麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

スリアロチャンネル
【1/3 Mリーグ2021 第1試合結果】魚谷チョンボも戦う姿勢を崩さず執念のトップ!堀はオーラスに逆転手をリーチもツモれず2着!

【1/3 Mリーグ2021 第1試合結果】魚谷チョンボも戦う姿勢を崩さず執念のトップ!堀はオーラスに逆転手をリーチもツモれず2着!

BULL2021求人健康マージャン全国会

麻雀プロリーグ「大和証券Mリーグ2021」51日目が1月3日(月)に開催された。

1月3日の対戦カード ©ABEMA
解説:萩原聖人 実況:日吉辰哉

第1試合出場選手

第1試合の出場選手 ©ABEMA

東:佐々木寿人

南:堀慎吾

西:多井隆晴

北:魚谷侑未

入場シーンの選手紹介は解説の萩原聖人が行った。

第1試合

東1局、多井が[東]をポンして筒子のホンイツへ。ドラの[①]が暗刻でテンパイ。

東1局 多井の手牌 ©ABEMA

筒子模様の多井の仕掛けに、上家の堀は筒子を絞る。

魚谷は七対子の[2]単騎でテンパイ。ヤミテンとし、[⑦]単騎でテンパイを取り切った。

東1局 魚谷の手牌 ©ABEMA
東1局 流局 ©ABEMA

 

東2局1本場、魚谷が七対子の一向聴から[三]ポンから発進してトイトイへ。

東2局1本場 魚谷の手牌 ©ABEMA

魚谷が[④]もポンして一向聴だが、多井がリーチしてツモ。

東2局1本場 多井 リーチ・ツモ・ピンフ・赤 1300・2600 ©ABEMA

 

東3局親番の多井、ドラのペン[三]がネックだったがすぐに引き入れ勝負手に。

東3局 多井の手牌 ©ABEMA

 

すると魚谷がカン[6]待ちの三色テンパイにとってリーチ。

東3局 多井の手牌 ©ABEMA
東3局 多井の手牌 ©ABEMA

一発目に多井のもとへ[6]が。テンパイして放銃。魚谷の5200のアガリに。

 

東3局 魚谷 リーチ・三色 5200 ©ABEMA

 

東4局は多井が5巡目リーチを[赤⑤]で一発ツモ。失点をすぐに取り返し、トップ目で南入。

東4局 多井 リーチ・一発・ツモ・タンヤオ・ピンフ・赤2 3000・6000 ©ABEMA

 

南1局、堀が[三]単騎七対子をノータイムでリーチ。

南1局 堀の手牌 ©ABEMA

[三]はリーチ時山に全て残っていた。

南1局 寿人の手牌 ©ABEMA

 

親の寿人も[発]が暗刻で[④]をチーしてテンパイするも、[三]を掴み堀に放銃。堀の6400のアガリで微差の3着目。

南1局 堀 リーチ・タンヤオ・七対子 6400 ©ABEMA

 

南2局、寿人が三色確定のペン[七]待ちリーチ。

南2局 寿人の手牌 ©ABEMA

魚谷が[南][発][西]とポンして[④][⑦]待ちテンパイ。

寿人の待ち[七]は山からなくなり、寿人が[④]を掴んで魚谷に放銃。

魚谷5200のアガリで多井を追いかける。

南2局 魚谷 南・發・西 5200 ©ABEMA

南3局は魚谷がノーテンリーチ。

南3局 魚谷の手牌 ©ABEMA

寿人も追いかけるがアガリは出ずに魚谷のチョンボ。無効局となり、試合後、魚谷の個人成績から20ポイントがマイナスされる。

南3局 寿人の手牌 ©ABEMA

 

リーチ棒は寿人、魚谷に戻り、やり直しとなった南3局。

堀が三色確定の[5][8]待ちリーチ。

南3局 堀の手牌 ©ABEMA

親の多井が[東]暗刻の手牌で仕掛け[1][4]待ちテンパイだが、堀が[5]ツモ。

南3局 多井の手牌 ©ABEMA

 

3000・6000で一気にトップ目に立ち、オーラスへ。

南3局 堀 リーチ・ツモ・ピンフ・三色・ドラ1 3000・6000 ©ABEMA

 

南4局、堀が自風の[西]バックでテンパイ。

南4局 堀の手牌 ©ABEMA

 

堀の仕掛けに間に合わないと、魚谷も[⑦]を両面でチーして[4]の片アガリテンパイ。

結果魚谷が[4]をツモって6000オール。一気に突き放す。

南4局 魚谷 タンヤオ・ドラ3・赤2 6000オール ©ABEMA

 

南4局1本場寿人が素点回復の[二][五]待ちリーチも、山からなくなる。

南4局1本場 寿人の手牌 ©ABEMA

堀が追いつき、ツモって跳満なら逆転トップ。

待ちどりを[③][⑥][②][⑤][⑧]の変則三面張にとるかで[②][⑤][⑧]とし、リーチ。[②][⑤][⑧]の方が山に多く残っていたが、先に手元に来たのは[③]であった。

南4局1本場 堀の手牌 ©ABEMA

 

多井も[二][五]のシャンポンで追いかけるが、すでに待ちは山になく、[⑧]を掴んで堀に放銃。

南4局1本場 多井の手牌 ©ABEMA

堀の8000のアガリでゲーム終了。

南4局1本場 堀 リーチ・タンヤオ・ドラ・赤2 8000 ©ABEMA

 

戦う姿勢を崩すことなく、最後まで戦った魚谷のトップ。フェニックスはチーム連勝となった。

 

第1試合トップの魚谷 ©ABEMA

第1試合結果
1位 魚谷(フェニックス)+65.5(▲20.0)
2位 堀(サクラナイツ)+20.5
3位 多井(ABEMAS)▲22.5
4位 寿人(麻雀格闘倶楽部)▲63.5

点数推移グラフ ©ABEMA
第1試合詳細結果 ©ABEMA
第1試合終了時点チームランキング ©ABEMA

第2試合結果記事

第2試合結果はコチラ

第2試合は東城が攻めの姿勢を貫き個人、チーム3連勝! ©ABEMA

関連ページ

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top