麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

学生麻雀連盟
【3/28  Mリーグ2021-22 SF5日目 第2試合結果】全員集合の大接戦を制した配牌降りの決断! 白鳥翔がトップでABEMASはセミファイナル3勝目!

【3/28 Mリーグ2021-22 SF5日目 第2試合結果】全員集合の大接戦を制した配牌降りの決断! 白鳥翔がトップでABEMASはセミファイナル3勝目!

BULL2021求人ニルウッドカバー

麻雀プロリーグ朝日新聞Mリーグ2021-22セミファイナルシリーズ、5日目が3月28日(月)に開催された。

3月28日の対戦カード ©ABEMA
解説:藤崎智 実況:日吉辰哉 ©ABEMA
3月25日終了時点の成績 ©ABEMA

【Mリーグ】『M.LEAGUE(Mリーグ)』のポップアップストアイベントが4月9日~4月25日にかけて秋葉原で開催決定!

第1試合結果

第1試合結果記事はコチラ

第1試合は2度の放銃も復活した亜樹 セミファイナル初勝利 ©ABEMA

第2試合出場選手

第2試合の出場選手 ©ABEMA

東:近藤誠一

南:内川幸太郎

西:勝又健志

北:白鳥翔

第2試合

白鳥が東1局3900、東2局テンパイ、東3局1本場2000・4000と順調に加点。

東3局1本場 リーチ・ツモ・白・赤1 2000・4000 ©ABEMA

東4局は勝又と近藤の同テンリーチ対決。近藤は1枚捨てている[北]を引き戻してのメンホンテンパイ。

東4局 近藤の手牌 ©ABEMA

軍配は勝又、2000・4000のアガリで全員僅差で南入。

東4局 勝又 リーチ・ツモ・一盃口・赤1 2000・4000 ©ABEMA

南1局、親番の近藤が2000オール、1000オールのアガリで連荘。

南1局 近藤 リーチ・ツモ・ドラ1 2000オール ©ABEMA
南1局1本場 近藤 發・ドラ1 1000オール ©ABEMA

次局、これまでアガリのなかった内川がタンヤオピンフ赤赤のテンパイ。ヤミテンにとり、ツモアガってさらに僅差に。この局、親の近藤には一手変わり四暗刻の18000のテンパイが入っていた。

南1局1本場 近藤の手牌 ©ABEMA
南1局2本場 内川 ツモ・タンヤオ・ピンフ・赤2 2000・4000 ©ABEMA

オーラスまでこの膠着状態が続いた。南4局に白鳥が1300オールのアガリに成功。その後の1本場、白鳥は2着目内川と4100点差ついていることもあり、配牌降りを決断。勝又がツモれば4着からトップになるリーチをかけるが、内川の2000のアガリで決着した。内川は僅かに打点が足りずに2着確保のアガリとなり、白鳥が逃げ切りトップとなった。

南4局2本場 勝又の手牌 ©ABEMA
南4局2本場 内川 西・ドラ1 2000 ©ABEMA
第2試合トップの白鳥 ©ABEMA

第2試合結果
1位 白鳥(ABEMAS)+49.7
2位 内川(サクラナイツ)+8.9
3位 近藤(フェニックス)▲15.1
4位 勝又(風林火山)▲43.5

点数推移グラフ ©ABEMA
第2試合詳細結果 ©ABEMA

3月28日トータル結果

ABEMAS(日向2着・白鳥1着)+55.7
風林火山(亜樹1着・勝又4着)+8.1
サクラナイツ(沢崎4着・内川2着)▲30.8
フェニックス(茅森3着・近藤3着)▲33.0

混戦の状況は続いているが、上位3チーム、下位3チームという様相で中盤戦に突入していく事になりそうだ。

風林火山は亜樹のトップでプラスに浮上したが、勝又の4着で再びマイナス圏に。一刻も早く上位にくらいついていきたい所だ。

3月28日終了時点のチームランキング ©ABEMA
セミファイナルシリーズ5日目 3月29日の対局チーム ©ABEMA
3月28日終了時点のSF個人ランキング

関連ページ

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top