麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

学生麻雀連盟
【12/8 Mリーグ2022-23 第1試合結果】本田朋広が爽やかに今期7勝目を獲得、個人スコア首位に立つ!白鳥翔は無念の4着でラス無し記録が27で途絶える!

【12/8 Mリーグ2022-23 第1試合結果】本田朋広が爽やかに今期7勝目を獲得、個人スコア首位に立つ!白鳥翔は無念の4着でラス無し記録が27で途絶える!

BULL2021求人ニルウッドカバー

麻雀プロリーグ「大和証券Mリーグ2022-23」39日目が12月8日(木)に開催された。

12月8日の対戦カード ©ABEMA
解説:藤崎智 実況:日吉辰哉 ©ABEMA

第1試合出場選手

第1試合の出場選手 ©ABEMA

東:本田朋広

南:白鳥翔

西:近藤誠一

北:鈴木たろう

第1試合

東1局は4者ともに配牌が悪く、終盤までもつれ込む。

たろうが対々和のテンパイを入れると、親番の本田が[2]をチーして[白]の後付けでテンパイ。

東1局 たろうの手牌 ©ABEMA
東1局 本田の手牌 ©ABEMA

最終手番で近藤も辺[③]のテンパイを入れる。

東1局 近藤の手牌 ©ABEMA

白鳥の1人ノーテンで流局になるかと思われたが、海底でたろうが[③]を掴んで近藤に放銃。

近藤5200のアガリで幕を開ける。

東1局 近藤 ホウテイ・赤1・ドラ1 5200 ©ABEMA

東2局、近藤が面子手の[二]単騎で即リーチという変化球を見せる。

これを自力でツモ。500・1000のアガリとなった。

東2局 近藤 リーチ・ツモ 500・1000 ©ABEMA

東3局は本田が[1]のポンから発進して対々和のテンパイ。

東3局 本田の手牌 ©ABEMA

白鳥がタンヤオ・ピンフの3面張テンパイを入れるが、持ち前の守備力で[西]を止める。

東3局 白鳥の手牌 ©ABEMA

直後に本田が[西]をツモ。1600・3200のアガリでトップ目に立った。

東3局 本田 西・対々和 1600・3200 ©ABEMA

東4局は白鳥が七対子[九]単騎で先制リーチ。

東4局 白鳥の手牌 ©ABEMA

しかし[九]は親番のたろうに対子。

本田が追いつく。タンヤオ・ピンフ・赤1の手でリーチを敢行。

東4局 本田の手牌 ©ABEMA

[六]が3枚見えていたことで、近藤が[七]の対子落としを選び一発放銃。

更に裏が乗り、本田の跳満12000が決まった。

南4局 近藤の手牌 ©ABEMA
東4局 本田 リーチ・一発・タンヤオ・ピンフ・赤1・裏1 12000 ©ABEMA

本田が1人突き抜けた格好で南入。

南1局、親番の本田が絶好の嵌[二]を引き入れ[1][4][7]待ちで4巡目先制リーチ。

南1局 本田の手牌 ©ABEMA

誰も追いつけない状況のなか、悠々と[7]をツモ。

2000オールの加点で持ち点は5万点に迫る。

南1局 本田 リーチ・ツモ・赤1 2000オール ©ABEMA

南1局1本場はたろうが先制リーチを打つも近藤との2人テンパイで流局。

近藤は最終手番で跳満のテンパイを入れたが、[2]待ちにしていれば直後にたろうからアガれていたため、フェニックスの楽屋からは悲鳴が響いた。

南1局1本場 流局 ©ABEMA

続く南2局2本場、近藤がツモれば四暗刻のリーチ。

南2局2本場 近藤の手牌 ©ABEMA

[発]はたろうに対子、[五]が山に1枚。

近藤は今日がレギュラーシーズン100戦目のメモリアルゲーム。

牌を捲る左手に力が入るが、白鳥のチーによって[五]がたろうへと流れてしまい流局となった。

南2局2本場 流局 ©ABEMA

南3局3本場は親番の近藤が1300オールのアガリで連荘。

2着争いを一歩リードした。

南3局3本場 近藤 リーチ・ツモ・ピンフ 1300オール ©ABEMA

南3局4本場は近藤と白鳥の2人テンパイで流局。

続く南3局5本場、白鳥が清一色・赤1のテンパイを入れるが、溢れた[⑧]を本田が仕留める。

ピンフのみ1000のアガリでオーラスへ。

南3局5本場 白鳥の手牌 ©ABEMA
南3局5本場 本田 ピンフ 1000 ©ABEMA

オーラスは本田が47800点持ち、近藤が26800、白鳥が13300、親番のたろうが12100という並び。

親番のたろうが[7]を暗カンしてテンパイ。

あえて見た目枚数が少ないシャンポン待ちに取るゼウスの選択でリーチを放つ。

オーラス たろうの手牌 ©ABEMA

たろうと競っている白鳥が粘る。タンヤオの仕掛けを入れテンパイ。

オーラス 白鳥の手牌 ©ABEMA

この局はたろうに軍配が上がる。

[2]をツモ、裏が2枚乗って4000オールのアガリを決めた。

オーラス たろう リーチ・ツモ・タンヤオ・裏2 4000オール ©ABEMA

たろうが近藤を僅かに捲り2着目に立ったオーラス1本場。

本田がピンフ・赤1の[三][六]待ちテンパイを入れると、これを白鳥からアガって終局。

最後は自身で決着を付け、トップをものにした。

オーラス1本場 白鳥の手牌 ©ABEMA
オーラス1本場 本田 ピンフ・赤1 2000 ©ABEMA

本田は今シーズン13戦7トップと絶好調。

個人スコアは風林火山・勝又を抜いて首位に躍り出た。

一方白鳥はラス無し記録がここで途絶える結果となった。

第1試合トップの本田 ©ABEMA

第1試合結果
1位 本田(雷電)+66.1
2位 たろう(ドリブンズ)+4.1
3位 近藤(フェニックス)▲17.2
4位 白鳥(ABEMAS)▲53.0

点数推移グラフ ©ABEMA
第1試合詳細結果 ©ABEMA
第1試合終了時点のトータルランキング ©ABEMA

第1試合各局詳細

第2試合結果記事

関連ページ

▼選手・チーム成績スタッツ

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top