麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

学生麻雀連盟
【12/8 Mリーグ2022-23 第2試合結果】ドリブンズを救うのはやはりこの男!園田賢が東1局からスタートダッシュを決めトップを獲得!2着争いは多井隆晴に軍配!

【12/8 Mリーグ2022-23 第2試合結果】ドリブンズを救うのはやはりこの男!園田賢が東1局からスタートダッシュを決めトップを獲得!2着争いは多井隆晴に軍配!

BULL2021求人朝宮あろま

麻雀プロリーグ「大和証券Mリーグ2022-23」39日目が12月8日(木)に開催された。

12月8日の対戦カード ©ABEMA
解説:藤崎智 実況:日吉辰哉 ©ABEMA

第1試合結果記事

第2試合出場選手

第2試合の出場選手 ©ABEMA

東:園田賢

南:魚谷侑未

西:黒沢咲

北:多井隆晴

第2試合

東1局、親番の園田がピンフ・赤1の先制リーチ。

東1局 園田の手牌 ©ABEMA

[四][七]は山に6枚も残っていた。最終手番で[四]をツモ。

裏が1枚乗り、4000オールのアガリを決めた。

東1局 園田 リーチ・ツモ・ピンフ・赤1・裏1 4000オール ©ABEMA

東1局1本場、先制テンパイは多井。嵌[7]の5200をダマに受ける。

東1局1本場 多井の手牌 ©ABEMA

黒沢が1枚目の[発]をポンしてホンイツへ。

滅多に鳴かない黒沢の副露、場に緊張が走る。

東1局1本場 黒沢の手牌 ©ABEMA

そこに園田がドラの[北]を暗刻にしてリーチ。

東1局1本場 園田の手牌 ©ABEMA

これを受けて多井と黒沢は撤退。

前局に続き、またしても最終手番で園田が[②]をツモ。

4000オールのアガリで一気に突き抜けた。

東1局1本場 園田 リーチ・ツモ・ドラ3 4000オール ©ABEMA

続く東1局2本場は多井が[発][②]のシャンポン待ちで先制リーチ。

東1局2本場 多井の手牌 ©ABEMA

終盤に園田が追いつきリーチに踏み切るが、[③]は多井に暗刻で山に0。

東1局2本場 園田の手牌 ©ABEMA

園田が[発]を掴んで放銃。多井2600のアガリ。

東1局2本場 多井 リーチ・發 2600 ©ABEMA

東2局は園田が嵌[⑤]の先制テンパイ、ダマに受ける。

東2局 園田の手牌 ©ABEMA

3段目に差し掛かったたころで多井が七対子・ドラ2をテンパイ。

東2局 多井の手牌 ©ABEMA

選んで残した[二]はしっかりと山に2枚あり、次巡にツモ。

2000・4000のアガリで園田を追う。

東2局 多井 ツモ・七対子・ドラ2 2000・4000 ©ABEMA

東3局は多井がマンズのホンイツに見せかけた河で1人テンパイを狙うが、親番の黒沢もテンパイを取り切り流局。

東3局 流局 ©ABEMA

東3局1本場、多井が七対子[1]単騎を魚谷から仕留める。

1600のアガリで親番へ。

東3局1本場 魚谷の手牌 ©ABEMA
東3局1本場 多井 七対子 1600 ©ABEMA

東4局はトップ目の園田が[南]から仕掛けて400・700のアガリ。

多井の親番をかわして南入。

東4局 園田 南 400・700 ©ABEMA

南1局は親番の園田と魚谷の2人テンパイで流局。

南1局 流局 ©ABEMA

南1局1本場は園田の先制リーチ。

ドラをポンしている魚谷が[四]の暗カンをした直後のリーチとなった。

南1局1本場 園田の手牌 ©ABEMA

早い巡目から[五][八]のヤミテンを入れていた黒沢、ツモ切り追いかけリーチを敢行。

南1局1本場 黒沢の手牌 ©ABEMA

終盤にも関わらず[①][④]は山に5枚も残っており、黒沢が掴んで放銃。

裏が1枚乗り、園田7700のアガリで5万点を超えた。

南1局1本場 園田 リーチ・赤1・裏1 7700 ©ABEMA

続く南1局2本場は黒沢が[3]を引き入れての先制リーチ。

南1局2本場 黒沢の手牌 ©ABEMA

[⑧]をツモ、2000・4000のアガリで3着目に浮上した。

南1局2本場 黒沢 リーチ・ツモ・發・ドラ1 2000・4000 ©ABEMA

南2局は多井がピンフ・ドラ2の先制リーチ。

南2局 多井の手牌 ©ABEMA

園田から打たれた[6]を親番の魚谷がチー、形式テンパイを取りきる。

南2局 魚谷の手牌 ©ABEMA

この鳴きで多井がツモっていたはずの[1]が園田に流れ、なおかつ役無しのテンパイが入る。

南2局 園田の手牌 ©ABEMA

多井が海底に手を伸ばすと、園田の当たり牌である[八]を掴む。

園田がホウテイのみ、1300のアガリを決めた。

連荘ならずの魚谷は悔しそうな表情を見せた。

南2局 園田 ホウテイ 1300 ©ABEMA

南3局は園田がピンフ・ドラ2のヤミテンを入れ、多井からのアガリ。

3900を加点してオーラスを迎える。

南3局 多井の手牌 ©ABEMA
南3局 園田 ピンフ・赤1・ドラ1 3900 ©ABEMA

オーラスは園田が55600点持ち、親番の多井が21900、黒沢が14100、魚谷が8400という並び。

先制リーチは3着目の黒沢。ツモか直撃かつ裏1で多井を逆転する。

オーラス 黒沢の手牌 ©ABEMA

多井追いつくが、宣言牌の[二]で黒沢に放銃。

しかし裏は乗らず、2600のアガリで着巡に変化なく終局となった。

オーラス 多井の手牌 ©ABEMA
オーラス 黒沢 リーチ・タンヤオ 2600 ©ABEMA

ドリブンズにとっては12戦ぶりとなるトップ。

またも園田が崖っぷちのチームを救う救世主になった。

第2試合トップの園田 ©ABEMA

第2試合結果
1位 園田(ドリブンズ)+75.6
2位 多井(ABEMAS)▲0.7
3位 黒沢(雷電)▲23.3
4位 魚谷(フェニックス)▲51.6

点数推移グラフ ©ABEMA
第2試合詳細結果 ©ABEMA

12月8日トータル結果

ドリブンズ(たろう2着・園田1着)+79.7
雷電(本田1着・黒沢3着)+42.8
ABEMAS(白鳥4着・多井2着)▲53.7
フェニックス(近藤3着・魚谷4着)▲68.8

ドリブンズは12戦ぶりのトップで久々の加点に成功、雷電も本田のトップでマイナスを二桁に戻した。フェニックスが苦しみ中段争いよりもドリブンズが気になる位置に。そろそろ巻き返しを図っていきたい所だ。

第2試合終了時点のトータルランキング ©ABEMA
12月9日の対戦カード ©ABEMA
12月8日終了時点の個人スコア

第2試合各局詳細

関連ページ

▼選手・チーム成績スタッツ

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top