしてテンパイすると、松ヶ瀬もテンパイしリーチ。

12000テンパイのたろうは真っ直ぐに向かうが、掴んだのは松ヶ瀬の当たり牌[⑥]

松ヶ瀬の5200のアガリとなった。

東1局 松ヶ瀬 リーチ・ドラ1・赤1 5200 ©ABEMA

 

東2局、石橋が東バックの仕掛けで[①]からポン。

東2局 石橋の手牌 ©ABEMA

 

石橋が切ったドラの[一]をポンしてたろうが圧をかけていく。

東2局 たろうの手牌 ©ABEMA

 

親の茅森はタンヤオ・ピンフ・赤1のテンパイを終盤でリーチ。

東2局 茅森手牌 ©ABEMA

 

アガリは出なかったが、たろうもテンパイを取り切り、流局。

東2局 流局 ©ABEMA

 

東2局1本場、連荘した親の茅森の先制リーチ。

東2局1本場 茅森の手牌 ©ABEMA

 

たろうが[①][④][⑦]待ちでテンパイし、追いかけリーチ。たろうの待ち牌は高目の[①]が山に1枚のみ。

東2局1本場 たろうの手牌

 

結果はたろうが茅森の当たり牌[2]を掴み放銃。茅森2000のアガリでさらに連荘。

東2局1本場 茅森 リーチ 2000 ©ABEMA

 

東2局2本場は石橋が先制リーチも、松ヶ瀬が高目二盃口のリーチで追いかける。

東2局2本場 石橋の手牌 ©ABEMA

ダブ東をしかけている親の茅森、共通安牌はなく、石橋の宣言牌[⑤]で松ヶ瀬に放銃。

松ヶ瀬12000のアガリでリード。

東2局2本場 松ヶ瀬 リーチ・一発・タンヤオ・ピンフ・二盃口 12000 ©ABEMA

 

東3局、石橋が高目三色のリーチ。

東3局 石橋の手牌 ©ABEMA

 

たろうが石橋の待ち牌[⑤][⑧]を吸収し、ドラ[9]を切って一向聴キープ。すると茅森が追いついてリーチ。

東3局 たろうの手牌 ©ABEMA
東3局 茅森の手牌 ©ABEMA

 

茅森のアガリ牌は残っていたが流局。

東3局 流局 ©ABEMA

 

東4局、たろうが自風の[南]をポン。

親の石橋もタンヤオで仕掛けていくと、松ヶ瀬がドラの[⑨][③]待ちのリーチ。

東4局 松ヶ瀬の手牌 ©ABEMA

 

石橋、たろうのチーが入るが、松ヶ瀬がドラの[⑨]をツモ。

東4局 石橋の手牌 ©ABEMA
東4局 たろうの手牌 ©ABEMA

暗刻の[5]がドラで倍満になった。

東4局 松ヶ瀬 リーチ・ツモ・ドラ6 4000・8000 ©ABEMA

 

南1局 茅森がドラドラでタンヤオで仕掛けると、親のたろうがリーチ。

南1局 たろうの手牌 ©ABEMA
南1局 茅森の手牌 ©ABEMA

 

石橋、茅森もテンパイし、3人テンパイで流局。

南1局1本場、石橋がペン[三]のテンパイ。

南1局1本場 石橋の手牌 ©ABEMA

 

松ヶ瀬も一盃口が完成したタンヤオの[③]単騎テンパイだが、後方から茅森が高目三色のリーチ。

一発目に親のたろうのもとにやってきたのは茅森の当たり牌、高目[3]

打ち抜いて茅森の跳満のアガリに。

南1局1本場 茅森 リーチ・一発・タンヤオ・ピンフ・三色・赤1 12000 ©ABEMA

 

南2局、[発]が暗刻の石橋。[南]をポンして手を進める。

親の茅森は索子のチンイツも狙える配牌だったが、一色手はみずに残した[五][六]がくっつき、リーチにたどり着く。

 

南2局 茅森の手牌 ©ABEMA

 

ツモって裏が1枚の6000オールで松ヶ瀬まであと一歩。

南2局 茅森 リーチ・ツモ・タンヤオ・ピンフ・ドラ1・赤1 6000オール ©ABEMA

 

南2局1本場、石橋がカン[五]先制リーチだが、松ヶ瀬、茅森も参戦し3軒リーチに発展。

南2局1本場 石橋の手牌 ©ABEMA
南2局1本場 松ヶ瀬の手牌 ©ABEMA
南2局1本場 茅森の手牌 ©ABEMA

親の茅森の[二][五][八]待ちは残り5枚で茅森のアガリ濃厚だと思われたが、先に現れたのは松ヶ瀬の当たり牌[3]

松ヶ瀬が茅森から5200をアガリ盤石のトップ目で親番を迎える。

南2局1本場 松ヶ瀬 リーチ・ドラ1・赤1 5200 ©ABEMA

 

南3局、石橋がカン[⑧]のリーチ。リーチのみだが、トップ目の松ヶ瀬は戦えないと読み、局を消化することに重きを置いた選択か。

南3局 石橋の手牌 ©ABEMA

 

終盤にたろうが[⑧]を重ね、テンパイしリーチも流局。

南3局 たろうの手牌 ©ABEMA
南3局 流局 ©ABEMA

 

南4局1本場、松ヶ瀬がテンパイ。赤もドラもないテンパイだが、ゲームを終わらせるためリーチ。結果は石橋の放銃となり、第1試合終了。

南4局1本場 松ヶ瀬 リーチ 1300 ©ABEMA

 

12月はトップがなかった風林火山だったが、年内最終日に大きなトップを持ち帰ることができた。

第1試合トップの松ヶ瀬 ©ABEMA

第1試合結果
1位 内川(サクラナイツ)+58.5
2位 白鳥(ABEMAS)+3.9
3位 瀬戸熊(雷電)▲19.5
4位 滝沢(麻雀格闘倶楽部)▲42.9

点数推移グラフ ©ABEMA
第1試合詳細結果 ©ABEMA
第1試合終了時点チームランキング ©ABEMA

第2試合結果記事

第2試合結果はコチラ!

第2試合は東城が熾烈な攻防を制してトップ! ©ABEMA

関連ページ

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top