麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

CABOクィーンカップ
【3/1  Mリーグ2021 第2試合結果】東場にアガリを重ねた黒沢咲が完勝で雷電が10月5日以来のチーム連勝を飾る!混戦の2着争いは多井隆晴が制する!

【3/1 Mリーグ2021 第2試合結果】東場にアガリを重ねた黒沢咲が完勝で雷電が10月5日以来のチーム連勝を飾る!混戦の2着争いは多井隆晴が制する!

BULL2021求人朝宮あろま

麻雀プロリーグ「大和証券Mリーグ2021」84日目が3月1日(火)に開催された。

3月1日の対戦カード ©ABEMA
解説:藤崎智 実況:日吉辰哉 ©ABEMA
3月31日 第1試合終了時点のチームランキング ©ABEMA
レギュラーシーズンポイント推移 ©ABEMA

第1試合結果記事

第1試合結果記事はコチラ

第1試合 瀬戸熊が11月2日以来久々のトップ! ©ABEMA

第2試合出場選手

第2試合の出場選手 ©ABEMA

東:堀慎吾

南:二階堂亜樹

西:多井隆晴

北:黒沢咲

4着回避率1位の多井と2位の堀に注目。

第2試合

東1局、堀が[③]を暗槓してリーチ。終盤に黒沢が[発][六]のシャンポンで追いかけると、テンパイしていた亜樹が[発]を一発でキャッチ。

東1局 堀の手牌 ©ABEMA
東1局 黒沢の手牌 ©ABEMA
東1局 亜樹の手牌 ©ABEMA

小考するが1枚切れの[発]が打ちだされ、黒沢の8000のアガリとなった。

東1局 黒沢 リーチ・一発・發・ドラ1 赤1 ©ABEMA

東2局、多井が3900をアガって東3局親番。12000のテンパイも流局。

東2局 多井 東・ドラ1・赤1 3900 ©ABEMA
東3局 流局 ©ABEMA

東3局1本場は黒沢が全員テンパイのところ競り勝ち、次局親番で5800、4000オールとアガってトップ目に立った。

東3局1本場 黒沢 リーチ・ツモ・ピンフ・赤1 1300・2600 ©ABEMA
東4局 黒沢 ダブ東・ドラ1 5800 ©ABEMA
東4局 黒沢 リーチ・ツモ・タンヤオ・赤1 4000オール ©ABEMA

東4局2本場、堀が萬子が多めの手牌でしかけて、ホンイツ[南]単騎テンパイ。亜樹からリーチがくる。

東4局2本場 堀の手牌 ©ABEMA

亜樹のリーチに[赤5]を掴み撤退気味の堀。

東4局2本場 亜樹の手牌 ©ABEMA

終盤に安全牌が切れ、ワンチャンスの[一]で放銃となった。

東4局2本場 堀の手牌 ©ABEMA
東4局2本場 亜樹 リーチ・ピンフ・ドラ1・赤1 8000 ©ABEMA

南1局、ラス目の堀の親の落そうと多井が[中]の後付けで仕掛けてテンパイも、亜樹、堀のリーチに挟まれる。

南1局 多井の手牌 ©ABEMA
南1局 亜樹の手牌 ©ABEMA
南1局 堀の手牌 ©ABEMA

堀のリーチの一発目、多井の手に雀頭で使っていた[四]が暗刻に。[四]は堀の当たり牌だが、二人の共通安全牌は無く、テンパイを維持し[四]で堀に一発放銃となった。

南1局 多井の手牌 ©ABEMA
南1局 堀 リーチ・一発・ピンフ・ドラ1 12000 ©ABEMA

次局も堀が2900、続けて12000をアガって一気に2着目に浮上した。

南1局2本場 堀 リーチ・一発・三色・赤1 12000 ©ABEMA

南1局3本場、亜樹が[東]を暗槓してリーチも、追いかけリーチの多井のアガリに。亜樹は箱下に沈む。

南1局3本場 亜樹の手牌 ©ABEMA
南1局3本場 多井 リーチ・ピンフ・ドラ1・赤2 8000 ©ABEMA

南2局、カン[7]待ちでテンパイした多井。リーチはせずヤミテンにとりそのままツモアガリ親番を迎える。

南2局 多井 ツモ・ドラ1・赤1 1000・2000 ©ABEMA

南3局[白]を仕掛けてドラ3の亜樹がツモアガってオーラスへ。

南3局 亜樹 白・ドラ3 2000・4000 ©ABEMA

南4局、堀に8000のヤミテンが入る。しかし、カン[三]テンパイを外し、タンヤオで仕掛けた多井がアガリ切り、3着目から2着に浮上しゲーム終了。

南4局 堀の手牌 ©ABEMA
南4局 多井 タンヤオ・ドラ2 1000・2000 ©ABEMA

雷電開幕日以来の同日連勝となった。

渚のリーチ! 大好評発売中!

 

 

第2試合トップの黒沢 ©ABEMA

第2試合結果
1位 黒沢(雷電)+70.7
2位 多井(ABEMAS)+7.0
3位 堀(サクラナイツ)▲14.1
4位 亜樹(風林火山)▲63.6

点数推移グラフ ©ABEMA
第2試合詳細結果 ©ABEMA

3月1日トータル結果

雷電(瀬戸熊1着・黒沢1着)+136.8
サクラナイツ(沢崎2着・堀3着)+3.8
ABEMAS(日向3着・多井2着)▲24.6
風林火山(松ヶ瀬4着・亜樹4着)▲116.0

雷電が意地を見せて同日連勝を決めた。首位だった風林火山が苦しい連続4着となり4位陥落。上位争いはまだまだ大混戦の様相だ。

3月1日終了時点のチームランキング ©ABEMA
3月3日の対局チーム ©ABEMA
3月1日終了時点の個人ランキング

関連ページ

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top