麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

CABOクィーンカップ
【4/8  Mリーグ2021-22 SF最終日 第1試合結果】復帰した松ヶ瀬隆弥がトップで風林火山望みをつなぐ!

【4/8 Mリーグ2021-22 SF最終日 第1試合結果】復帰した松ヶ瀬隆弥がトップで風林火山望みをつなぐ!

BULL2021求人朝宮あろま

麻雀プロリーグ朝日新聞Mリーグ2021-22セミファイナルシリーズ、最終日が4月8日(金)に開催された。

4月8日の対戦カード ©ABEMA
解説:渋川難波 実況:松嶋桃 ©ABEMA
4月7日終了時点のチームランキング ©ABEMA

第1試合出場選手

第1試合の出場選手 ©ABEMA

東:滝沢和典

南:白鳥翔

西:石橋伸洋

北:松ヶ瀬隆弥

第1試合

東1局、石橋が滝沢のリーチに追いかけ、2000・4000のアガリでリード。

東1局 滝沢の手牌 ©ABEMA
東1局 石橋 リーチ・ツモ・赤2 2000・4000 ©ABEMA

東2局流局を挟んで東3局1本場、[発]が暗刻の松ヶ瀬。ペン[③]をチーしてテンパイ。すぐにツモって親番を迎える。

東3局1本場 松ヶ瀬 發・ドラ1 700・1300

東4局、親番の松ヶ瀬、ドラの[発]が対子で萬子が多めの手牌。メンホン七対子の一向聴になるが、白鳥が1000・2000のツモアガリで南入。

東4局 松ヶ瀬の手牌 ©ABEMA
東4局 白鳥 リーチ・ツモ・ドラ1 1000・2000 ©ABEMA

南1局は滝沢がカン[六]待ちのヤミテンから、カン[四]待ちに変化しリーチ。

2000オールのツモアガリで4人の点差が縮まる。

南1局 滝沢 リーチ・ツモ 2000オール ©ABEMA

次局は白鳥がドラの[③]待ちのリーチ。

南1局1本場 白鳥の手牌 ©ABEMA

松ヶ瀬がまっすぐ手に手を進めて[六]を打ち抜くが、テンパイしていた滝沢のアガリとなり、連荘。

南1局1本場 松ヶ瀬の手牌 ©ABEMA
南1局1本場 滝沢 タンヤオ 2000 ©ABEMA

次局は松ヶ瀬が最終手番でテンパイを入れ、1人テンパイで流局。

その後大きなアガリは出ずに拮抗していたが、大きく点数が動いたのは南3局5本場。

松ヶ瀬が七対子のダブドラの[赤五]単騎でテンパイしヤミテンとすると、一向聴の石橋から[五]が放たれ、松ヶ瀬12000のアガリで突き放したトップ目に躍り出た。

南3局5本場 石橋の手牌 ©ABEMA
南3局5本場 松ヶ瀬 七対子・ドラ2・赤2 12000 ©ABEMA

ファイナルへ進出するためには大きなトップが必要な風林火山。辛くも先制テンパイでリーチを繰り出し連荘するが、南4局1本場に白鳥が押し切り、1000・2000のアガリを決めて第1試合は終了した。

南4局1本場 松ヶ瀬の手牌 ©ABEMA
南4局1本場 白鳥 タンヤオ・赤2 1000・2000 ©ABEMA

この第1試合の結果を受け、ボーダーはセガサミーフェニックスの120.2ポイント。

対セガサミーフェニックスとすると、ファイナルに進出するには、5位で31.6ポイントのPiratesは68600点以上のトップ、6位でマイナス15.6ポイントの風林火山は115800点以上のトップが必要となった。

第1試合トップの松ヶ瀬 ©ABEMA

第1試合結果
1位 松ヶ瀬(風林火山)+53.8
2位 白鳥(ABEMAS)+8.4
3位 滝沢(麻雀格闘倶楽部)▲16.9
4位 石橋(Pirates)▲45.3

点数推移グラフ ©ABEMA
第1試合詳細結果 ©ABEMA
第1試合終了時点のトータルランキング ©ABEMA

第2試合結果記事

関連ページ

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top