麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

CABOクィーンカップ
【1/12 Mリーグ2023-24 第2試合結果】BEASTが同日連勝でチーム3連勝!菅原千瑛が東1局で大きく他家を突き放すと効果的なダマテンも駆使してトップを守り切る!2着はメリハリのきいた押し引きを見せた渋川難波!

【1/12 Mリーグ2023-24 第2試合結果】BEASTが同日連勝でチーム3連勝!菅原千瑛が東1局で大きく他家を突き放すと効果的なダマテンも駆使してトップを守り切る!2着はメリハリのきいた押し引きを見せた渋川難波!

CABO求人ニルウッドカバー

麻雀プロリーグ「大和証券Mリーグ2023-24」64日目が1月12日(金)に開催された。

1月12日の対戦カード ©ABEMA
解説:朝倉康心 実況:小林未沙 ©ABEMA

第1試合結果記事

第2試合出場選手

第2試合の出場選手 ©ABEMA

東:菅原千瑛

南:二階堂瑠美

西:高宮まり

北:渋川難波

第2試合

東1局、親の管原が[四][九]待ちで先制リーチを敢行。

イーシャンテンの高宮が一発で[九]を掴んでしまう。

管原は12000の大きな加点で好スタートを切った。

東1局 高宮の手牌 ©ABEMA
東1局 菅原 リーチ, 一発, ドラ×1, 裏ドラ×1 12000 ©ABEMA

東1局1本場、[発]暗刻の管原が[1]ポンして[②][⑤]待ちでテンパイ。

高宮から[②]が溢れて決着。

管原は7700の加点に成功した。

東1局1本場 高宮の手牌 ©ABEMA
東1局1本場 菅原 發, ドラ×1, 赤ドラ×1 7700 ©ABEMA

東1局2本場jは流局し、東1局3本場へ。

瑠美が[③][⑥]待ちでテンパイするとダマテンを選択。

程なくして瑠美は[⑥]をツモ。

瑠美は400・700の加点となった。

東1局3本場 瑠美 ツモ, ピンフ 400・400 ©ABEMA

東2局、高宮が自風[南]をポンして混一色に向かう。

そこに渋川が[一][四]待ちでリーチを敢行。

高宮もペン[七]待ちのテンパイで追いつく。

イーシャンテンの瑠美から[一]が余ってしまう。

渋川は3900の加点に成功した。

東2局 高宮の手牌 ©ABEMA
東2局 瑠美の手牌 ©ABEMA
東2局 渋川 リーチ, ピンフ, ドラ×1 3900 ©ABEMA

東3局、高宮が高目三色の[⑥][⑨]待ち先制リーチ。

高宮は高目の[⑨]をしっかりツモ。

高宮は6000オールの大きな加点に成功した。

東3局 高宮 リーチ, ツモ, ピンフ, 三色同順, 裏ドラ×1 6000オール ©ABEMA

東3局1本場、[中]ポンしていた菅原は[6][9]待ちのテンパイに。

高宮がダブ[東]ポンして立ち向かうも管原が[6]をツモ。

管原は300・500の獲得となった。

東3局 菅原 中 300・500 ©ABEMA

東4局、渋川が[白]をポンして混一色も視野に入れた進行。

そこに[発]をポンしていた瑠美がカン[二]待ちでテンパイ。

高宮はが[二]余る可能性もあったが[二]を使い切って[一]単騎の七対子でテンパイする。

終盤に渋川もペン[7]待ちでテンパイする。

[7]を掴んだ瑠美は[一]で降りようとするもこれに高宮がロンの声。

高宮は1600の加点となった。

東4局 渋川の手牌 ©ABEMA
東4局 瑠美の手牌 ©ABEMA
東4局 高宮 チートイツ 1600 ©ABEMA

南1局、菅原が七対子[6]単騎でテンパイしダマテンを選択。

同巡、[発]暗刻の瑠美もカン[⑦]待ちでテンパイしこちらもダマテンに。

場風[南]をポンして渋川も[⑤][⑧]待ちのテンパイで追いつく。

管原は待ちが[4][7]へと変化したところでリーチを敢行。

これを受けて瑠美もリーチで応戦。

この三者の捲り合いに勝ったのは渋川。

渋川は[⑤]をツモって2000・4000の加点に成功した。

南1局 菅原の手牌 ©ABEMA
南1局 瑠美の手牌 ©ABEMA
南1局 渋川 南, ドラ×2, 赤ドラ×1 2000・4000 ©ABEMA

南2局は流局し、南2局1本場へ。

終盤に高宮がタンヤオのみの[②][四]シャンポン待ちのテンパイ。

高宮の待ちは[五][八]へ変化。

仕掛けていた親の瑠美は局の終わり際に[3][6]待ちのテンパイを入れる。

高宮が[五]をツモって決着。

高宮は300・500の加点となった。

南2局1本場 瑠美の手牌 ©ABEMA
南2局1本場 高宮 タンヤオ 300・500 ©ABEMA

南3局、親の高宮が4巡目に[四][七]待ちのリーチ。

高宮は難なく[七]をツモ。

高宮は1000オールの加点に成功した。

南3局 高宮 リーチ, ツモ 1000オール ©ABEMA

南3局1本場、菅原はピンフのみの[4][7]待ちテンパイをダマテンに構える。

そこに瑠美が[2][5]待ちでリーチを敢行。

管原はダマのまま押し切って[4]をツモ。

管原は400・700の獲得となりトップ目のままオーラスを迎えた。

南3局1本場 瑠美の手牌 ©ABEMA
南3局1本場 菅原 ツモ, ピンフ 400・700 ©ABEMA

オーラス、親の渋川が[②][⑤]待ちで先制リーチ。

渋川はすぐに[②]をツモ。

渋川は1300オールの加点でトップ目菅原との差を縮めた。

オーラス 渋川 リーチ, ツモ, ピンフ 1300オール ©ABEMA

オーラス1本場、菅原が三色確定のカン[②]待ちでテンパイしダマテンに構える。

高宮からがすぐに[②]があふれて決着。

管原は8000の獲得となり自身のトップを確定させた。

オーラス1本場 高宮の手牌 ©ABEMA
オーラス1本場 菅原 三色同順, ドラ×2 8000 ©ABEMA
第2試合トップの管原 ©ABEMA

第2試合結果
1位 菅原(BEAST)+65.3
2位 渋川(サクラナイツ)+11.3
3位 高宮(麻雀格闘倶楽部)▲25.2
4位 瑠美(風林火山)▲51.4

点数推移グラフ ©ABEMA
第2試合詳細結果 ©ABEMA

1月12日トータル結果

BEAST(猿川1着・菅原1着)+112.1
サクラナイツ(堀2着・渋川2着)+18.0
麻雀格闘倶楽部(寿人4着・高宮3着)▲63.0
風林火山(勝又3着・瑠美4着)▲67.1

BEASTがここで同日連勝、今後に向けて大きな一歩を踏み出した。風林火山は苦戦が続き、トータルポイントがマイナス3桁間近に、ここで食い止められるかが大きなポイントと言えるだろう。

第2試合終了時点のトータルランキング ©ABEMA
1月15日の対戦カード ©ABEMA
1月12日終了時点の個人スコア

第2試合各局詳細

関連ページ

▼選手・チーム成績スタッツ

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top