麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

大洋技研株式会社
【11/8 Mリーグ2022-23 第2試合結果】積極性と冷静さを兼ね備えた攻撃で東城りおが家族に捧げる涙の1勝!

【11/8 Mリーグ2022-23 第2試合結果】積極性と冷静さを兼ね備えた攻撃で東城りおが家族に捧げる涙の1勝!

BULL2021求人朝宮あろま

麻雀プロリーグ「大和証券Mリーグ2022-23」22日目が11月8日(火)に開催された。

11月8日の対戦カード ©ABEMA
解説:朝倉康心 実況:松嶋桃 ©ABEMA

第1試合結果記事

第2試合出場選手

第2試合の出場選手 ©ABEMA

東:東城りお

南:二階堂亜樹

西:佐々木寿人

北:松本吉弘

第2試合

東1局は3局連続流局の静かな立ち上がり。

東1局3本場、最初に大きなアガリを決めたのは松本。3000・6000のアガリでリード。

東1局3本場 松本 リーチ・ツモ・タンヤオ・ピンフ・赤1 3000・6000 ©ABEMA

その後も寿人が8000、東城が3000・6000、寿人が3000・6000と高打点が飛び交い、南入。

東2局 寿人 リーチ・ピンフ・一盃口・赤1 8000 ©ABEMA
東3局 東城 リーチ・ツモ・ピンフ・ドラ2・赤1 3000・6000 ©ABEMA
東4局 寿人 リーチ・ツモ・ピンフ・ドラ1・赤2 3000・6000 ©ABEMA

南1局、ここまでアガリがない亜樹が先制。700・1300のアガリで親番を迎える。

南1局 亜樹 リーチ・ツモ・ピンフ 700・1300 ©ABEMA

南2局、亜樹が苦しい配牌だったが[中]をポンして手が進み、イーシャンテン。

南2局 亜樹の手牌 ©ABEMA

ここで東城が亜樹の現物待ちで8000のダマテン。これに松本がつかまり、東城トップ目で局を進める。

南2局 東城 タンヤオ・ピンフ・ドラ2 赤1 ©ABEMA

南3局は松本が高目ダブ南のテンパイでリーチ。

タンピンイーシャンテンの親番寿人。ノータイムで[南]をツモ切り、5200の放銃となった。

南3局 寿人の手牌 ©ABEMA
南3局 松本 リーチ・ダブ南 5200 ©ABEMA

オーラスは寿人の5巡目リーチに、まっすぐに手を組もうと、親番の松本が一発放銃でゲーム終了。

南4局 寿人の手牌 ©ABEMA

効果的で大きいアガリを2回決めた東城のトップで、フェニックスは大きくポイントをプラスした。

インタビューで東城は最初は笑顔で試合の内容を語るが、髪の色を変えた事に話が移ると、母親が亡くなったことを報告し、涙を流して声を詰まらせた。

「母にもいい報告ができるように、今日本当にトップが取りたかった。皆ずっと心配してくれていて、トップを届けることができてよかったです」とポーズを決めた。

第2試合トップの東城 ©ABEMA

第2試合結果
1位 東城(フェニックス)+58.4
2位 寿人(麻雀格闘倶楽部)+11.4
3位 松本(ABEMAS)▲19.2
4位 亜樹(風林火山)▲50.6

点数推移グラフ ©ABEMA
第2試合詳細結果 ©ABEMA

11月8日トータル結果

フェニックス(魚谷2着・東城1着)+69.8
風林火山(勝又1着・亜樹4着)+30.6
ABEMAS(日向3着・松本3着)▲42.5
麻雀格闘倶楽部(高宮4着・寿人2着)▲57.9

フェニックスが大きく加点に成功して中位帯に近付く結果となった。こうなるとより厳しい戦いとなってくるのがドリブンズ。フェニックスとも300ポイント近い差となってしまっている。少しずつでも着実に加点していきたいところだ。

第2試合終了時点のトータルランキング ©ABEMA
11月10日の対戦カード ©ABEMA
11月8日終了時点の個人スコア

関連ページ

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top