麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

学生麻雀連盟
【12/28 Mリーグ2021 第2試合結果】年内最終戦を東城りおが親番での跳満ツモで制する!園田賢も巧みなプレーで応戦するも2着に

【12/28 Mリーグ2021 第2試合結果】年内最終戦を東城りおが親番での跳満ツモで制する!園田賢も巧みなプレーで応戦するも2着に

BULL2021求人健康マージャン全国会

麻雀プロリーグ「大和証券Mリーグ2021」50日目が12月28日(火)に開催された。

12月28日の対戦カード ©ABEMA
解説:渋川難波 実況:小林未沙

第1試合結果記事

第1試合結果記事はコチラ

第1試合は松ヶ瀬の倍満ツモで風林火山今月初トップ! ©ABEMA

第2試合出場選手

第2試合の出場選手 ©ABEMA

東:小林剛

南:二階堂亜樹

西:東城りお

北:園田賢

第2試合

東1局、巡目の早い亜樹の先制リーチ。

まっすぐに手を進めた園田が放銃。

東1局 園田の手牌 ©ABEMA

 

亜樹の8000のアガリでリード。

東1局 亜樹 リーチ・一発・ピンフ・ドラ1・赤1 8000 ©ABEMA

 

東2局は亜樹が[一]、園田が[1]を暗槓。

東2局 亜樹の手牌 ©ABEMA

先制は園田。[⑧]を引き入れリーチしてツモ。裏ドラは乗らなかったが2000・4000で失点を取り返した。

東2局 園田 リーチ・ツモ・ドラ 2000・4000 ©ABEMA

 

東3局、小林が[中]を仕掛けてドラのカン[⑥]待ちのテンパイ。

小林の仕掛けに亜樹、園田も少し引き気味に手を進めていくと、親の東城が[発]を暗刻にしたリーチ。

東3局 小林の手牌 ©ABEMA

小林の手が三色がついて満貫になったところで、東城が一発ツモ。裏ドラが1枚乗り、6000オールで一気にトップ目に立つ。

東3局 東城 リーチ・一発・ツモ・發・ドラ2 6000オール ©ABEMA

 

東3局1本場は小林が自風の[西]をポンしてテンパイ。東城からアガリ、局を進める。

東3局1本場 小林 西 1000 ©ABEMA

東4局は2枚目の自風[北]から発進した東城。

東4局 東城の手牌 ©ABEMA

小林が筒子のホンイツ、[発]で高目8000のテンパイ。

東4局 小林の手牌 ©ABEMA

今にも園田から出るかと思われたが、園田が[⑤]を対子で落として回る。

するとドラの[3]を持ってきた小林。東城に切り切れず、対子の[⑦]をおとす。

東4局 小林の手牌 ©ABEMA

逡巡して[⑦]を落した小林の様子に、テンパイした園田が先ほどまで当たり牌だった[発]を切ってリーチ。

東4局 園田の手牌 ©ABEMA

一発でツモって6000オールになり、トップ目が入れ替わる。

東4局 園田 リーチ・一発・ツモ・タンヤオ・ピンフ・赤1 6000オール ©ABEMA

東4局1本場、園田がダブ東を仕掛けてドラの[⑨]なら跳満のテンパイ。

東4局1本場 園田の手牌 ©ABEMA

 

亜樹も[⑥][⑨]待ちのテンパイとなり、リーチも流局。

東4局1本場 亜樹の手牌 ©ABEMA

 

東4局2本場は、小林がタンヤオピンフをリーチしてツモ。1300・2600のアガリで南入。

東4局2本場 小林 リーチ・ツモ・タンヤオ・ピンフ 1300・2600 ©ABEMA

南1局、親の小林がカン[八]をチー。789三色の仕掛けだが、小林の上家の園田は[⑨]を切らずに絞る。

南1局 園田の手牌 ©ABEMA
南1局 小林の手牌 ©ABEMA

結果は小林の一人テンパイで流局。

南1局 流局 ©ABEMA

 

南1局1本場、[南][発]が対子の小林。[南]が暗刻になり、メンホンテンパイをヤミテン。

東城がカン[8]をリーチとすると、園田が宣言牌の[六]をチーしてフリテンの[⑤][⑧]待ちタンヤオでテンパイ。

南1局1本場 園田の手牌 ©ABEMA
南1局1本場 園田の手牌 ©ABEMA

 

小林のもとにやってきたのは[赤五]。ツモ切りリーチでぶつかる。

南1局1本場 小林の手牌 ©ABEMA

結果は東城がツモ。1000・2000で小林の大物手がつぶれた。小林に暗刻の[南]が裏ドラとなっており、小林がツモれば三倍満という場面だった。

南1局1本場 東城 リーチ・ツモ・ドラ1 1000・2000 ©ABEMA

 

南2局、東1局に満貫をアガってからツモられて失点し、ラス目になった亜樹の親番。加点したいところだが、小林が東城からアガり、亜樹の親が落ちる。

南2局 小林 タンヤオ・赤1 2000 ©ABEMA

微差だが園田がトップ目に。

南3局、親の東城が2900をライバル園田から直撃。再びトップ目が入れ替わる。

南3局 園田の手牌
南3局 東城 タンヤオ・赤1 2900 ©ABEMA

 

南3局はその後4本場までアガリが出ず、東城の連荘が続く。

4本場に小林が東城から3900をアガりオーラスへ。

南3局 小林 タンヤオ・ドラ1・赤1 3900 ©ABEMA

 

オーラスは東城が七対子の[西]単騎でアガリきりゲーム終了。熾烈な攻防を制してトップを勝ち取った。

南4局 東城 七対子 1600 ©ABEMA

 

フェニックスはチームの連続ラス無し記録を26試合に伸ばし、チームポイントは+100に迫った。

第2試合トップの東城 ©ABEMA

第2試合結果
1位 東城(フェニックス)+55.9
2位 園田(ドリブンズ)+10.2
3位 小林(Pirates)▲14.9
4位 亜樹(風林火山)▲51.2

点数推移グラフ ©ABEMA
第2試合詳細結果 ©ABEMA

12月28日トータル結果

フェニックス(茅森2着・東城1着)+73.8
風林火山(松ヶ瀬1着・亜樹4着)+28.5
Pirates(石橋3着・小林3着)▲47.1
ドリブンズ(たろう4着・園田2着)▲55.2

フェニックスがラス無し継続でスコアを伸ばし、3位サクラナイツの背後まで迫った。風林火山は12月初勝利となったが、亜樹の連続2着記録は9戦でストップ。ドリブンズは厳しい展開となったが、園田が巧みなプレーで持ちこたえた。

12月28日終了時点のチームランキング ©ABEMA
1月3日の対局チーム ©ABEMA
12月28日終了時点の個人ランキング

関連ページ

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top