麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

大洋技研株式会社
【11/28 Mリーグ2022-23 第1試合結果】ラス前の満貫で着順アップ成功!雷電本田が個人三連勝!

【11/28 Mリーグ2022-23 第1試合結果】ラス前の満貫で着順アップ成功!雷電本田が個人三連勝!

BULL2021求人朝宮あろま

麻雀プロリーグ「大和証券Mリーグ2022-23」33日目が11月28日(金)に開催された。

11月28日の対戦カード ©ABEMA
解説:土田浩翔 実況:小林未沙 ©ABEMA

第1試合出場選手

第1試合の出場選手 ©ABEMA

東:本田朋広

南:堀慎吾

西:村上淳

北:滝沢和典

第1試合

東1局は本田と堀の2人テンパイで流局。次局、滝沢がカン[⑧]待ちの三色ドラドラのヤミテンをツモアガリ。

東1局1本場 滝沢 ツモ, 三色同順, ドラ×2 2000・4000 ©ABEMA

東2局、本田がドラの[⑧]を滝沢からチー。手牌に2枚あるドラの[⑧]を雀頭に8000のテンパイだが、親の堀がソーズのホンイツで追いつき、2000オールのツモアガリを決めた。

東2局 本田の手牌 ©ABEMA
東2局 堀 白, ホンイツ 2000オール ©ABEMA

8000のテンパイをものにできなかった本田だが、次局は堀のリーチに追いかけて一発ツモ。跳満のアガリとなった。

東2局1本場 本田 リーチ, 一発, ツモ, ピンフ, 赤ドラ×1, 裏ドラ×1 ©ABEMA

東3局、滝沢のリーチを受け、親の村上仕掛けて満貫のテンパイだが、滝沢に5200の放縦となった。

東3局 村上の手牌 ©ABEMA
東3局 滝沢 リーチ, ドラ×1, 赤ドラ×1 ©ABEMA

アガって迎えた滝沢親番の東4局、タンヤオ・七対子・ドラ2テンパイをヤミテンに構え、堀から12000の和了。一つ抜けたトップ目に。

東4局 滝沢 タンヤオ, チートイツ, ドラ×2 12000 ©ABEMA

東4局1本場は本田が役ナシのカン[8]待ちテンパイをリーチ。一発でツモって南入。

東4局1本場 本田 リーチ, 一発, ツモ 1000・2000 ©ABEMA

ここまでアガリがない村上。リーチを宣言するもかわされる、放銃に回ってしまうなどで南3局親番が回ってきた時点では1600点持ちのラス目。

南2局1本場 村上の手牌 ©ABEMA
南2局1本場 イーペーコー, 赤ドラ×1
南2局2本場 村上の手牌 ©ABEMA
南2局2本場 本田 ピンフ 1000 ©ABEMA

しかし村上、この親番で2600オール、6000オールと連続でアガって3着目に浮上。

南3局 村上 リーチ, ツモ, ドラ×1 ©ABEMA
南3局1本場 村上 リーチ, ツモ, タンヤオ, 三色同順, 赤ドラ×1, 裏ドラ×1

南3局2本場、ラス目の堀が七対子[③]単騎待ちでリーチも、本田がソーズのホンイツ8000のテンパイで追いつき、堀からアガってトップ目に立った。

南3局2本場 堀の手牌 ©ABEMA
南3局2本場 本田 南, 西, ホンイツ, 赤ドラ×1 8000 ©ABEMA

オーラスも本田のタンヤオが決まり試合終了。個人三連勝を勝ち取った。

南4局 本田 タンヤオ 1000 ©ABEMA
第1試合トップの本田 ©ABEMA

第1試合結果

1位 本田(雷電)+60.0
2位 滝沢(麻雀格闘倶楽部)+13.5
3位 村上(ドリブンズ)▲12.1
4位 堀(サクラナイツ)▲61.4

点数推移グラフ ©ABEMA
第1試合詳細結果 ©ABEMA
第1試合終了時点のトータルランキング ©ABEMA

第1試合各局詳細

関連ページ

▼選手・チーム成績スタッツ

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top