麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

CABOクィーンカップ
【12/16 Mリーグ2022-23 第1試合結果】本田朋広が止まらない!全局参加の積極的な麻雀で今期8勝目を獲得!2着は抜群の安定感を見せた瑞原明奈!

【12/16 Mリーグ2022-23 第1試合結果】本田朋広が止まらない!全局参加の積極的な麻雀で今期8勝目を獲得!2着は抜群の安定感を見せた瑞原明奈!

BULL2021求人朝宮あろま

麻雀プロリーグ「大和証券Mリーグ2022-23」44日目が12月16日(金)に開催された。

12月16日の対戦カード ©ABEMA
解説:河野直也 実況:小林未沙 ©ABEMA

第1試合出場選手

第1試合の出場選手 ©ABEMA

東:本田朋広

南:魚谷侑未

西:瑞原明奈

北:白鳥翔

第1試合

東1局、魚谷が[赤⑤]を引き入れての先制リーチ。

東1局 魚谷の手牌 ©ABEMA

配牌からドラの[発]が暗刻だった親番の本田、嵌[6]の役無しテンパイを入れていた瑞原がそれぞれ押し返す。

しかし魚谷が山に2枚残っていた[7]をツモ。

1000・2000のアガリでスタートを切った。

東1局 魚谷 リーチ・ツモ・赤1 ©ABEMA

東2局は瑞原の先制リーチに親番の魚谷と本田が追いかけるものの、決着は付かず流局。

東2局 流局 ©ABEMA

東2局1本場、先制テンパイは白鳥。満貫のヤミテンを入れる。

東2局1本場 白鳥の手牌 ©ABEMA

そこに魚谷が嵌[六]で即リーチを敢行。

東2局1本場 魚谷の手牌 ©ABEMA

白鳥が一発で[六]を掴み、放銃になるかと思われたが、なんと[八]を打ってシャンポンに受けかえる。

[八]も通っていなかったが、少しでも放銃率の低い方を選択して回避した。

東2局1本場 白鳥の手牌 ©ABEMA

同順に本田が[三][六]待ちピンフ・ドラ1のテンパイ。追いかけリーチを放つ。

東2局1本場 本田の手牌 ©ABEMA

この局は本田に軍配が上がる。

[三]を一発ツモ、2000・4000のアガリが決まった。

東2局1本場 本田 リーチ・一発・ツモ・ピンフ・ドラ1 2000・4000 ©ABEMA

東3局は魚谷のドラポンに白鳥がリーチで立ち向かうが、2人テンパイで流局。

東3局 流局 ©ABEMA

続く東4局1本場は本田がタンヤオで仕掛けを入れ白鳥から1000のアガリ。

トップ目を維持したまま南入となった。

東4局1本場 本田 タンヤオ 1000 ©ABEMA

南1局、親番の本田が絶好の[6]を引き入れて先制リーチ。

南1局 本田の手牌 ©ABEMA

個人スコアは堂々の首位、今期絶好調の本田。

その勢いままに[六]を一発ツモ。

裏も1枚乗せ、6000オールのアガリを決めた。

南1局 本田 リーチ・一発・ツモ・ピンフ・赤1・裏1 6000オール ©ABEMA

続く南1局1本場は瑞原が赤1の先制リーチ。

南1局1本場 瑞原の手牌 ©ABEMA

七対子のテンパイを入れていた本田が待ちを[白]に変え追いかけリーチ。

南1局1本場 本田の手牌 ©ABEMA

直後に瑞原が[4]をツモ。1000・2000のアガリで2着に浮上した。

南1局1本場 瑞原 リーチ・ツモ・赤1 1000・2000 ©ABEMA

南2局は本田が[南]を仕掛けて1000点のテンパイ。

南2局 本田の手牌 ©ABEMA

親番の魚谷が七対子・ドラ3のテンパイを入れる。

全員からツモ切られそうな[九]に狙いを定めてダマに受ける。

南2局 魚谷の手牌 ©ABEMA

しかしこの局も本田。白鳥から打たれた[⑤]を仕留め、1000のアガリ。

南2局 本田 南 1000 ©ABEMA

南3局、親番の瑞原が6巡目にドラ2の先制リーチ。

南3局 瑞原の手牌 ©ABEMA

4着目の白鳥が嵌[8]で追いつくが、リーチ宣言牌の[四]で瑞原に放銃。

南3局 白鳥の手牌 ©ABEMA

瑞原7700のアガリで連荘へ。

南3局 瑞原 リーチ・ドラ2 7700 ©ABEMA

瑞原1人テンパイでの流局を挟んで南3局2本場。

瑞原にドラ[西]槓子の配牌が入る。

南3局2本場 瑞原の手牌 ©ABEMA

2巡目に暗カンをすると、新ドラが[⑧]になり驚愕のドラ6。

三面張で先制リーチを敢行する。

南3局2本場 瑞原の手牌 ©ABEMA

[③][⑥][⑧]は山に6枚残っており、ツモれば8000オール、裏ドラ次第では12000オールまで見える。

しかし結果は流局。瑞原は悔しそうな表情を滲ませた。

南3局2本場 流局 ©ABEMA

続く南3局3本場は魚谷が本田から1000をアガりオーラスへ。

南3局3本場 本田の手牌 ©ABEMA
南3局3本場 魚谷 中 1000 ©ABEMA

オーラスは本田が49100点持ち、瑞原が31400、魚谷が20200、親番の白鳥が-700という並び。

白鳥が[白]の後付けで仕掛け、魚谷から2900をアガり連荘に成功。

魚谷は跳満のアガリで2着浮上という条件だったため、対子落としが選ばれた。

オーラス 魚谷の手牌 ©ABEMA
オーラス 白鳥 白・赤1 2900 ©ABEMA

続くオーラス1本場、瑞原が第1打に選んだドラの[九]を魚谷がポンして清一色へ。

しかし瑞原がタンヤオで仕掛け、本田から2000をアガりきって終局となった。

オーラス1本場 本田の手牌 ©ABEMA
オーラス1本場 瑞原 タンヤオ・赤1 2900 ©ABEMA

トップとなった本田は今期14戦中8勝と絶好調。

インタビューでは決め手の1局に東4局のタンヤオを上げた。

第1試合トップの本田 ©ABEMA

第1試合結果
1位 本田(雷電)+66.8
2位 瑞原(Pirates)+13.7
3位 魚谷(フェニックス)▲22.7
4位 白鳥(ABEMAS)▲57.8

点数推移グラフ ©ABEMA
第1試合詳細結果 ©ABEMA
第1試合終了時点のトータルランキング ©ABEMA

第1試合各局詳細

第2試合結果記事

関連ページ

▼選手・チーム成績スタッツ

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top