麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

学生麻雀連盟
【1/10 Mリーグ2022-23 第2試合結果】先行する萩原聖人をオーラスに捉えて滝沢和典が個人連勝!チーム首位をすかさず奪還!

【1/10 Mリーグ2022-23 第2試合結果】先行する萩原聖人をオーラスに捉えて滝沢和典が個人連勝!チーム首位をすかさず奪還!

BULL2021求人朝宮あろま

麻雀プロリーグ「大和証券Mリーグ2022-23」54日目が1月10日(火)に開催された。

1月10日の対戦カード ©ABEMA
解説:土田浩翔 実況:松嶋桃 ©ABEMA

第1試合結果記事

第2試合出場選手

2試合の出場選手 ©ABEMA

東:萩原聖人

南:多井隆晴

西:渋川難波

北:滝沢和典

第2試合

東1局、滝沢の先制リーチを受けつつ、多井が自風の[南]でアガれるテンパイ。多井のアガリで静かな立ち上がり。

東1局 滝沢の手牌 ©ABEMA
東1局 多井 南 1300 ©ABEMA

東2局、萩原の先制リーチに渋川がドラポンで手を進め対抗。

東2局 渋川の手牌 ©ABEMA

結果は萩原の2000・4000のアガリ。

東2局 萩原 リーチ, ツモ, ピンフ, 赤ドラ×2 ©ABEMA

東3局、親の渋川のリーチを滝沢が仕掛けてかわした。

東3局 渋川の手牌 ©ABEMA
東3局 一気通貫, ドラ×1 2000 ©ABEMA

東4局、多井が[⑨]を暗槓してリーチ。ツモって1000・2000のアガリで南入。

東4局 多井 リーチ, ツモ 1000・2000 ©ABEMA

南1局、渋川のリーチに滝沢が追いかけ、渋川から8000のアガリを決めて、萩原、多井、滝沢が僅差に。

南1局 滝沢 リーチ, ピンフ, イーペーコー, ドラ×1 ©ABEMA

南2局流局を挟み、南2局1本場萩原が2000・4000のアガリで一つ抜ける。

南2局1本場 萩原 リーチ, ツモ, ドラ×1, 赤ドラ×1, 裏ドラ×1 2000・4000 ©ABEMA

南3局、9000点持ちの渋川。自風の東から仕掛け高目三色になる[③]を最後まで持ち続けテンパイ。見事多井から高目の[三]を捉え、3着に浮上。

南3局 多井の手牌 ©ABEMA
南3局 渋川 東, 三色同順, ドラ×1, 赤ドラ×1 12000 ©ABEMA

痛恨の放銃となった多井。南3局2本場に清一色テンパイも滝沢と多井の2人テンパイで流局し、オーラスへ。

南3局2本場 多井の手牌 ©ABEMA

南4局 滝沢が赤赤のテンパイでリーチ。これに萩原がテンパイから放銃となり、滝沢トップ目で連荘。

南4局 滝沢 リーチ, 赤ドラ×2 7700 ©ABEMA

南4局1本場、親番継続した滝沢だが、手牌を狭めてゲームを終わらせにかかる。

ゲームの結果は多井がホンイツでテンパイし、高目の[白]をハイテイでツモって2000・4000。3着に着順を上げ、ゲームセット。

南4局 白, ホンイツ, ハイテイ 2000・4000 ©ABEMA

滝沢は個人連勝となった。

第2試合トップの滝沢 ©ABEMA

第2試合結果
1位 仲林(Pirates)+56.3
2位 たろう(ドリブンズ)+13.0
3位 勝又(風林火山)▲21.3
4位 茅森(フェニックス)▲48.0

点数推移グラフ ©ABEMA
第2試合詳細結果 ©ABEMA

1月10日トータル結果

サクラナイツ(渋川1着・渋川4着)+17.8
麻雀格闘倶楽部(伊達4着・滝沢1着)▲5.4
ABEMAS(日向2着・多井3着)▲5.6
雷電(黒沢3着・萩原2着)▲6.8

この日はほぼスコアは横ばいとなり変動のない結果となった。渋川は惜しくも2戦目に4着のなりスコアを伸ばしきることはできなかった。今後は上位争いのチームは着実にポイントを伸ばす事、フェニックス、ドリブンズは6位浮上に向けて残りの40試合で大きくポイントを稼ぐ事を目標として戦って行くことになる。

まず木曜日の出番となるフェニックスは▲400ポイントの壁を破ることはできるのか。

第2試合終了時点のトータルランキング ©ABEMA
1月12日の対戦カード ©ABEMA
1月10日終了時点の個人スコア

第2試合各局詳細

関連ページ

▼選手・チーム成績スタッツ

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top