麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

スリアロチャンネル
【10/11 Mリーグ2022-23 第2試合結果】東城りおが跳満ツモのリードを活かして今期初勝利!鈴木優は初勝利はならずも僅差の2着を確保!

【10/11 Mリーグ2022-23 第2試合結果】東城りおが跳満ツモのリードを活かして今期初勝利!鈴木優は初勝利はならずも僅差の2着を確保!

BULL2021求人ニルウッドカバー

麻雀プロリーグ「大和証券Mリーグ2022-23」6日目が10月11日(火)に開催された。

10月11日の対戦カード ©ABEMA
解説:土田浩翔 実況:小林未沙 ©ABEMA

第1試合結果記事

第2試合出場選手

第2試合の出場選手 ©ABEMA

東:東城りお

南:堀慎吾

西:鈴木優

北:滝沢和典

第2試合

東1局、優が高目三色のピンフドラ1リーチ。

東1局 優の手牌 ©ABEMA

 

堀が[中]の片アガリでテンパイし、押していくが、[1]をつかみ、放銃。優の8000のアガリになった。

東1局 堀の手牌 ©ABEMA
東1局 優 リーチ・ピンフ・三色・ドラ1 8000 ©ABEMA

 

東2局、親の堀の先制リーチに、[中]を仕掛けてソーズのホンイツに向かっていた滝沢が対応しつつテンパイを取り、堀からアガリきる。

東2局 堀の手牌 ©ABEMA
東2局 滝沢 中 1000 ©ABEMA

 

東3局は滝沢のリーチに他家が引いて、滝沢の一人テンパイで流局。

東3局 滝沢の手牌 ©ABEMA

 

東4局1本場、親の滝沢の先制リーチに、三色が完成した東城が追いかける。

東4局1本場 滝沢の手牌 ©ABEMA

軍配は東城。跳満ツモでトップ目に立った。

東4局1本場 東城 リーチ・ツモ・ピンフ・三色・ドラ1 3000・6000 ©ABEMA

南1局はダブ南を仕掛けた堀がドラの[白]を重ね、[赤⑤][赤五]を使い切って3000・6000のアガリを決め、次局親番でも2000オールと加点し、全員の点差が僅差になる。

南1局 堀 ダブ南・赤2・ドラ2 3000・6000 ©ABEMA
南2局 堀 リーチ・ツモ・赤1 2000オール ©ABEMA

南2局1本場は滝沢が[南]単騎待ちの七対子でリーチ。

南2局 滝沢の手牌 ©ABEMA

ドラ2の親の堀、カン[2]を引いて手牌が進むと、対子の[南]に手がかかる。

南2局1本場 堀の手牌 ©ABEMA

裏ドラが乗り、滝沢の8000のアガリとなり、全員さらに僅差に。

南2局1本場 滝沢 リーチ・七対子・ドラ2 8000 ©ABEMA

南3局は東城が満貫ツモアガリを決めて頭一つ抜け出した。

南3局 東城 リーチ・一発・ツモ・ドラ1・赤1 ©ABEMA

 

オーラスは優が2600のアガリで3着から2着に着順アップでゲームセット。

南4局 リーチ・赤1 2600 ©ABEMA

東城は初戦のラスを払拭するトップを持ち帰った。

第2試合トップの東城 ©ABEMA

第2試合結果
位 東城(フェニックス)+55.7
2位 優(Pirates)+2.5
3位 滝沢(麻雀格闘倶楽部)▲17.8
4位 堀(サクラナイツ)▲40.4

点数推移グラフ ©ABEMA
第2試合詳細結果 ©ABEMA

10月11日トータル結果

フェニックス(魚谷3着・東城1着)+45.4
麻雀格闘倶楽部(寿人1着・滝沢3着)+43.3
サクラナイツ(渋川2着・堀4着)▲20.5
Pirates(仲林4着・優2着)▲68.3

フェニックス、麻雀格闘倶楽部がそれぞれ加点に成功してチーム順位を上げた。サクラナイツ、Piratesは新メンバーはなかなか初勝利を掴めずも好プレーは随所に現れている。今後の闘牌にも期待は十分持てそうだ。

第2試合終了時点のトータルランキング ©ABEMA
10月13日の対戦カード ©ABEMA
10月11日終了時点の個人スコア

関連ページ

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top