麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

スリアロチャンネル
【12/16 Mリーグ2022-23 第2試合結果】南1局6本場!小林剛が親番で次々とアガリを決め大トップを持ち帰る!連闘の魚谷侑未は苦しい4着に

【12/16 Mリーグ2022-23 第2試合結果】南1局6本場!小林剛が親番で次々とアガリを決め大トップを持ち帰る!連闘の魚谷侑未は苦しい4着に

BULL2021求人朝宮あろま

麻雀プロリーグ「大和証券Mリーグ2022-23」44日目が12月16日(金)に開催された。

12月16日の対戦カード ©ABEMA
解説:河野直也 実況:小林未沙 ©ABEMA

第1試合結果記事

第2試合出場選手

第2試合の出場選手 ©ABEMA

東:小林剛

南:多井隆晴

西:魚谷侑未

北:瀬戸熊直樹

第2試合

東1局は親番の小林と魚谷の2人テンパイで流局。

東1局 流局 ©ABEMA

続く東1局1本場、瀬戸熊が[②]単騎から[①][④][⑦]に待ちを変え先制リーチ。

東1局1本場 瀬戸熊の手牌 ©ABEMA

安全牌が1枚もない多井が[①]を選び放銃。

東1局1本場 多井の手牌 ©ABEMA

一気通貫のつく高目でのアガリとなり、瀬戸熊が12000の加点に成功した。

東1局1本場 瀬戸熊 リーチ・ピンフ・一気通貫・赤1・ドラ1 12000 ©ABEMA

東2局、魚谷が[南]から仕掛けていきテンパイ。多井の親番をかわしに行く。

東2局 魚谷の手牌 ©ABEMA

終盤に小林がドラ2の先制リーチ。

東2局 小林の手牌 ©ABEMA

瀬戸熊も追いつきリーチで勝負に出る。

東2局 瀬戸熊の手牌 ©ABEMA

この局を制したのは1300点の魚谷。

小林が[4]を掴んで決着となった。

東2局 魚谷 南 1300 ©ABEMA

東3局は瀬戸熊、多井、親番の魚谷がリーチでぶつかる。

東3局 瀬戸熊の手牌 ©ABEMA
東3局 多井の手牌 ©ABEMA
東3局 魚谷の手牌 ©ABEMA

瀬戸熊が[5]を掴んで多井に放銃。

8000のアガリで多井復活となった。

東3局 多井 リーチ・タンヤオ・ピンフ・赤1・ドラ1 8000 ©ABEMA

東4局はリーチをかけた親番の瀬戸熊と魚谷の2人テンパイで流局。

東4局 流局 ©ABEMA

続く東4局1本場、多井が[西][中]をポンして、

[5][6][7][四][五][七][八](ドラ[七])の配姿。

小林から打たれた[六][五][七]でチー。

東4局1本場 多井の手牌 ©ABEMA

直後に小林から[八]が打たれ3900のアガリ。

[七]単騎にして無理やり満貫にする手もあったが、和了率を意識する多井らしい選択を見せた。

東4局1本場 小林の手牌 ©ABEMA
東4局1本場 多井 西・中・ドラ1 3900 ©ABEMA

平たい点数状況で南入。

南1局は親番の小林が[白][中]をポンして辺[七]のテンパイ。

自力で引き寄せ、1300オールのアガリ。

南1局 小林の手牌 ©ABEMA

続く南1局1本場、小林が絶好の[三]を引き入れて赤1のリーチ。

南1局1本場 小林の手牌 ©ABEMA

トップ目の魚谷が高目三色の手で追いかけリーチを敢行。

南1局1本場 魚谷の手牌 ©ABEMA

直後に小林が[⑦]をツモ、2000オールのアガリでトップ目に立った。

南1局1本場 小林 リーチ・ツモ・赤1 2000オール ©ABEMA

南1局2本場も小林が止まらない。

4巡目にタンヤオ・ピンフ・赤1の先制リーチ。

南1局2本場 小林の手牌 ©ABEMA

なんと[3]を一発ツモ。

6000オールのアガリとなり、一気に突き抜けた。

南1局2本場 小林 リーチ・一発・ツモ・タンヤオ・ピンフ・赤1 6000オール ©ABEMA

続く南1局3本場は魚谷が[発][北]をポンして3900の先制テンパイ。

南1局3本場 魚谷の手牌 ©ABEMA

そこに嵌[4]の役無しテンパイを入れていた小林が両面に振り替わりリーチ。

南1局3本場 小林の手牌 ©ABEMA

