麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

CABOクィーンカップ
【10/17 Mリーグ2022-23 第1試合結果】瑞原明奈のスーパーセーブで個人、チーム初トップ!

【10/17 Mリーグ2022-23 第1試合結果】瑞原明奈のスーパーセーブで個人、チーム初トップ!

BULL2021求人朝宮あろま

麻雀プロリーグ「大和証券Mリーグ2022-23」9日目が10月17日(月)に開催された。

10月17日の対戦カード ©ABEMA
解説:藤崎智 実況:日吉辰哉 ©ABEMA

第1試合出場選手

第1試合の出場選手 ©ABEMA

東:瑞原明奈

南:滝沢和典

西:日向藍子

北:松ヶ瀬隆弥

第1試合

東1局は滝沢の400・700から静かな立ち上がり。

東1局 滝沢 白 400・700 ©ABEMA

東2局、滝沢がダブ東を仕掛けドラ3のテンパイで、松ヶ瀬のリーチに真っ向勝負。滝沢が松ヶ瀬のアタリ牌をつかみ、松ヶ瀬が2600のアガリを決めた。

東2局 滝沢の手牌 ©ABEMA
東2局、松ヶ瀬 リーチ・ドラ1 2600 ©ABEMA

東3局も松ヶ瀬が2000・4000のアガリを決め他家を引き離す。

東3局 松ヶ瀬 リーチ・一発・ツモ・ドラ1 2000・4000 ©ABEMA

東4局流局を挟み、南1局。松ヶ瀬、瑞原の2軒リーチに挟まれた日向が手詰まり瑞原に放銃した。

南1局 日向の手牌 ©ABEMA
南1局1本場 瑞原 リーチ・ドラ1 3900 ©ABEMA

南1局2本場はドラの[南]を仕掛けた日向の一人テンパイで流局。

南1局 日向の手牌 ©ABEMA

南2局3本場は日向がダブ南の[南]をポンしてトップ目の松ヶ瀬から3900のアガリで4人全員が僅差に。

南2局3本場 日向 ダブ南・ドラ1 3900 ©ABEMA

南2局3本場、日向、瑞原と仕掛けが入っているところに松ヶ瀬がリーチ。

南3局 松ヶ瀬の手牌 ©ABEMA

ここで瑞原、[⑥][⑨]待ちのテンパイのところにドラの[⑦]をもってきて、[⑦][1]のシャンポンに変化。

南3局 瑞原の手牌 ©ABEMA

次巡松ヶ瀬のアタリ牌[③]を抱え少考。

南3局 瑞原の手牌 ©ABEMA

[③]は手にとどめ、放銃回避。松ヶ瀬の一人テンパイで流局した。

南4局1本場、全員1万点以内の僅差で日吉から「今シーズン初の全員集合」が叫ばれた。

これを制したのは瑞原。一枚目をスルーしたダブ南、二枚目をポンしたころにはピンズが伸びてホンイツのテンパイがとれた。

南4局 瑞原の手牌 ©ABEMA

瑞原がピンズ模様とはいえ、瑞原の河にはピンズは余っていない状況。先に処理しようとした滝沢の[赤⑤]が間に合っておらず、滝沢無念の放銃。瑞原は8000のアガリでトップを勝ち取った。

南4局1本場 滝沢の手牌 ©ABEMA
南4局1本場 瑞原 ダブ南・ホンイツ・赤1 8000 ©ABEMA

 

Piratesは今シーズン初トップ、一方KONAMIは今シーズン初の4着となった。

第1試合トップの瑞原 ©ABEMA

第1試合結果
1位 瑞原(Pirates)+54.8
2位 松ヶ瀬(風林火山)+9.4
3位 日向(ABEMAS)▲17.8
4位 滝沢(麻雀格闘倶楽部)▲46.4

点数推移グラフ ©ABEMA
第1試合詳細結果 ©ABEMA
第1試合終了時点のトータルランキング ©ABEMA

関連ページ

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top