麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

CABOクィーンカップ
【1/3 Mリーグ2021 第2試合結果】東城りおが大きな放銃にも怯まず攻めの姿勢を貫き個人、チーム共に3連勝でチームポイント+200を突破!

【1/3 Mリーグ2021 第2試合結果】東城りおが大きな放銃にも怯まず攻めの姿勢を貫き個人、チーム共に3連勝でチームポイント+200を突破!

BULL2021求人健康マージャン全国会

麻雀プロリーグ「大和証券Mリーグ2021」51日目が1月3日(月)に開催された。

1月3日の対戦カード ©ABEMA
解説:萩原聖人 実況:日吉辰哉

第1試合結果記事

第1試合結果記事はコチラ

第1試合は魚谷がノーテンリーチ後も冷静に打ち回しトップ! ©ABEMA

第2試合出場選手

第2試合の出場選手 ©ABEMA

東:東城りお

南:日向藍子

西:岡田紗佳

北:伊達朱里紗

第2試合

東1局、日向の先制リーチに親の東城が真っ直ぐに打ち抜き、日向が8000のアガリ。

東1局 日向の手牌 ©ABEMA
東1局 東城の手牌 ©ABEMA
東1局 日向 リーチ・一発・ピンフ・赤1 8000 ©ABEMA

 

東2局、岡田が純チャン、またはドラの[東]の重なりを見た[1]ポンから発進。

東2局 岡田の手牌 ©ABEMA

 

しかし、伊達、東城のリーチが飛んでくる。

東2局 伊達の手牌 ©ABEMA
東2局 東城の手牌 ©ABEMA

岡田に共通安牌はなく、選ばれた[9]で伊達に1300の放銃となった。

東2局 岡田の手牌 ©ABEMA
東2局 伊達 1300 ©ABEMA

 

東3局、東城がヤミテン8000の手を積極的にリーチしてツモ。3000・6000で2着目に浮上。

東3局 東城 リーチ・ツモ・タンヤオ・ピンフ・ドラ2 3000・6000 ©ABEMA

東4局、親の伊達が678三色が完成した[①][④]待ちリーチ。

東4局 伊達の手牌 ©ABEMA

 

伊達がリーチ後に切った[赤5]を東城がチー。伊達の現物[一]での片アガリ三色のテンパイ。

東4局 東城の手牌 ©ABEMA

岡田から[一]が後々放たれるかと思われたが、東城が持ってきたのは伊達の当たり牌[①]

[①]を切ってテンパイを維持すると伊達の7700のアガリ。

東4局 伊達 リーチ・三色 7700 ©ABEMA

東4局1本場 東城がペン[七]を引き入れて一盃口が完成したリーチ。

東4局1本場 東城の手牌 ©ABEMA

東城の早いリーチに一向聴の岡田が押していくが、[②]で東城に放銃。

東4局1本場 岡田の手牌 ©ABEMA

裏が2枚乗って東城の12000のアガリとなった。

東4局1本場 東城 リーチ・ピンフ・一盃口・ドラ2・赤1 12000 ©ABEMA

 

南1局、日向がピンフのテンパイをヤミテン。

伊達から日向の当たり牌[七]が放たれるかと思われたが、役牌の[中]でもなく、対子の[東]を落してこの段階で一歩引きに回る。

南1局 伊達の手牌 ©ABEMA

結果日向が[七]をツモって局が進む。

南1局 日向 ピンフ・ツモ 400・700 ©ABEMA

1着目から3着目まで400点差に詰まる超僅差で南2局へ。

南2局は東城が4巡目ドラドラのペン[7]待ちをリーチ。

南2局 東城の手牌 ©ABEMA

東城の河にはリーチの1巡前に[4]が切られており、スジの[7]で岡田が放銃。

南2局 岡田の手牌 ©ABEMA

東城が5200のアガリで一つ抜け出す。

南2局 東城 リーチ・ドラ2 5200 ©ABEMA

 

南3局、ここまでアガリがない岡田の親番。先制をとりたいが、東城がピンフ・赤1をヤミテン。

日向が[⑧]で東城に放銃。オーラスへ。

南3局 東城 ピンフ・赤1 2000 ©ABEMA

 

南4局、東城が[3][6]待ちで先制リーチ。

3着目の日向にドラが重なり、押す姿勢を見せるが東城が高目の[3]ツモってゲーム終了。

南4局 日向の手牌 ©ABEMA

裏ドラが2枚乗り3000・6000の跳満になり、伊達が親被って3着に落ち、日向が2着に浮上した。

南4局 東城 リーチ・ツモ・一盃口・ドラ2・赤1 3000・6000 ©ABEMA

 

どんな状況でもまっすぐに打ち抜いた東城は今回のトップで個人3連勝。チームのラス回避は28試合目と絶好調ぶりを見せる試合となった。

第2試合トップの東城 ©ABEMA

第2試合結果
1位 東城(フェニックス)+71.1
2位 日向(ABEMAS)+6.5
3位 伊達(麻雀格闘倶楽部)▲14.4
4位 岡田(サクラナイツ)▲63.2

点数推移グラフ ©ABEMA
第2試合詳細結果 ©ABEMA

1月3日トータル結果

フェニックス(魚谷1着・東城1着)+116.6
ABEMAS(多井3着・日向2着)▲16.0
サクラナイツ(堀2着・岡田4着)▲42.7
麻雀格闘倶楽部(寿人4着・伊達3着)▲77.9

フェニックスが連勝で大きくスコアを伸ばしトータルポイントは200を突破。麻雀格闘倶楽部は苦戦し首位まで臨める位置に立った。また、連続ラス回避記録も28まで伸ばし、あと3戦でMリーグ記録となる。

1月3日終了時点のチームランキング ©ABEMA
1月4日の対局チーム ©ABEMA
1月3日終了時点の個人ランキング

関連ページ

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top