麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

学生麻雀連盟
【1/4 Mリーグ2023-24 第1試合結果】最高打点2000での1勝!仲林圭が計5回のアガリで点棒をコツコツ稼ぎ、2024年最初の試合で個人5勝目となるトップ獲得!2着は親番で一撃決まった松本吉弘!

【1/4 Mリーグ2023-24 第1試合結果】最高打点2000での1勝!仲林圭が計5回のアガリで点棒をコツコツ稼ぎ、2024年最初の試合で個人5勝目となるトップ獲得!2着は親番で一撃決まった松本吉弘!

CABO求人朝宮あろま

麻雀プロリーグ「大和証券Mリーグ2023-24」59日目が1月4日(木)に開催された。

1月4日の対戦カード ©ABEMA
解説:土田浩翔 実況:日吉辰哉 ©ABEMA

第1試合出場選手

第1試合の出場選手 ©ABEMA

東:鈴木大介

南:伊達朱里紗

西:仲林圭

北:松本吉弘

第1試合

東1局は伊達と仲林のリーチがぶつかり激しい捲り合いとなるも、決着は付かずに流局。

東1局 流局 ©ABEMA

東2局は仲林がタンヤオの[六][⑥]シャンポン待ちをヤミテンに構える。伊達がペン[7]待ちの先制リーチを敢行するも、直後に仲林が[六]をツモって500・1000のアガリ。

東2局 伊達の手牌 ©ABEMA
東2局 仲林 ツモ, タンヤオ 500・1000 ©ABEMA

東3局は仲林が2つ仕掛けて[白]とドラ[中]のシャンポン待ちでテンパイするなか、大介がタンヤオ片アガリの[⑥]をツモ。500・1000のアガリで勝負手をかわした。

東3局 仲林の手牌 ©ABEMA
東3局 大介 タンヤオ, 赤ドラ×1 500・1000 ©ABEMA

東4局、親の松本が[北]とドラ[二]のシャンポン待ちで先制リーチ。そこに伊達も追いつくが、リーチ宣言牌として打ち出した[北]で放銃となる。松本が7700の大きなアガリを決めた。

東4局 伊達の手牌 ©ABEMA
東4局 松本 リーチ, ドラ×2 7700 ©ABEMA

東4局1本場は仲林が[白]をポンして伊達から1000のアガリ。南入となる。

東4局1本場 仲林 白 1000 ©ABEMA

南1局、南2局も仲林が役牌ポンから颯爽と仕掛け、早いアガリで局を進めていく。

南1局 仲林 發, 赤ドラ×1 2000 ©ABEMA
南2局 仲林 白 1000 ©ABEMA

南3局、親番を迎えた仲林が[三][⑦]のシャンポン待ちでテンパイ。手替わり期待でヤミテンに構えると、そのまま[⑦]をツモって500オール。

南3局 仲林 ツモ 500オール ©ABEMA

続く南3局1本場は大介がピンフドラ1の[⑥][⑨]待ちで先制リーチ。同巡に松本が七対子でテンパイし[四]単騎のヤミテンを入れると、大介が一発目のツモで[四]を掴んで放銃。松本が1600を加点してオーラスへ。

南3局1本場 大介の手牌 ©ABEMA
南3局1本場 松本 チートイツ 1600 ©ABEMA

オーラス、持ち点は仲林が35,600、松本が32,500、大介が18,500、伊達が13,400という並び。

3着浮上を目指す伊達が七対子[1]待ちで先制リーチを敢行。[南]ポンから遠い仕掛けを入れていた大介も[4][7]待ちのテンパイで追いつく。さらに仲林も役無しの[四][七]待ちテンパイを入れ、3者の勝負に。

結果は大介が[1]を掴んで伊達のアガリ。裏も2枚乗って8000の直撃が決まり、見事伊達が3着浮上を果たした。

オーラス 大介の手牌 ©ABEMA
オーラス 伊達 リーチ, チートイツ, 裏ドラ×2 8000 ©ABEMA

仲林が計5回のアガリで点棒をコツコツ稼ぎ、2024年最初の試合で個人5勝目となるトップを飾った。

第1試合トップの仲林 ©ABEMA

第1試合結果
1位 仲林(Pirates)+55.6
2位 松本(ABEMAS)+12.5
3位 伊達(麻雀格闘倶楽部)▲18.6
4位 大介(BEAST)▲49.5

点数推移グラフ ©ABEMA
第1試合詳細結果 ©ABEMA
第1試合終了時点のトータルランキング ©ABEMA

第1試合各局詳細

第2試合結果記事

関連ページ

▼選手・チーム成績スタッツ

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top