麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

学生麻雀連盟
【12/21 Mリーグ2023-24 第2試合結果】効率良く運も味方につけて個人2連勝!渡辺太が偶発役も駆使して高打点を決めてトップ獲得!2着は南場の親番で大物手を仕上げた小林剛!

【12/21 Mリーグ2023-24 第2試合結果】効率良く運も味方につけて個人2連勝!渡辺太が偶発役も駆使して高打点を決めてトップ獲得!2着は南場の親番で大物手を仕上げた小林剛!

CABO求人ニルウッドカバー

麻雀プロリーグ「大和証券Mリーグ2023-24」55日目が12月21日(木)に開催された。

12月21日の対戦カード ©ABEMA
解説:土田浩翔 実況:日吉辰哉 ©ABEMA

第1試合結果記事

第2試合出場選手

第2試合の出場選手 ©ABEMA

東:渋川難波

南:渡辺太

西:小林剛

北:魚谷侑未

第2試合

東1局、魚谷は七対子[白]単騎でテンパイしリーチをかける。

[白]暗刻の太がをチーして[6][9]待ちテンパイ。

魚谷の現物となっていた[6]を小林が切ってしまう。

太は2000の加点となり静かな滑り出しとなった。

東1局 魚谷の手牌 ©ABEMA
東1局 小林の手牌 ©ABEMA
東1局 太 白, 赤ドラ×1 2000 ©ABEMA

東2局、小林が[白]ポンして[1][⑤]シャンポン待ちのテンパイをあっという間に入れる。

そこに自風[北]暗刻の渋川がペン[3]待ちでリーチを敢行。

ダブ[東]をポンできた太がカン[三]待ちのテンパイで追いつく。

太が[⑤]を掴み決着。

小林は2000の加点に成功した。

東2局 渋川の手牌 ©ABEMA
東2局 太の手牌 ©ABEMA
東2局 小林 白, 赤ドラ×1 2000 ©ABEMA

東3局、渋川が混一色の[4][7]待ち先制テンパイをいれる。

そこに小林が[発]ポン、[9]ポンと鳴きを入れカン[8]待ちのテンパイ。

小林が[4]を掴んでしまう。

渋川は3900の加点となった。

東3局 小林の手牌 ©ABEMA
東3局 渋川 白, ホンイツ 3900 ©ABEMA

東4局、小林がカン[四]待ちでテンパイとなるも[三]を切り一度テンパイを外す。

そこに太が[③][⑥]待ちでリーチを敢行。

渋川がカン[⑦]待ちで追いつきこちらもリーチをかける。

渋川が海底の手番で[③]を掴んでしまう。

太は12000の加点に成功し、大きなリードを持っての南入となった。

東4局 渋川の手牌 ©ABEMA
東4局 太 リーチ, ピンフ, ホーテイ, 赤ドラ×1, 裏ドラ×2 12000 ©ABEMA

南1局、太が[六]をチーして[⑥][⑦]待ちのテンパイ。

そこに渋川が[赤五]をチーして[②][⑤]待ちのテンパイに。

渋川が[⑥]を掴んで決着。

太は2000の獲得となった。

南1局 渋川の手牌 ©ABEMA
南1局 太 一気通貫, 赤ドラ×1 2000 ©ABEMA

南2局、ここまで苦しい渋川が七対子のドラ[8]単騎で先制リーチ。

ラス目渋川のリーチに対して他家3人はオリ気味の進行。

一人旅となった渋川は[8]をしっかりツモ。

渋川は3000・6000の加点に成功した。

南2局 渋川 リーチ, ツモ, チートイツ, ドラ×2 3000・6000 ©ABEMA

南3局、小林が[中]をポンしてトイトイも視野に入れつつ速いアガリを目指す。

この小林の仕掛けに対して太が絞って進行を防ぐ。

しかし小林は自力で[四][七]待ちのテンパイを入れる。

ここで渋川は魚谷から出た[⑤]をチーするか長考。

長考の末チーの判断となりテンパイを取るも余った牌は[四]

小林は12000の加点となった。

南3局 渋川の手牌 ©ABEMA
南3局 小林 中, ドラ×2, 赤ドラ×1 12000 ©ABEMA

南3局1本場、魚谷がオタ風[北]から仕掛け出し混一色へ向かう。

そこに太が[二][五][八]待ちの好形リーチをかける。

魚谷から一発[五]でが出てしまう。

裏ドラが2枚乗り、太は12000の加点に成功した。

南3局1本場 魚谷の手牌 ©ABEMA
南3局1本場 太 リーチ, 一発, ピンフ, ドラ×1, 裏ドラ×2 12000 ©ABEMA

オーラス、渋川が役ありの[三][六]待ちテンパイをあっという間に入れ、3着キープ狙いでダマテンに。

太からあっさりと[三]が放たれて決着。

渋川は3900の加点で狙い通り3着キープに成功した。

この渋川のアガリをもって太のトップが確定した。

オーラス 太の手牌 ©ABEMA
オーラス 渋川 ピンフ, ドラ×1, 赤ドラ×1 3900 ©ABEMA
第2試合トップの太 ©ABEMA

第2試合結果
1位 太(ドリブンズ)+63.4
2位 小林(Pirates)+11.1
3位 渋川(サクラナイツ)▲23.2
4位 魚谷(フェニックス)▲51.3

点数推移グラフ ©ABEMA
第2試合詳細結果 ©ABEMA

12月21日トータル結果

Pirates(優1着・小林2着)+77.1
ドリブンズ(園田4着・太1着)+13.0
フェニックス(醍醐2着・魚谷4着)▲39.5
サクラナイツ(堀3着・渋川3着)▲50.6

優が個人4連勝を決めたPiratesが浮上、サクラナイツが苦戦となったことで上位3チームの差がより縮まる1日となった。フェニックスはあと一歩届かない展開となったが鋭い判断が随所に見られた、年内の試合はここまでだが、来年にはまた前向きに戦って行けるだろう。

第2試合終了時点のトータルランキング ©ABEMA
12月22日の対戦カード ©ABEMA
12月21日終了時点の個人スコア

第2試合各局詳細

関連ページ

▼選手・チーム成績スタッツ

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top