麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

大洋技研株式会社
【10/17 Mリーグ2022-23 第2試合結果】松本吉弘がリズムよくアガリを重ねて快勝!ABEMASは10戦6勝の快進撃!

【10/17 Mリーグ2022-23 第2試合結果】松本吉弘がリズムよくアガリを重ねて快勝!ABEMASは10戦6勝の快進撃!

BULL2021求人朝宮あろま

麻雀プロリーグ「大和証券Mリーグ2022-23」9日目が10月17日(月)に開催された。

10月17日の対戦カード ©ABEMA
解説:藤崎智 実況:日吉辰哉 ©ABEMA

第1試合結果記事

第2試合出場選手

第2試合の出場選手 ©ABEMA

東:佐々木寿人

南:松本吉弘

西:勝又健志

北:小林剛

第2試合

松本が二局連続のアガリを決めリード。

東1局 松本 タンヤオ・ドラ2・赤2 8000
東2局 松本 リーチ・一発・ツモ・ピンフ 2600オール ©ABEMA

次局は松本の先制リーチに寿人が押していき、満貫を松本からアガリ切った。

東2局1本場 寿人 タンヤオ・ドラ2・赤2 8000 ©ABEMA

東3局から東4局1本場、東4局2本場は流局し、南入。

南1局3本場、松本がリーチをかけると、テンパイしていた親の寿人が不運にも一発でアタリ牌[赤⑤]をつかみ放銃となった。

南1局3本場 寿人の手牌 ©ABEMA
南1局3本場 松本 リーチ・一発・赤1 5200 ©ABEMA

南2局、ここまでアガリのないラス目の勝又が[①]のポンからしかけ、ピンズのホンイツへ。終盤にドラの[発]を暗刻にし、最終手番で[⑦]をツモ。3000・6000のアガリで2着目に浮上した。

南2局 勝又 發・ホンイツ・ドラ3 3000・6000 ©ABEMA

南3局は小林がカン[八]待ちのヤミテン構えたところ、[八]をツモる。ここで小林はツモアガリを宣言せずに[九]を切って[三][六][九]待ちのフリテンリーチを慣行。

[九]をツモって700・1300と打点を上昇させて親番を迎える。

南3局 小林 リーチ・ツモ・ピンフ 700・1300 ©ABEMA

下三者が僅差の南4局。松本がピンフのテンパイをすぐにツモり、逃げ切った。

南4局 松本 ツモ・ピンフ 400・700 ©ABEMA

渋谷ABEMASは10戦中6トップ目、さらにポイントを大きく伸ばしていく。

松本は個人順位でも首位に浮上! ©ABEMA

第2試合結果
1位 松本(ABEMAS)+56.4
2位 勝又(風林火山)+3.7
3位 小林(Pirates)▲18.6
4位 寿人(麻雀格闘倶楽部)▲41.5

点数推移グラフ ©ABEMA
第2試合詳細結果 ©ABEMA

10月17日トータル結果

ABEMAS(日向3着・松本1着)+38.6
Pirates(瑞原1着・小林3着)+36.2
風林火山(松ヶ瀬2着・勝又2着)+13.1
麻雀格闘倶楽部(滝沢4着・寿人4着)▲87.9

麻雀格闘倶楽部が苦しい連続4着となったが素点を大きく失ったわけではなく、まだ傷は浅い4着と言えるだろう。Piratesは大きな初勝利を瑞原が挙げてこの先に浮上を狙っていきたい。ABEMASは圧巻の10戦6勝。しかし初年度に序盤で大きくリードしてから苦しんだ経験があるため、勝利者インタビューでの松本は「これからマイナスに沈むことも当然考えられるのでここからしっかり気を引き締めていきたい」と語っていた。

第2試合終了時点のトータルランキング ©ABEMA
10月18日の対戦カード ©ABEMA
10月17日終了時点の個人スコア

関連ページ

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top