麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

CABOクィーンカップ
【1/12 Mリーグ2023-24 第1試合結果】ラス目からの大逆転!猿川真寿が中々アガリに恵まれない苦しい展開の中、南3局から2連続のアガリを決めてトップを奪い去る!2着は東1局での12000のリードを守った堀慎吾!

【1/12 Mリーグ2023-24 第1試合結果】ラス目からの大逆転!猿川真寿が中々アガリに恵まれない苦しい展開の中、南3局から2連続のアガリを決めてトップを奪い去る!2着は東1局での12000のリードを守った堀慎吾!

CABO求人ニルウッドカバー

麻雀プロリーグ「大和証券Mリーグ2023-24」64日目が1月12日(金)に開催された。

1月12日の対戦カード ©ABEMA
解説:朝倉康心 実況:小林未沙 ©ABEMA

第1試合出場選手

第1試合の出場選手 ©ABEMA

東:堀慎吾

南:猿川真寿

西:勝又健志

北:佐々木寿人

第1試合

東1局、勝又以外の三者に好配牌が入り、いきなりぶつかり合いが予想される展開に。

先制テンパイは堀。

堀は満貫以上が確定している[4][7]待ちでテンパイし、これをダマテンに構える。

まだ警戒の薄い勝又から[4]が放たれてしまう。

堀は12000の加点に成功し好スタートを切った。

東1局 勝又の手牌 ©ABEMA
東1局 堀 ピンフ, タンヤオ, イーペーコー, ドラ×1, 赤ドラ×1 12000 ©ABEMA

東1局1本場は流局し東2局2本場に。

堀が自風[北]をポンして速いアガリを狙う。

堀はあっという間にカン[③]待ちのテンパイに。

堀は難なくをツモ。

堀は300・500の加点となった。

東2局2本場 堀 北 300・500 ©ABEMA

東3局、寿人が3巡目にカン[5]待ちのリーチを敢行。

ビハインド状況の勝又が押し返し、[4][7]待ちのリーチで応戦する。

勝又が[7]をツモ。

勝又は2000オールの加点に成功した。

東3局 寿人の手牌 ©ABEMA
東3局 勝又 リーチ, ツモ, 赤ドラ×1 2000オール ©ABEMA

東3局1本場は流局し東3局2本場に。

寿人が嬉しい[③]を引き[二][五]待ちの先制リーチをかける。

イーシャンテンの勝又から[二]が放たれて決着。

寿人は2600の獲得となった。

東3局2本場 勝又の手牌 ©ABEMA
東3局2本場 寿人 リーチ, タンヤオ 2600 ©ABEMA

東4局は流局し、東4局1本場へ。

堀が自風[南]をポンして萬子の混一色にまっすぐ向かっていく。

堀はイーシャンテンからイーシャンテンの[七]ポンもして積極的な姿勢を見せる。

程なくして堀はカン[五]待ちのテンパイに。

そこに猿川が[5][四]シャンポン待ちでテンパイし、ダマテンに構える。

しかし結局アガリは出ることなく流局となり、堀が1歩リードという状況で南入となった。

東4局1本場 流局 ©ABEMA

南1局2本場、カン[七]を引き入れた寿人が[4][7]待ちの先制リーチ。

寿人は山から[7]を手繰り寄せる。

寿人は1000・2000の加点に成功した。

南1局2本場 寿人 リーチ, ツモ, 裏ドラ×1 1000・2000 ©ABEMA

南2局、勝又が4巡目に[二][五]待ちの先制リーチを敢行。

イーシャンテンの寿人が[八]を暗槓して押し返す。

三暗刻が確定している寿人が[3][6]待ちテンパイで追いつき、これをダマテンに構える。

次巡、四暗刻変化の[⑥]の枚数が減ったところで寿人はリーチを敢行。

寿人が再び[8]を暗槓するとめくれた新ドラは[八]

さらに猿川も[3][6][④]待ちで追いかけリーチを敢行。

勝又が[二]を山から手繰り寄せる。

勝又は3000・6000の大きな加点となった。

南2局 寿人の手牌 ©ABEMA
南2局 猿川の手牌 ©ABEMA
南2局 勝又 リーチ, ツモ, ピンフ, ドラ×1, 裏ドラ×2 3000・6000 ©ABEMA

南3局、猿川はカン[②]待ちで先制リーチをかける。

猿川はすぐに[②]をツモ。

猿川は2000・4000の加点となり、全員が20000点台という平たい状況でオーラスに入った。

南3局 猿川 リーチ, ツモ, ドラ×1, 裏ドラ×1 2000・4000 ©ABEMA

オーラス、猿川は[1][4]待ちでテンパイし先制リーチをかける。

猿川のリーチは高目[4]をツモればトップに、安目[1]の出アガリでも3着に浮上する可能性が残るという状況に。

勝又が回りながら役ありのカン[⑥]待ちでテンパイし、これをダマテンに構える。

しかしこの勝負を制したのは猿川。高目の[4]を山から引き当てる。

猿川は1300・2600の加点でトップを勝ち取った。

オーラス 勝又の手牌 ©ABEMA
オーラス 猿川 リーチ, ツモ, ピンフ, タンヤオ 1300・2600 ©ABEMA
第1試合トップの猿川 ©ABEMA

第1試合結果
1位 猿川(BEAST)+46.8
2位 堀(サクラナイツ)+6.7
3位 勝又(風林火山)▲15.7
4位 寿人(麻雀格闘倶楽部)▲37.8

点数推移グラフ ©ABEMA
第1試合詳細結果 ©ABEMA
第1試合終了時点のトータルランキング ©ABEMA

第1試合各局詳細

第2試合結果記事

関連ページ

▼選手・チーム成績スタッツ

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top