麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

学生麻雀連盟
【12/21 Mリーグ2023-24 第1試合結果】4連勝で個人成績首位に!鈴木優が得意の攻めで手にした跳満和了のリードを活かしてトップ獲得!2着は積極的な鳴きで得点を重ねた醍醐大!

【12/21 Mリーグ2023-24 第1試合結果】4連勝で個人成績首位に!鈴木優が得意の攻めで手にした跳満和了のリードを活かしてトップ獲得!2着は積極的な鳴きで得点を重ねた醍醐大!

CABO求人ニルウッドカバー

麻雀プロリーグ「大和証券Mリーグ2023-24」55日目が12月21日(木)に開催された。

12月21日の対戦カード ©ABEMA
解説:土田浩翔 実況:日吉辰哉 ©ABEMA

第1試合出場選手

第1試合の出場選手 ©ABEMA

東:醍醐大

南:鈴木優

西:園田賢

北:堀慎吾

第1試合

東1局、ダブ[東]対子の醍醐が1巡目から[発]をポンして積極的な姿勢を見せる。

程なくして醍醐は[七][東]シャンポン待ちのテンパイに。

その直後優がカン[②]待ちでリーチを敢行。

優のリーチにひるまず押し切った醍醐が[東]をツモ。

醍醐は4000オールの加点で好スタートを切った。

東1局 優の手牌 ©ABEMA
東1局 醍醐 發, ダブ東, 赤ドラ×1 4000オール ©ABEMA

東1局1本場、[中]をポンしていた優がフリテンの[④][⑦]待ちで先制テンパイ。

優は[⑦]を難なくツモ。

優は2000・4000の加点に成功した。

東1局1本場 優 2000・4000 ©ABEMA

東2局は醍醐と優が早々に仕掛け出し空中戦の様相を呈す。

醍醐は場風[東]ポン自風[北]ポン、[一]チーと仕掛けペン[③]待ちのテンパイに。

すぐに優も混一色のカン[3]待ちテンパイで追いつく。

イーシャンテンの園田から[③]が溢れて決着。

醍醐は8000の獲得となった。

東2局 優の手牌 ©ABEMA
東2局 園田の手牌 ©ABEMA
東2局 醍醐 東, 北, チャンタ, ドラ×1 8000 ©ABEMA

東3局、堀が積極的に仕掛けを入れ、あっという間に混一色のカン[8]待ちテンパイ。

そこに目一杯に構えていた優が[8]を暗刻にして[①][④][⑦]待ちの先制リーチを敢行。

優は高目の[①]を一発でツモ。

優は3000・6000の加点でトップ目に浮上した。

東3局 優 リーチ, 一発, ツモ, 一気通貫, ドラ×1, 赤ドラ×1 ©ABEMA

東4局、醍醐が嬉しいカン[4]を引き入れると[1][4]待ちの先制リーチ。

そこに優が[⑤]をチーして[四][七]待ちのテンパイに。

さらにすぐに追いついた園田がカン[三]待ちで追いかけリーチをかける。

この捲り合いに勝ったのは優。

醍醐から[七]が放たれ優がこれにロンの声。

優は1000の加点ながら2人のリーチを躱す大きなアガリとなった。

東4局 醍醐の手牌 ©ABEMA
東4局 園田の手牌 ©ABEMA
東4局 優 タンヤオ 1000 ©ABEMA

南1局、ドラ2の堀はペン[③]待ちでテンパイするとリーチを敢行。

自風[西]をポンしていた園田がカン[④]待ちのテンパイに。

[⑤]を掴んだ園田は一旦テンパイを外して様子をうかがう。

程なくして園田は[一][四]待ちで再びテンパイに。

堀が[一]を掴んでしまう。

園田は2000の加点に成功した。

南1局 堀の手牌 ©ABEMA
南1局 園田 西, 赤ドラ×1 2000 ©ABEMA

南2局、醍醐が[⑤]切ってカン[②]待ちのテンパイとなりこれを一旦ダマテンに構える。

次巡醍醐は[六]を手出ししてリーチを敢行。

直後堀がチャンタドラ2のペン[三]待ちでテンパイに。

終盤に園田が[五][八]待ちで追いつき、リーチをかける。

ハイテイの手番で[⑤]を掴んだ堀はオリを選択。

結局、醍醐と園田の二人テンパイで流局した。

南2局 流局 ©ABEMA

南3局1本場、園田が好配牌を入れるも先制テンパイは優。

トップ目の優は[5][6]待ちでテンパイするとダマテンを選択。

そこに園田が[1][4]待ちのリーチを敢行。

直後優は[5]をツモ。

優は500・1000の加点となり、2着目醍醐と10000点以上の差をつけてオーラスに入った。

南3局 園田の手牌 ©ABEMA
南3局 優 ツモ, ドラ×1 500・1000 ©ABEMA

オーラス、親の堀が[4][7]待ちで先制リーチ。

手詰まった醍醐から[7]が溢れてしまう。

堀は3900の加点に成功した。

オーラス 醍醐の手牌 ©ABEMA
オーラス 堀 リーチ, 赤ドラ×1 3900 ©ABEMA

オーラス1本場、園田が[②][④][⑤][⑦][⑧]待ちでテンパイしリーチを敢行、3着目浮上を狙う。

[六]をチーしていた優が[一]ではアガれない[一][四][七]待ちでテンパイ。

園田が[④]をツモって決着。

園田は1000・2000の獲得。

裏ドラが乗れば園田は3着浮上だったが裏ドラは乗らず4着目で終局となった。

このアガリをもって優のトップが確定。優は個人ポイント首位に立った。

オーラス1本場 優の手牌 ©ABEMA
オーラス1本場 園田 リーチ, ツモ, タンヤオ 1000・2000 ©ABEMA
第1試合トップの優 ©ABEMA

第1試合結果
1位 優(Pirates)+66.0
2位 醍醐(フェニックス)+11.8
3位 堀(サクラナイツ)▲27.4
4位 園田(ドリブンズ)▲50.4

第1試合詳細結果 ©ABEMA
第1試合終了時点のトータルランキング ©ABEMA

第1試合各局詳細

第2試合結果記事

関連ページ

▼選手・チーム成績スタッツ

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top