麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

スリアロチャンネル
【12/22 Mリーグ2022-23 第2試合結果】堀慎吾が同日2連勝で年内最後の登板を締めくくる!2着争いはオーラスにアガリを決めた小林剛に軍配!

【12/22 Mリーグ2022-23 第2試合結果】堀慎吾が同日2連勝で年内最後の登板を締めくくる!2着争いはオーラスにアガリを決めた小林剛に軍配!

BULL2021求人朝宮あろま

麻雀プロリーグ「大和証券Mリーグ2022-23」47日目が12月22日(木)に開催された。

12月22日の対戦カード ©ABEMA
解説:石橋伸洋 実況:日吉辰哉 ©ABEMA

第1試合結果記事

第2試合出場選手

第2試合の出場選手 ©ABEMA

東:本田朋広

南:小林剛

西:堀慎吾

北:多井隆晴

第2試合

本田の起家で幕を開けた東1局。

小林が軽快に3副露するなか、本田は七対子[6]単騎で即リーチを敢行。

東1局 本田の手牌 ©ABEMA

小林が[5]を重ねてテンパイし、[6]が打ち出される。

本田が9600のアガリを決め、僅かに手を震わせた。

東1局 小林の手牌 ©ABEMA
東1局 本田 リーチ, タンヤオ, チートイツ 9600 ©ABEMA

続く東1局1本場。

前局の放銃もなんのその、小林がいつも通りの仕掛けを入れ500・1000のアガリ。

東1局1本場 小林 東, 赤ドラ×1 500・1000 ©ABEMA

東2局は多井が[五][八]待ちの先制リーチ。

東2局 多井の手牌 ©ABEMA

[白]をポンしていた親番の小林、ドラ4の堀にもそれぞれテンパイが入る。

東2局 小林の手牌 ©ABEMA
東2局 堀の手牌 ©ABEMA

多井が一盃口のつく高目の[五]をツモ。

1300・2600のアガリでトップ争いに名乗りを上げた。

東2局 多井 リーチ, ツモ, ピンフ, イーペーコー 1300・2600 ©ABEMA

東3局は堀の親番。

[3]で即リーチを敢行すると、小林の3900テンパイをかわして2000オールのアガリ。

2対7の不利なめくり合いを制した。

東3局 小林の手牌 ©ABEMA
東3局 堀 リーチ, ツモ, 裏ドラ×1 2000オール ©ABEMA

東3局1本場、多井がピンフをダマでツモ。400・700のアガリで局を進めた。

東3局1本場 多井 ツモ, ピンフ 400・700 ©ABEMA

東4局は親番の多井が本田のリーチをフリテンのタンヤオでかわし、1000オールの加点。

東4局 本田の手牌 ©ABEMA
東4局 多井 タンヤオ, ドラ×1 1000オール ©ABEMA

続く東4局1本場、堀と多井がピンズのホンイツに向かう。

場にピンズが高くなるなか、堀が嵌[②]の先制テンパイ。

東4局1本場 堀の手牌 ©ABEMA

タンヤオで仕掛けた本田が[③]をプッシュ。

直後に[8]をツモ、500・1000のアガリで局を消化させた。

東4局1本場 本田 タンヤオ, 赤ドラ×1 500・1000 ©ABEMA

小林が1人大きく沈み、他3者が競っている展開で南入。

南1局は親番の本田に堀がやり返す。

本田のホンイツのテンパイをかわしきり、多井から1000のアガリ。

南1局 本田の手牌 ©ABEMA
南1局 堀 白 1000 ©ABEMA

南2局は小林の親番。

リーチをかけた本田から1500をアガり、連荘に成功する。

ここまで満貫以上のアガリは出ていない。

南2局 本田の手牌 ©ABEMA
南2局 小林 中 1500 ©ABEMA

南2局1本場は小林と堀のリーチがぶつかる。

南2局1本場 小林の手牌 ©ABEMA
南2局1本場 堀の手牌 ©ABEMA

堀の[④][⑦]は山に4枚。対する小林は山に[5]が1枚のみ。

しかし麻雀は残り枚数だけで勝敗が決まらない。

