麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

学生麻雀連盟
【10/14 Mリーグ2022-23 第1試合結果】多井隆晴が怒涛の親番連荘と攻守のパーフェクトバランスで快勝!接戦の2着争いはたろうが制す!

【10/14 Mリーグ2022-23 第1試合結果】多井隆晴が怒涛の親番連荘と攻守のパーフェクトバランスで快勝!接戦の2着争いはたろうが制す!

BULL2021求人朝宮あろま

麻雀プロリーグ「大和証券Mリーグ2022-23」8日目が10月14日(金)に開催された。

10月14日の対戦カード ©ABEMA
解説:松ヶ瀬隆弥 実況:松嶋桃 ©ABEMA

第1試合出場選手

第1試合の出場選手 ©ABEMA

東:高宮まり

南:鈴木たろう

西:近藤誠一

北:多井隆晴

第1試合

東1局、近藤に赤1・ドラ2の大物手が入る。

東1局 近藤の手牌 ©ABEMA

しかし最初のテンパイは親番の高宮。

[7]を仕掛け一気通貫に取る。待ちはドラの[2]

東1局 高宮の手牌 ©ABEMA

直後に多井がテンパイ、小考の末[2]を打ち出し放銃となった。

東1局 多井の手牌 ©ABEMA

高宮が5800の加点。

東1局 高宮 一気通貫・赤1・ドラ1 5800 ©ABEMA

東3局3本場、好配牌の多井が次々と有効牌を引き入れ4巡目にテンパイ。

供託も2本ある局面、ダマに受ける。

東3局3本場 多井の手牌 ©ABEMA

たろうが[四]を選び放銃。

東3局3本場 たろうの手牌 ©ABEMA

多井が5200のアガリで原点以上に復帰した。

東3局3本場 多井 タンヤオ・赤2 5200 ©ABEMA

東4局、近藤が嵌[4]待ちでリーチ。

東4局 近藤の手牌 ©ABEMA

[東]のポンを入れていた親番の多井が危険牌を次々勝負していき、[四][七]待ちへと変わる。

東4局 多井の手牌 ©ABEMA

高宮も自風の[南]をポンして嵌[七]待ちテンパイ。

東4局 高宮の手牌 ©ABEMA

近藤が[七]を掴み、多井と高宮のロン発声が重なるが、頭ハネで多井のアガリ。

5800の加点でトップ目に立つ。

東4局 多井 ダブ東・赤1 5800 ©ABEMA

東4局1本場、親番の多井が[⑧]のポンからホンイツへ舵を切る。

[西][中]のシャンポン待ちで満貫以上確定のテンパイ。

東4局1本場 多井の手牌 ©ABEMA

たろうのリーチと高宮の仕掛けが入る。どちらも[1][4]待ちに。

東4局1本場 たろうの手牌 ©ABEMA
東4局1本場 高宮の手牌 ©ABEMA

イーシャンテンの近藤が[西]を選び多井に放銃。

東4局1本場 近藤の手牌 ©ABEMA

多井が12000のアガリで突き抜けていく。

東4局1本場 多井 ホンイツ・赤1・ドラ2 12000 ©ABEMA

東4局2本場も多井が止まらない。

赤2の手牌に絶好の[4]を引き入れると、[1][4][7]待ちでリーチ。

東4局2本場 多井の手牌 ©ABEMA

[1]をツモ、4000オールの加点。持ち点が6万を超えた。

東4局2本場 多井 リーチ・ツモ・赤2 4000オール ©ABEMA

南1局4本場、親番の高宮が[二][五][6]待ちでリーチ。

南1局4本場 高宮の手牌 ©ABEMA

誰も追いつけない状況のなか、悠々と[五]をツモ。

裏を1枚乗せて4000オールの加点、一気に多井に迫る。近藤は箱下へ。

南1局4本場 高宮 リーチ・ツモ・タンヤオ・裏1 4000オール ©ABEMA

南1局5本場、たろうがチャンタをテンパイ、[⑨][白]待ちでリーチ。

南1局5本場 たろうの手牌 ©ABEMA

近藤も[2][5]待ちでテンパイをするが[2]は既に4枚切れ。しかし追いかけリーチで勝負に出る。

南1局5本場 近藤の手牌 ©ABEMA

直後にたろうが[白]をツモ、3000・6000のアガリで2着へ大きく近づいた。

南1局5本場 たろう リーチ・ツモ・白・チャンタ・裏1 3000・6000 ©ABEMA

南2局は親番のたろうが[東]を仕掛けて更に加カン。近藤から2000をアガる。

南2局 たろう 東 2000 ©ABEMA

南2局1本場、ここまで苦しい展開が続いていた近藤が嵌[⑥]待ちでリーチ。

南2局1本場 近藤の手牌 ©ABEMA

フェニックスを背負った左手で最後の1枚をツモ、2000・4000のアガリで一矢報いた。

南2局1本場 近藤 リーチ・ツモ・赤1・裏1 8000 ©ABEMA

南3局は[⑧]をチーしたたろうが[発]の後付けでテンパイ。

南3局 たろうの手牌 ©ABEMA

しかし[発]は高宮に対子。高宮は[中]を仕掛けており、[③][⑥]待ちでテンパイを入れる。

南3局 高宮の手牌 ©ABEMA

そこに親番の近藤が待望のリーチ。待ちは[2][5]

南3局 近藤の手牌 ©ABEMA

同順、安全牌がない高宮は[発]の対子落としを選択。

南3局 高宮の手牌 ©ABEMA

山には無かったたろうの手が実った。

南3局 たろう 發 1000 ©ABEMA

オーラス、親番の多井が50000点持ち、高宮が28200、たろうが23700、近藤が-1900という並び。

多井の配牌が七対子・ドラ2のイーシャンテンで更なる加点を狙うかと思われたが、先制テンパイはたろう。

誰からアガっても高宮をまくる[②][⑤]待ちのテンパイが入る。

オーラス たろうの手牌 ©ABEMA

終盤に[②]をツモ、2000・4000のアガリでたろうが2着に。

オーラス たろう タンヤオ・赤1・ドラ2 2000・4000 ©ABEMA

最速最強・多井隆晴が攻守のパーフェクトバランスで試合を制し、今期最速での2勝目達成となった。

第1試合トップの多井 ©ABEMA

第1試合結果
1位 多井(ABEMA)+66.0
2位 たろう(ドリブンズ)+11.7
3位 高宮(麻雀格闘倶楽部)▲13.8
4位 近藤(フェニックス)▲63.9

点数推移グラフ ©ABEMA
第1試合詳細結果 ©ABEMA
第1試合終了時点のトータルランキング ©ABEMA

第二試合結果記事

関連ページ

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top