魚谷が一発で[4]を掴んで放銃。

7700のアガリで小林の連荘が続く。

南1局3本場 小林 リーチ・一発・ドラ1 7700 ©ABEMA

小林の1人テンパイでの流局を挟んで南1局5本場。

またも先制リーチは小林。早々にドラの[北]を切り、ピンフのテンパイを入れた。

南1局5本場 小林の手牌 ©ABEMA

ラス目の魚谷もテンパイ、追いかけリーチを放つも待ちは純カラ。

南1局5本場 魚谷の手牌 ©ABEMA

そこに多井も追いつく。1手変わると四暗刻にもなるが、ここは三面張で勝負をかける。

南1局5本場 多井の手牌 ©ABEMA

再び3者がぶつかっためくり合いは、多井が[⑦]を掴んで小林に放銃。

裏が1枚乗り、5800のアガリ。持ち点は7万点に迫る。

南1局5本場 小林 リーチ・ピンフ・裏1 5800 ©ABEMA

続く南1局6本場、先制テンパイは魚谷の七対子。[7]単騎のダマに受ける。

南1局6本場 魚谷の手牌 ©ABEMA

多井が[赤5]を引き入れてリーチ。

南1局6本場 多井の手牌 ©ABEMA

瀬戸熊も七対子でテンパイ。多井の現物の[北]単騎でヤミテンを入れる。

南1局6本場 瀬戸熊の手牌 ©ABEMA

魚谷が[北]を掴んで瀬戸熊のアガリ。

8000の加点で2着を盤石のものにした。

南1局6本場 瀬戸熊 七対子・赤1・ドラ2 8000 ©ABEMA

小林の長い親番が終わり南2局。

瀬戸熊がピンフ・赤1のヤミテンを小林からアガり、2000の加点。

南2局 小林の手牌 ©ABEMA
南2局 瀬戸熊 ピンフ・赤1 2000 ©ABEMA

南3局は多井がタンヤオのみの手を魚谷からアガり、オーラスへ。

南3局 多井 タンヤオ 1000 ©ABEMA

オーラスは小林が67200点持ち、親番の瀬戸熊が29500、多井が6000、魚谷が-2700という並び。

多井が得意の配牌降りを見せるなか、先制リーチは親番の瀬戸熊。

前巡に[五]を切っての嵌[八]でチャンタのテンパイを入れた。

オーラス 瀬戸熊の手牌 ©ABEMA

逆転手が入っていた魚谷が[八]を選び放銃。

瀬戸熊12000のアガリで小林の背中を追う。

オーラス 魚谷の手牌 ©ABEMA
オーラス 瀬戸熊 リーチ・東・チャンタ 12000 ©ABEMA

オーラス1本場、3着目の多井が[6][9]待ちでピンフ・ドラ1のテンパイ。

上も下も大きく離れているが、瀬戸熊の現物ということもありリーチを宣言。

オーラス1本場 多井の手牌 ©ABEMA

瀬戸熊が[9]をツモ切り、3900のアガリで終局となった。

オーラス1本場 瀬戸熊の手牌 ©ABEMA
オーラス1本場 多井 リーチ・ピンフ・ドラ1 3900 ©ABEMA

今期はここまで2-0-5-3と逆連帯が多かった小林が嬉しい個人連勝。

船長の復活でPiratesがどこまでポイントを伸ばすのか注目だ。

第2試合トップの小林 ©ABEMA

第2試合結果
1位 小林(Pirates)+87.2
2位 瀬戸熊(雷電)+17.3
3位 多井(ABEMAS)▲29.8
4位 魚谷(フェニックス)▲74.7

点数推移グラフ ©ABEMA
第2試合詳細結果 ©ABEMA

12月16日トータル結果

Pirates(瑞原2着・小林1着)+100.9
雷電(本田1着・瀬戸熊2着)+84.1
ABEMAS(白鳥4着・多井3着)▲87.6
フェニックス(魚谷3着・魚谷4着)▲97.4

中段争いに大きな変化。Pirates、雷電が大幅な加点に成功して上位グループに迫ることに成功。一方苦しんだフェニックスが最下位に陥落という結果となった。12月に入って大きく苦しんでいるフェニックス。来週の戦いでは少しでも巻き返して年越しを迎えたい。

今年の戦いも残すところあと1週間、各チーム4戦ずつとなった。

第2試合終了時点のトータルランキング ©ABEMA
12月19日の対戦カード ©ABEMA
12月16日終了時点の個人スコア

第2試合各局詳細

関連ページ

▼選手・チーム成績スタッツ

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top