麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

スリアロチャンネル
【11/23 Mリーグ2023-24 第2試合結果】競り合いを制して勝利を掴む!菅原千瑛が南場の親満貫和了をきっかけにしてチーム8試合ぶりの連帯となるトップを持ち帰る!2着は繊細な打ち筋を見せた二階堂亜樹!

【11/23 Mリーグ2023-24 第2試合結果】競り合いを制して勝利を掴む!菅原千瑛が南場の親満貫和了をきっかけにしてチーム8試合ぶりの連帯となるトップを持ち帰る!2着は繊細な打ち筋を見せた二階堂亜樹!

CABO求人朝宮あろま

麻雀プロリーグ「大和証券Mリーグ2023-24」39日目が11月23日(木)に開催された。

11月23日の対戦カード ©ABEMA
解説:藤崎智 実況:日吉辰哉 ©ABEMA

第1試合結果記事

第2試合出場選手

第2試合の出場選手 ©ABEMA

東:菅原千瑛

南:渡辺太

西:伊達朱里紗

北:二階堂亜樹

第2試合

東1局、亜樹がドラの[8]をポンすると[3][6]待ちのテンパイに。

[⑨]ポン、[①]ポンと鳴いていた太が清一色のカン[④]待ちのテンパイ。

[⑧]を引いた太はフリテンの[④][⑤][⑦]待ちに変化。

この捲り合いに勝ったのは亜樹。

亜樹は[6]をツモって2000・4000の加点となった。

東1局 太の手牌 ©ABEMA
東1局 亜樹 タンヤオ, ドラ×3, 赤ドラ×1 2000・4000 ©ABEMA

東2局、伊達が[1][4]待ちで先制リーチを敢行。

親の太がダブ[東]をポンして[④][⑦]待ちテンパイで追いつく。

太が[1]を掴んで決着。

伊達は2600の加点に成功した。

東2局 太の手牌 ©ABEMA
東2局 伊達 リーチ, 白 2600 ©ABEMA

東3局、亜樹が[①][④]待ちでテンパイするとこれをダマテンに構える。

[発]をポンした伊達がカン[三]待ちテンパイに。

太から[④]が溢れ、これに亜樹がロンの声。

亜樹は2000の獲得となった。

東3局 伊達の手牌 ©ABEMA
東3局 太の手牌 ©ABEMA
東3局 亜樹 ピンフ, 赤ドラ×1 2000 ©ABEMA

東4局、[三]をチーした伊達がカン[七]待ちの早々のテンパイ。

無警戒の太から[七]が出てしまう。

伊達は1000の加点となった。

東4局 太の手牌 ©ABEMA
東4局 伊達 タンヤオ 1000 ©ABEMA

南1局、ドラの[②]をポンした菅原が程なくして[3][6][四]待ちのテンパイ。

イーシャンテンの伊達から[四]が溢れて決着。

菅原は12000の加点に成功した。

南1局 伊達の手牌 ©ABEMA
南1局 菅原 タンヤオ, ドラ×3, 赤ドラ×1 12000 ©ABEMA

南1局1本場は流局し南2局2本場に。

亜樹が[4][7]待ちで先制リーチ。

菅原がペン[七]待ちで追いかけリーチを敢行。

亜樹がを[七]掴みこれに菅原がロンの声。

菅原は2600の直撃に成功した。

南2局2本場 亜樹の手牌 ©ABEMA
南2局2本場 菅原 リーチ, 裏ドラ 2600 ©ABEMA

南3局は流局し、南3局1本場。

[発]をポンした菅原がペン[七]待ちでテンパイ。

太から[七]が放たれて決着。

菅原は1300の加点でトップに向けて価値のあるアガリとなった。

南3局 太の手牌 ©ABEMA
南3局 菅原 發 1300 ©ABEMA

オーラス、[発]暗刻の太はカン[六]待ちでテンパイしこれをダマテンに構える。

[3]をチーして伊達もテンパイ、[五][八][⑧]待ちに。

直後、[中]ポンで菅原はカン[四]待ちテンパイ。

太が[六]を手繰り寄せる。

太は700・1300の加点となり3着を守り切った。

この太のアガリで菅原のトップが確定した。

オーラス 伊達の手牌 ©ABEMA
オーラス 菅原の手牌 ©ABEMA
オーラス 太 ツモ, 發 700・1300 ©ABEMA
第2試合トップの菅原 ©ABEMA

第2試合結果
1位 菅原(BEAST)+58.1
2位 亜樹(風林火山)+9.5
3位 太(ドリブンズ)▲20.5
4位 伊達(麻雀格闘倶楽部)▲47.1

点数推移グラフ ©ABEMA
第2試合詳細結果 ©ABEMA

11月23日トータル結果

風林火山(瑠美1着・亜樹2着)+94.7
ドリブンズ(園田2着・太3着)+3.6
BEAST(猿川4着・菅原1着)▲29.3
麻雀格闘倶楽部(高宮3着・伊達4着)▲69.0

風林火山が大きく加点を決めて首位に浮上、麻雀格闘倶楽部が苦しみ2位に後退した。BEASTは猿川が余りにも苦しい4着となったが菅原が久々のトップを持ち帰った。この1勝が今後へのきっかけとなるか。

第2試合終了時点のトータルランキング ©ABEMA
11月24日の対戦カード ©ABEMA
11月23日終了時点の個人スコア

第2試合各局詳細

関連ページ

▼選手・チーム成績スタッツ

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top