麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

大洋技研株式会社
【12/19 Mリーグ2023-24 第2試合結果】志願の連投で勝利を掴む!東城りおが東1局満貫放銃からのスタートとなるも徐々に得点を重ね、オーラスに跳満和了で逆転トップ獲得!2着は2枚切れのカンチャンリーチをモノにした滝沢和典!!

【12/19 Mリーグ2023-24 第2試合結果】志願の連投で勝利を掴む!東城りおが東1局満貫放銃からのスタートとなるも徐々に得点を重ね、オーラスに跳満和了で逆転トップ獲得!2着は2枚切れのカンチャンリーチをモノにした滝沢和典!!

CABO求人ニルウッドカバー

麻雀プロリーグ「大和証券Mリーグ2023-24」54日目が12月19日(火)に開催された。

12月19日の対戦カード ©ABEMA
解説:石橋伸洋 実況:松嶋桃 ©ABEMA

第1試合結果記事

第2試合出場選手

第2試合の出場選手 ©ABEMA

東:鈴木たろう

南:二階堂瑠美

西:東城りお

北:滝沢和典

第2試合

東1局、瑠美が[中]の暗槓、高打点を狙う。

そこに滝沢が2枚切れのカン[⑦]待ちで先制リーチをかける。

程なくして瑠美が[5][8]待ちで追いつき1巡だけダマるも次巡リーチで応戦。

手詰まった東城から2者のスジや現物となっている[⑦]が放たれて決着。

滝沢は8000の加点に成功し好スタートを切った。

東1局 瑠美の手牌 ©ABEMA
東1局 東城の手牌 ©ABEMA
東1局 滝沢 リーチ, ドラ×1, 裏ドラ×2 8000 ©ABEMA

東2局、滝沢が役ありのカン[二]待ちでテンパイしこれをダマテンに構える。

直後[発]を鳴いていたたろうも[二][五]待ちでテンパイ。

程なくして東城は[②][⑤][⑧]待ちでリーチを敢行。

3人に囲まれた瑠美から放たれたのは[②]

東城は8000の獲得となり先ほどの失点をすぐに取り返した。

東2局 滝沢の手牌 ©ABEMA
東2局 たろうの手牌 ©ABEMA
東2局 瑠美の手牌 ©ABEMA
東2局 東城 リーチ, ピンフ, ドラ×1, 裏ドラ×1 8000 ©ABEMA

東3局、2者が素手牌1段目にリーチをかける激しい展開に。

まずはたろうが[2][5]待ちの先制リーチ。

直後東城が[1][4][7]待ちの追いかけリーチをかける。

たろうが[2]を一発でツモ。

たろうは2000・4000の獲得となりトップ目に立った。

東3局 東城の手牌 ©ABEMA
東3局 たろう リーチ, 一発, ツモ, 發 2000・4000 ©ABEMA

東4局、東城が[8]をポンしてドラの[白]後付けのテンパイ。

そこにたろうが[七]チーして[④][⑦]待ちのテンパイに。

滝沢がテンパイしたところで[白]を切ってしまう。

東城は8000の加点に成功した。

東4局 たろうの手牌 ©ABEMA
東4局 滝沢の手牌 ©ABEMA
東4局 東城 白, ドラ×3 8000 ©ABEMA

南1局は流局し、南2局1本場へ。

たろうが[中]ポン、[白]ポンと仕掛けてホンイツを狙う。

そこに東城が[4][7]待ちで先制リーチを敢行。

直後たろうも[⑤][⑧]待ちでテンパイ。

瑠美はリーチ者の現物[⑧]を切るも、たろうがこれにロンの声。

たろうは8000の獲得で頭一つとびぬけるトップ目になった。

南2局1本場 東城の手牌 ©ABEMA
南2局1本場 瑠美の手牌 ©ABEMA
南2局1本場 たろう 白, 中, ホンイツ 8000 ©ABEMA

南3局、[白]をポンしていた東城が[⑤][⑧]待ちでテンパイする。

イーシャンテンのたろうから[赤⑤]が余り決着。

東城はトップ目たろうから3900の直撃に成功した。

南3局 たろうの手牌 ©ABEMA
南3局 東城 白, 赤ドラ×1 3900 ©ABEMA

南3局1本場は流局し、南3局2本場へ。

瑠美は役なしのカン[三]待ちでテンパイしこれをダマテンに構える。

次巡、瑠美は一度テンパイを外し、好形変化や打点上昇を狙う。

程なくして[三][六]待ちとなった瑠美はリーチをかける。

直後、[赤⑤]を引き入れた滝沢がカン[4]待ちで追いかけリーチ。

瑠美が[4]を掴んでしまう。

滝沢は8000の獲得となり、上3人が4500点差という接戦でオーラスへ。

南3局2本場 瑠美の手牌 ©ABEMA
南3局2本場 滝沢 リーチ, ドラ×1, 赤ドラ×2 8000 ©ABEMA

オーラス、東城が[二]ポン、[⑧]ポンと仕掛けホンイツへ向かう。

そこに瑠美がカン[⑧]待ちでリーチをかけ素点の回復を図る。

更に滝沢も役なしカン[四]待ちでテンパイし、これをダマテンに。

次巡滝沢は[四]をツモ。

滝沢は1000オールの加点でトップ目に浮上した。

オーラス 瑠美の手牌 ©ABEMA
オーラス 滝沢 ツモ, 赤ドラ×1 1000オール ©ABEMA

オーラス1本場、東城が嬉しいカン[③]を引き入れ、アガればトップの[二][五]待ち先制リーチを敢行。

勝負手に育った瑠美から[二]が放たれて決着。

東城は12000の加点で逆転トップを獲得した。

オーラス1本場 瑠美の手牌 ©ABEMA
オーラス1本場 東城 リーチ, ピンフ, タンヤオ, 三色同順, ドラ×1 12000 ©ABEMA

第2試合トップの東城 ©ABEMA

第2試合結果
1位 東城(フェニックス)+64.7
2位 滝沢(麻雀格闘倶楽部)+19.1
3位 たろう(ドリブンズ)▲3.1
4位 瑠美(風林火山)▲80.7

点数推移グラフ ©ABEMA
第2試合詳細結果 ©ABEMA

12月19日トータル結果

フェニックス(東城2着・東城1着)+74.5
麻雀格闘倶楽部(伊達3着・滝沢2着)+1.4
風林火山(勝又1着・瑠美4着)▲25.0
ドリブンズ(園田4着・たろう3着)▲50.9

志願連闘で結果を出した東城、フェニックスが大きくスコアを加算し今後に向けて大きな1勝となった。

ドリブンズは首位サクラナイツとの差が広がり一歩後退、しかし試合展開も僅差の展開だっただけにまだまだここからと言えるだろう。

本日の第1試合の結果により、個人首位には勝又が浮上した。

第2試合終了時点のトータルランキング ©ABEMA
12月21日の対戦カード ©ABEMA
12月19日終了時点の個人スコア

第2試合各局詳細

関連ページ

▼選手・チーム成績スタッツ

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top