麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

大洋技研株式会社
【1/16 Mリーグ2023-24 第1試合結果】三つ巴の展開を制する!岡田紗佳が突き抜けたトップ目に追いすがり、ギリギリのところで1000点差のトップをかっさらう!2着は親跳満を見事に決めた猿川真寿!

【1/16 Mリーグ2023-24 第1試合結果】三つ巴の展開を制する!岡田紗佳が突き抜けたトップ目に追いすがり、ギリギリのところで1000点差のトップをかっさらう!2着は親跳満を見事に決めた猿川真寿!

CABO求人ニルウッドカバー

麻雀プロリーグ「大和証券Mリーグ2023-24」66日目が1月16日(火)に開催された。

1月16日の対戦カード ©ABEMA
解説:藤崎智 実況:松嶋桃 ©ABEMA

第1試合出場選手

第1試合の出場選手 ©ABEMA

東:猿川真寿

南:本田朋広

西:岡田紗佳

北:滝沢和典

第1試合

東1局、滝沢は2枚目の[白]をポンせずどっしりと面前での進行。

そこに岡田が[6][9]待ちで先制リーチをかける。

しかしアガリは出ることなく流局、第1試合は静かな滑り出しとなった。

東1局 流局 ©ABEMA

東2局1本場、猿川がカン[⑦]待ちの役なしテンパイとなると一旦ダマテンを選択。

次巡、猿川は[三]を暗槓するとカン[⑦]待ちのままリーチを敢行。

猿川は[⑦]をしっかりツモ。

猿川は1300・2600の加点に成功した。

東2局1本場 猿川 リーチ, ツモ, 裏ドラ×1 1300・2600 ©ABEMA

東3局、猿川はフリテン[⑥][⑨]待ちのテンパイをダマテンに構える。

次巡、猿川の待ちは[②]単騎へ変化。

そこに親の岡田が[3][6][9]待ちの好形リーチ。

[④]を掴んだ猿川はオリに回り、岡田は一人旅の格好に。

岡田は[9]を難なくツモ。

岡田は1300オールの加点となった。

東3局 岡田 リーチ, ツモ, ピンフ 1300オール ©ABEMA

東3局1本場、本田がカン[7]をチーして[三][六]待ちの先制テンパイ。

そこに滝沢が[5][8]待ちのリーチを敢行。

本田がすぐに[六]をツモって決着。

本田は500・1000の獲得となった。

東3局1本場 滝沢の手牌 ©ABEMA
東3局1本場 本田 タンヤオ, ドラ×1 500・1000 ©ABEMA

東4局、[東]暗刻の岡田が[一]をポンして[4][7]待ちのテンパイに。

滝沢が追いつき、[3][6]待ちのリーチをかける。

滝沢が[4]を掴んで決着。

岡田は1300の加点となった。

東4局 滝沢の手牌 ©ABEMA
東4局 岡田 東 1300 ©ABEMA

南1局、猿川が高目跳満の[⑥][⑨]待ちテンパイをダマテンに構える。

イーシャンテンの本田から高目の[⑥]が溢れてしまう。

猿川は18000の大きな加点に成功した。

南1局 本田の手牌 ©ABEMA
南1局 猿川 ピンフ, タンヤオ, 三色同順, ドラ×2, 赤ドラ×1 18000 ©ABEMA

南1局、場風[南]をポンしていた滝沢が[一][北]シャンポン待ちのテンパイ。

そこに本田が[五][八]待ちのリーチを敢行。

本田が[五]をツモって決着。

本田は1000・2000の獲得となった。

南1局1本場 滝沢の手牌 ©ABEM
南1局1本場 本田 リーチ, ツモ, 裏ドラ×1 1000・2000 ©ABEMA

南2局、岡田が[5][白]シャンポン待ちで先制リーチ。

本田がカン[3]待ちでテンパイし、追いかけリーチをかける。

この2人の捲り合いに勝ったのは岡田。

岡田は[5]をツモって2000・4000の加点に成功した。

南2局 本田の手牌 ©ABEMA
南2局 岡田 リーチ, ツモ, 赤ドラ×2 2000・4000 ©ABEMA

南3局、ダブ[南]をポンしていた滝沢が[5][8]待ちのテンパイに。

テンパイした猿川が[九]を暗槓。

猿川はリーチを宣言するも嶺上牌から[8]を掘り起こしてしまう。

滝沢は3900の加点となり、猿川と岡田が同点トップ目でオーラスに入った。

南3局 猿川の手牌 ©ABEMA
南3局 滝沢 ダブ南, ドラ×1 3900 ©ABEMA

オーラス、猿川はカン[⑦]待ちでテンパイするとこれをダマテンに構える。

次巡[⑨]を持ってきた猿川は手から[⑥]を切ってペン[⑦]待ちのリーチ。

そこに滝沢が[⑤][⑧]待ちの追いかけリーチを敢行。

瀧澤派はを山から[赤⑤]を手繰り寄せる。

滝沢は4000オールの獲得となった。

オーラス 猿川の手牌 ©ABEMA
オーラス 滝沢 リーチ, ツモ, ピンフ, 赤ドラ×1, 裏ドラ×1 4000オール ©ABEMA

オーラス1本場は全員がテンパイするという緊張の展開に。

まずは岡田がタンヤオの[三][六]待ちの先制テンパイをダマテンに。

同巡、[⑨]ポン、[⑥]ポンと仕掛けていた滝沢が混一色のカン[⑥]待ちテンパイ。

岡田はこの間に[④][⑦]待ちに変化。

さらに[中]ポンしていた猿川もカン[5]待ちのテンパイで追いつく。

そして本田も七対子[5]単騎待ちでテンパイしダマテンを選択。

4人の捲り合いに勝ったのは本田。

本田は[赤5]をツモって1600・3200の加点。

本田は着順上昇とはならずも素点を回復させた。

またこの本田のアガリで岡田のトップが確定した。

オーラス1本場 岡田の手牌 ©ABEMA
オーラス1本場 滝沢の手牌 ©ABEMA
オーラス1本場 猿川の手牌 ©ABEMA
オーラス1本場 本田 ツモ, チートイツ, 赤ドラ×1 1600・3200 ©ABEMA
第1試合トップの岡田 ©ABEMA

第1試合結果
1位 岡田(サクラナイツ)+52.9
2位 猿川(BEAST)+11.9
3位 滝沢(麻雀格闘倶楽部)▲12.1
4位 本田(雷電)▲52.7

点数推移グラフ ©ABEMA
第1試合詳細結果 ©ABEMA
第1試合終了時点のトータルランキング ©ABEMA

第1試合各局詳細

第2試合結果記事

関連ページ

▼選手・チーム成績スタッツ

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top