麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

CABOクィーンカップ
【12/9 Mリーグ2022-23 第2試合結果】小林剛がオーラスに逆転のアガリを決めPirates同日連勝!連闘の堀慎吾は悔しさの残る2着に!

【12/9 Mリーグ2022-23 第2試合結果】小林剛がオーラスに逆転のアガリを決めPirates同日連勝!連闘の堀慎吾は悔しさの残る2着に!

BULL2021求人朝宮あろま

麻雀プロリーグ「大和証券Mリーグ2022-23」40日目が12月9日(金)に開催された。

12月9日の対戦カード ©ABEMA
解説:朝倉康心 実況:小林未沙 ©ABEMA

第1試合結果記事

第2試合出場選手

第2試合の出場選手 ©ABEMA

東:佐々木寿人

南:小林剛

西:松ヶ瀬隆弥

北:堀慎吾

第2試合

東1局、松ヶ瀬に一気通貫完成のテンパイが入る。

[四][七]待ちのノベタンには取らず、場に1枚切れの[発]単騎で先制リーチ。

東1局 松ヶ瀬の手牌 ©ABEMA

[中]をポンしていた小林が残していた[発]を打ち放銃。

裏が1枚乗り、松ヶ瀬8000のアガリ。

東1局 小林の手牌 ©ABEMA
東1局 松ヶ瀬 リーチ・一気通貫・裏1 8000 ©ABEMA

東2局は堀と松ヶ瀬の2人テンパイで流局。

東2局 流局 ©ABEMA

続く東3局1本場は堀が3副露してテンパイ。

東3局1本場 堀の手牌 ©ABEMA
東3局1本場 堀の手牌 ©ABEMA

小林が辺[三]で一気通貫のテンパイを入れるが、ここはダマに受ける。

東3局1本場 小林の手牌 ©ABEMA

そこに親番の松ヶ瀬も追いつくが、リーチ宣言牌の[四]で堀に放銃。

堀の2000のアガリで局が進む。

東3局1本場 松ヶ瀬の手牌 ©ABEMA
東3局1本場 堀 白・赤1 2000 ©ABEMA

東4局は好配牌を手にした親番の堀がタンヤオ・赤2の先制リーチ。

東4局 堀の手牌 ©ABEMA

この時点で[四][七]は山に7枚も残っていた。

[白]を仕掛けてドラ[南]単騎のテンパイを入れた寿人が[四]を掴んで放銃。

東4局 寿人の手牌 ©ABEMA

堀が12000のアガリを決めてトップ目に立つ。

東4局 堀 リーチ・タンヤオ・赤2 12000 ©ABEMA

東4局1本場は小林と寿人の2人テンパイで流局、南入となる。

続く南1局2本場、松ヶ瀬が[八]をチーして嵌[二]待ち一気通貫のテンパイ。

南1局2本場 松ヶ瀬の手牌 ©ABEMA

小林が[⑥][⑦][⑦][⑦][⑧]の形からドラの[⑦]をポンできて満貫のテンパイ。

南1局2本場 小林の手牌 ©ABEMA

親番で赤2の寿人も[発]をポンして追いつこうとするが、テンパイ打牌の[二]が小林・松ヶ瀬の両者に掴まる。

頭ハネで小林の8000のアガリ。

南1局2本場 寿人の手牌 ©ABEMA
南1局2本場 小林 タンヤオ・ドラ4 8000 ©ABEMA

南2局は親番の小林が[七]単騎のテンパイから[1][3][4]待ちの三面張に変えて先制リーチ。

南2局 小林の手牌 ©ABEMA

安全牌が無かった松ヶ瀬が[1]の対子落としを選び一発放銃。

小林12000のアガリで堀に迫る。

南2局 松ヶ瀬の手牌 ©ABEMA
南2局 小林 リーチ・一発・ピンフ・ドラ1・裏1 12000 ©ABEMA

南2局1本場、寿人が[二][発]のシャンポン待ちで先制リーチ。

[二]をツモ、700・1300のアガリとなった。

南2局1本場 寿人 リーチ・ツモ 700・1300 ©ABEMA

南3局は小林がタンヤオで仕掛けて2000点のテンパイ。

南3局 小林の手牌 ©ABEMA

終盤に親番の松ヶ瀬がドラ4の手でリーチを敢行。

南3局 松ヶ瀬の手牌 ©ABEMA

直後に堀に嵌[6]のテンパイが入る。

堀は中盤から遠い仕掛けを入れていた。

南3局 堀の手牌 ©ABEMA
南3局 堀の手牌 ©ABEMA

寿人が松ヶ瀬の現物である[6]を選び堀のアガリ。

2000の加点でトップ目のままオーラスを迎える。

南3局 堀 タンヤオ・赤1 2000 ©ABEMA

オーラスは親番の堀が38500点持ち、小林が36200、松ヶ瀬が17900、寿人が7400という並び。

堀が打った[3]を小林がポンして満貫のテンパイ。

オーラス 小林の手牌 ©ABEMA

これを受けてノーテン流局でもトップとなる堀は撤退。

小林が[⑥]を引き、ドラの[③]を手放して[④][⑦]待ちに受けかえる。

三色がつく[④]は出アガリでも堀を捲るが、[⑦]だとツモか直撃が必要になる。

オーラス 小林の手牌 ©ABEMA

[⑦]が山に2枚残っており、これをツモ。

1000・2000のアガリで逆転トップとなった。

オーラス 小林 タンヤオ・赤2 1000・2000 ©ABEMA

11月3日のトップ以来、4着4着3着3着と逆連帯が続いていた小林。

5戦ぶりとなる嬉しいトップを獲得し、Piratesは約1年ぶりの同日連勝となった。

インタビューではオーラスについて聞かれると、「[⑦]が寿人か松ヶ瀬から打たれた場合は見逃すつもりだった」とコメントした。

第2試合トップの小林 ©ABEMA

第2試合結果
1位 小林(Pirates)+60.2
2位 堀(サクラナイツ)+19.5
3位 松ヶ瀬(風林火山)▲24.1
4位 寿人(麻雀格闘倶楽部)▲55.6

点数推移グラフ ©ABEMA
第2試合詳細結果 ©ABEMA

12月9日トータル結果

Pirates(瑞原1着・小林1着)+109.4
風林火山(勝又2着・松ヶ瀬3着)▲15.4
サクラナイツ(堀4着・堀2着)▲23.5
麻雀格闘倶楽部(高宮3着・寿人4着)▲70.5

Piratesが連勝を決めて中段争いから一歩抜け出した様相。トータルスコアもプラス圏が目前となった。来週月曜は4位から7位のチームの戦い。Piratesがこのまま抜け出すのか、それともサクラナイツ、フェニックスが逆襲するのか。今後の様相を大きく争う戦いになるかもしれない。

第2試合終了時点のトータルランキング ©ABEMA
12月12日の対戦カード ©ABEMA
12月9日終了時点の個人スコア

第2試合各局詳細

関連ページ

▼選手・チーム成績スタッツ

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top