麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

スリアロチャンネル
【12/22 Mリーグ2022-23 第1試合結果】堀慎吾復活!思い切った選択でアガリを決め9戦ぶりとなるトップをサクラナイツに持ち帰る!2着は僅かに届かなかった瀬戸熊直樹!

【12/22 Mリーグ2022-23 第1試合結果】堀慎吾復活!思い切った選択でアガリを決め9戦ぶりとなるトップをサクラナイツに持ち帰る!2着は僅かに届かなかった瀬戸熊直樹!

BULL2021求人朝宮あろま

麻雀プロリーグ「大和証券Mリーグ2022-23」47日目が12月22日(木)に開催された。

12月22日の対戦カード ©ABEMA
解説:石橋伸洋 実況:日吉辰哉 ©ABEMA

第1試合出場選手

第1試合の出場選手 ©ABEMA

東:瑞原明奈

南:堀慎吾

西:白鳥翔

北:瀬戸熊直樹

第1試合

東1局、全員が好配牌を手にするなか先制リーチは白鳥。

[3]を入れて手応えのある待ちに。

東1局 白鳥の手牌 ©ABEMA

堀は撤退、親番の瑞原と瀬戸熊は押し返しを図る。

456の三色が手の中で完成していた瀬戸熊、[2]を引き戻してドラの[一]単騎でヤミテンを入れる。

東1局 瀬戸熊の手牌 ©ABEMA

直後に瑞原もテンパイ。リーチを打つが宣言牌の[一]で瀬戸熊に放銃。

瀬戸熊が8000のアガリを決めてスタート。

東1局 瑞原の手牌 ©ABEMA
東1局 瀬戸熊 三色同順, ドラ×2 8000 ©ABEMA

東2局は堀の親番。

タンヤオ・ピンフ・ドラ3の大物手をテンパイすると、リーチで更なる打点上昇を狙う。

東2局 堀の手牌 ©ABEMA

[2]をツモ、6000オールのアガリを咲かせ一気に突き抜けた。

東2局 堀 リーチ, ツモ, ピンフ, タンヤオ, ドラ×2, 赤ドラ×1 6000オール ©ABEMA

続く東2局1本場は白鳥、瀬戸熊、瑞原が立て続けにリーチを掛けるも、瀬戸熊が瑞原の宣言牌を捕え3900のアガリ。

瑞原が1人大きく沈む展開に。

東2局1本場 白鳥の手牌 ©ABEMA
東2局1本場 瑞原の手牌 ©ABEMA
東2局1本場 瀬戸熊 リーチ, 一発, ピンフ 3900 ©ABEMA

東3局は親番の白鳥と瑞原が終盤にリーチを掛けるも流局。

2軒リーチに降りを選んだ堀は満貫のアガリを逃してしまう痛恨の結果となった。

東3局 堀の手牌 ©ABEMA
東3局 流局 ©ABEMA

続く東3局1本場、「供託泥棒」こと白鳥が[白]をポンして供託回収を狙う。

瑞原のリーチをかわし、500オールのアガリ。

東3局1本場 瑞原の手牌 ©ABEMA
東3局1本場 白鳥 白 500オール ©ABEMA

白鳥の親番が続く東3局2本場。

復活を狙う瑞原が純チャンの見えるイーシャンテン。

小考の末、打[九]を選択する。

東3局2本場 瑞原の手牌 ©ABEMA

しかし直後に[九]を引いてしまい、瑞原の顔が歪む。

その後[9]を引き入れ、[⑨]単騎のヤミテンに。

東3局2本場 瑞原の手牌 ©ABEMA

その間に白鳥と堀が追いつく。

堀は[4]を止めドラの[七]をリリース、白鳥に対してファインセーブを見せる。

東3局2本場 白鳥の手牌 ©ABEMA
東3局2本場 堀の手牌 ©ABEMA

この局は瑞原が[⑨]をツモって決着。

裏目に屈せず2000・4000のアガリを決めた。

東3局2本場 瑞原 ツモ, 純チャン, ドラ×1 2000・4000 ©ABEMA