なんと小林が[5]をツモ。2600オールのアガリで全員の持ち点が2万点台になった。

南2局1本場 リーチ, ツモ, 赤ドラ×1 2600オール ©ABEMA

続く南2局2本場は[発]暗刻でドラ3の堀が両面チーから発進。

[5]も暗刻にし、[3][4]待ちのテンパイを入れる。

南2局2本場 堀の手牌 ©ABEMA

直後に本田がリーチ宣言牌として[4]を打ち出し、堀のアガリ。

8000の加点で堀がトップに躍り出た。

南2局2本場 本田の手牌 ©ABEMA
南2局2本場 堀 發, ドラ×3, 赤ドラ×1 8000 ©ABEMA

南3局は親番の堀が500オールのアガリ。

南3局 堀 三色同順 500オール ©ABEMA

堀の連荘となった南3局1本場。

小林から打たれたドラの[白]を堀がポン、決定打となる12000のテンパイ。

南3局1本場 堀の手牌 ©ABEMA

小林がリーチを掛けるも、直後に堀が[四]をツモ。

4000オールのアガリが決まり、持ち点は5万点に迫った。

南3局1本場 小林の手牌 ©ABEMA
南3局1本場 堀 白, ドラ×3, 赤ドラ×1 4000オール ©ABEMA

南3局2本場は小林と本田がリーチでぶつかるも流局。

タンヤオのテンパイを入れていた堀が小考の末に手を開き、南3局が続く。

南3局2本場 流局 ©ABEMA

続く南3局3本場は多井がタンヤオで2つ仕掛けて満貫のテンパイを入れる。

しかしこの局も堀。多井から打たれた[六]を仕留め、2000のアガリ。

南3局3本場 多井の手牌 ©ABEMA
南3局3本場 堀 タンヤオ 2000 ©ABEMA

南3局4本場は本田と小林の2人テンパイで流局し、オーラス5本場へ。

南3局4本場 流局 ©ABEMA

オーラスは堀が51800点持ち、小林が18500、親番の多井が16600、本田が13100という並び。

小林が僅か3巡で嵌[④]のテンパイ。役は無いがダマに受ける。

オーラス5本場 小林の手牌 ©ABEMA

堀から[④]が2枚打たれたところで、[7]を残してくっつきのイーシャンテンに戻す選択。

すぐに[8]を引いて[6][9]待ちのピンフ・赤1のテンパイに変わった。

オーラス5本場 小林の手牌 ©ABEMA

[6]が堀から打たれ、2000のアガリで2着を死守。終局となった。

オーラス5本場 堀の手牌 ©ABEMA
オーラス5本場 小林 ピンフ, 赤ドラ×1 2000 ©ABEMA

堀は第1試合に続き本日2連勝。

サクラナイツにとっては年内最後の試合で大仕事を成し遂げた。

第2試合トップの堀 ©ABEMA

第2試合結果
1位 堀(サクラナイツ)+68.3
2位 小林(Pirates)+2.0
3位 多井(ABEMAS)▲23.4
4位 本田(雷電)▲46.9

点数推移グラフ ©ABEMA
第2試合詳細結果 ©ABEMA

12月22日トータル結果

サクラナイツ(堀1着・堀1着)+130.9
雷電(瀬戸熊2着・本田4着)▲33.5
Pirates(瑞原4着・小林2着)▲47.0
ABEMAS(白鳥3着・多井3着)▲50.4

苦しい戦いが続いていたは堀が連勝で今年を締めくくりチームポイントでも大きく浮上した。ABEMASは年末でややポイントを減らしたがまだまだリードを保っており優位な立場。個人順位ワンツーだった本田、瑞原は4着となりMVP争いの二人は痛み分けという形になった。

明日はドリブンズとフェニックスの直接対決。どちらが上位になるかが来年の結果を大きく変えていくだろう。

第2試合終了時点のトータルランキング ©ABEMA
12月23日の対戦カード ©ABEMA
12月22日終了時点の個人スコア

第2試合各局詳細

関連ページ

▼選手・チーム成績スタッツ

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top