東4局は堀がダマで500・1000のアガリ。リードを保ったまま南入となる。

東4局 ツモ, 赤ドラ×1 ©ABEMA

南1局は親番の瑞原が[発]のポンから発進。

赤2のイーシャンテンだった白鳥から高目となる[東]が打たれ、5800のアガリで連荘となる。

南1局 白鳥の手牌 ©ABEMA
南1局 瑞原 東, 發, ドラ×1 5800 ©ABEMA

南1局1本場、ライバルを公言している堀と白鳥がリーチでぶつかるが結果は流局。

南1局1本場 流局 ©ABEMA

親番が堀に変わって南2局2本場。

瀬戸熊が[4]を暗刻にして先制両面リーチ。

南2局2本場 瀬戸熊の手牌 ©ABEMA

一発目に[五]を持ってくると、一際大きな声でカンの発声。

嶺上開花とはならなかったが、ほどなくして[④]をトルネードツモ。

2000・4000のアガリで堀に並ぶ。

南2局2本場 瀬戸熊 リーチ, ツモ, 赤ドラ×2, 裏ドラ×1 2000・4000 ©ABEMA

上下が激しく分かれた南3局。

親番の白鳥が[四][⑤]のシャンポン待ちで先制リーチを打つと、瑞原が宣言牌の[六]をポン。

瑞原は無筋を切り飛ばしていき、[三][六]待ち跳満のテンパイ。

更に堀も[赤5]をチーして参戦する。

南3局 白鳥の手牌 ©ABEMA
南3局 瑞原の手牌 ©ABEMA
南3局 堀の手牌 ©ABEMA

瑞原が白鳥の当たり牌[四]を掴み、中スジになっていたためツモ切って放銃。

白鳥3900のアガリでラスが入れ替わる。

南3局 白鳥 リーチ, 赤ドラ×1 3900 ©ABEMA

南3局1本場は堀と瀬戸熊がそれぞれヤミテンを入れる。

瀬戸熊が[五]を掴んで堀が1300のアガリ。

南3局1本場 瀬戸熊の手牌 ©ABEMA
南3局1本場 堀 タンヤオ 1300 ©ABEMA

オーラスは堀が38600点持ち、親番の瀬戸熊が35400、白鳥が14000、瑞原が12000という並び。

瑞原が2巡目に[9]チーから発進。

オーラス 瑞原の手牌 ©ABEMA

トップ目の堀が嵌[③]のテンパイから[①][④]のシャンポン待ちに変わり、リーチに打って出る。

[③]をポンして12000のテンパイを入れていた瀬戸熊は、嵌[4]から[4][7]に待ちが変わり押し返す。

瑞原も手牌を4枚に縮めてソウズの一気通貫が完成。単独3着となる2000のテンパイ。

更に白鳥が[四][七]待ちで2600のテンパイを入れる。

なんと全員にテンパイが入る展開に。

オーラス 堀の手牌 ©ABEMA
オーラス 瀬戸熊の手牌 ©ABEMA
オーラス 瑞原の手牌 ©ABEMA
オーラス 白鳥の手牌 ©ABEMA

各者絶対に引けないオーラスは、堀が最後の[①]を引いて1000・2000のアガリで決着。

最後は堀が自力でピリオドを打った。

オーラス 堀 リーチ, ツモ, 赤ドラ×1 1000・2000 ©ABEMA

堀は10月27日の登板以来、9戦ぶりとなるトップ。

堀の復活はすなわち、サクラナイツの復活になるだろう。

第1試合トップの堀 ©ABEMA

第1試合結果
1位 堀(サクラナイツ)+62.6
2位 瀬戸熊(雷電)+13.4
3位 白鳥(ABEMAS)▲27.0
4位 瑞原(Pirates)▲49.0

点数推移グラフ ©ABEMA
第1試合詳細結果 ©ABEMA
第1試合終了時点のトータルランキング ©ABEMA

第1試合各局詳細

第2試合結果記事

関連ページ

▼選手・チーム成績スタッツ

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top